第1日目 2014.06.01

羽田発パリ経由リスボンへ

2014年6月01日〜15日の間、ユーラシア旅行社の「ポルトガル物語」という15日間の
ツアーに家内とともに参加してみました。
(参加人員 16名(男性7、女性9、内夫婦4組)

お隣のスペインには 一年前の20135月に 同じ15日間で廻ったのですが
(このときは小生一人参加)、
お隣のスペインには 一年前の20135月に 同じ15日間で廻ったのですが(このときは
小生一人参加)、スペインとポルトガルとは隣接 ていて 歴、風俗も似ているものやはり微妙
な差があり、「印象の混同を避けるためには同時ではなく回を分けて廻った方が良い」との
説もあり、一年間をおいて今回出かけたわけです。

 

スペインもポルトガルも ともに欧州の西端に位置し、大航海時代に新世界探検に大いに活
躍した国ですが ポルトガルは1498年ヴァスコダ・ガマのインド航路開拓で先行し、黄金の国
ジパング伝説を伝え、
1543年種子島に2人のポルトガル人が漂着して以来、鉄砲をはじめ
数々の南蛮文化を日本に伝えましたね。

カルタ、コップ・カッパ(合羽)、ジョウロ(如雨露)コンンペイトウ、カステラ・シャボン・テンプラ・
パン・ボタン・シャボンなどをはじめとし、ピンキリ、バッテラなど ポルトガル語起源の言葉で
今に至るも日本語として使われているものも多いですね。

勿論 フランシスコ・ザビエル、フロイス、などによるキリスト教の布教も大きな出来事でした。

さて 詳しくは追々にということにして 恒例により今回の旅行日程表から記してみましょう。
 

               (文・写真 彦由耕二)
            
写真をクリックして頂くと本文が開きます

旅行 日程表
第一日目
6/1
羽田発 07:35 エール・フランス AF279便
パリ着 13:20所要時間約12時間半
     (日本との時差-7時間)

パリ発   16:20 エール・フランス AF1924便
リスボン着 17:50 所要時間約2時間半
               (パリとの時差-1時間)  
リスボン泊
第二日目
6/2
リスボン発 11:40 ポルトガル航空TAP1623便
マデイラ島の中心地フィンシャル着 13:25

フィンシャル市内観光 カテドラル、
ラブラドーレス市場他

フィンシャル泊

第三日目
6/3
マデイラ島内観光
カマラ・デ・ロボス 世界第2の高さのジラン岬

セイシャル「花嫁のベール」滝、溶岩によって
できた自然のプール、

藁葺のとんがり屋根のサンタナ村、太古からの
森(ラウルシルヴァ)
フィンシャル泊
第四日目
6/4

マデイラ島内観光
山間の村モンテ、エイラ・ド・セラード展望台

フィンシャル泊

第五日目
6/5

フィンシャル発 07:05 ポルトガル航空
TAP1582
便ポルト着 09:00
ポルトガル初代国王生誕の地
ギマランエス往復観光

ポルト泊

第六日目
6/6

ドウロ渓谷ドウロ線乗車、ピニャオン駅アズレージョ
見学。

ポルトに戻り、ポルサ宮、サン・フランチェスコ教会
観光。

ポルト泊。

第七日目
6/7

アベイロへ。アベイロ駅のアズレージョ、水の都を
観光。

コインブラへ移動。
コインブラ大学、大学付属旧図書館、旧市街を観光。
夕方プサコ着 ポサーダ宮殿ホテル

プサコパレス泊
第八日目
6/8) 

プサコ出発。トマール キリスト修道院。
ファテイマ 聖母マリア礼拝堂。バターリア
大修道院を順次移動観光。
夕刻、谷間の真珠と呼ばれるオビドス到着

 オビドス泊

第九日目
6/9

カルダス・ダ・ライニア朝市見学。
漁村ナザレのシテイオの展望台。
アルコバサ サンタマリア修道院。
夕方アライオス着。 
16
世紀の修道院を改装したアライオスのポサーダ。

ポサーダ泊
第十日目
6/10

エボラ 市内観光。。デイアナ神殿、カテドラ、
サン・フランシスコ教会他。

ポルトガルで最も美しい村のひとつモンサラーシュへ。 夕刻 アルブフェイラ到着。 

アルブフェイラ泊
第十一日目
6/11) 

ヨーロッパ最西南の岬 サン・ビセンテ岬へ。
その後 ファロへ移動。
ファロの市内観光。ドン・フランシス・ゴメス広場、
旧市街 他。。
リスボンへ移動。夕食はファドの調べを聞きながら。

リスボン泊
第十二日目
6/12

シントラの王宮。ペナ宮。 ロカ岬観光。
午後リスボン市内。ベレンの塔、ジェロニモス修道院。
発見のモニュメント、アルファマ地区他。
夕食後 聖アントニオ祭観光。

リスボン泊
 第十三日目
6/13
 ヨーロッパ最西南の岬 サン・ビセンテ岬へ。
リスボンで自由行動。
リスボン泊 
 第十四日目
6/14) 
18:40 リスボン発 エール・フランスAF1925便
22:10 パリ着(所要時間約2時間半)
23:25 パリ発 エール・フランスAF274便  
羽田へ
機中泊
第十五日目
 2/12
 羽田空港着 (所要時間 約12時間 時差8時間)


ポルトガルの概要を記しておきます。

       ポルトガルの概要      
正式国名

ポルトガル共和国(Repulic of Portguesa)

面   積

91985k屐 米本の約4分の一)

人   口

1056万人(2012年)(日本の約10分の一)

首   都

リスボン 人口約55万人(リスボン首都圏は約240万人)

元   首 アニーバル・カヴァコ・シルヴァ大統領
政   体 共和制。 EU(欧州連合9に加入
人種構成

ポルトガル人(先住イベリア人・ケルト人・ゲルマン系・フェニキア人ベルベル人などの混血)

宗   教

カトリック教徒が圧倒的多数。

言   語 公用語であるポルトガル語が主。
歴 史  ・紀元前1-2世紀にローマ人の支配権が確立
5世紀 ゲルマン人の侵入
711年イスラム教徒がジブラルタル海峡を渡って侵入。
わずか5年で イベリア半島の現在のスペイン・ポルトガルのほぼ全域を支配。 以後1249年に至るまで キリスト教徒の領土回復運動(レコンキスタ)が続く。
1143年 ポルトガル王国建国(首都コインブラ)
1255年 リスボン遷都
1439年 ポルトガル王ジョアン一世の子 エンリケ航海王子 サグレスに航海学校設立
1498年 ヴァスコ・ダ・ガマインド航路発見
1519年 マゼラン 世界一周
1530年 ブラジルを植民地統治(1549年 フランシスコザビエル日本に来航)
(・1569年 フロイス 織田信長に謁見)
1580年 スペインがポルトガル併合
1640年 スペインから再独立
1697年 ブラジルで金鉱発見
1750年 ポンパル伯爵の独裁制
1755年 リスボン大地震
1807年 ナポレオン軍 ポルトガルに侵入。ポルトガル王はブラジルに逃げ出す。
1804年 イギリス軍がポルトガル支配
1820年 反英国革命
1822年 ブラジル独立
1910年 王制が倒れ、ポルトガル共和国に。  
1932年 首相サラザールの独裁色強まる。(1970年サラザール死去)
1974年 混乱する政局に民衆の支持を得て海軍将校がクーデター(カーネーション革命)
1975年 マカオを除くすべての植民地の独立を承認。
1986年 EC加盟。
2002年 欧州統一通貨ユーロ流通開始。
産業・経済

大航海時代 植民地からの巨大な富を得ながら 王室の浪費などに費やされ産業の育成に生かされなかったことと その後の仏の侵攻・英の支配などに振り回され 、また植民地を一挙に失ったことによるエネルギー源の不足、植民地からの引揚者受け入れの影響の残渣などもあって いまだに ポルトガル経済には目覚ましい進展が見られない。
2013年のGDP2199億ドルでの本の埼玉県よりやや大きいほどの経済規模で、一人当たりGDP20.72ドル。
主要産業は 農業・水産業・食品・繊維工業・観光。
オリーブ(オリーブ油の生産は世界第七位、)、コルク(世界第一位)、ワイン(世界第十位)、タングステン

前記した行程の通り 第一日目は羽田からパリ経由デリー経由リスボンまでの空路移動のみ
ですので、欧州中西部の地図と写真も数枚のみ添付しておきます。



 
出発日も晴天で 羽田を飛び立ってすぐ富士山の麗姿も眺められ、中部山岳・佐渡島上空を
経て とりあえずシベリア経由パリまで。

 
 

パリでリスボン行きエールフランス機に乗り換え、トータルの実飛行時間 15時間、乗継の時間
を入れると18時間 やはりヨーロッパの西端は遠いですね。



初日はリスボンのマリオットホテル泊。
(アメリカ式のホテルなので懸念しましたが ベランダ付で喫煙OKでした)

明日は リスボンからポルトガル航空機でリスボンの南西1000kmのマデイラ島へ飛び、ここ
からポルトガル観光の始まりです。

 ポルトカルのページへ