第6日目 2014.06.06

ポルトからドウロ渓谷往復、ポルト観光続き(ポルト連泊)

6/6は 9:15ポルトのホテル発で ポルトの東 ドウロ渓谷の往復観光です。

ここでここ数日の行動がわかりやすいように ポルトを中心とした ポルトガル北部の地図を
おつけしておきましょう。


バスは途中休憩も入れながらポルトから一路ドウロ渓谷を目指します。



ドウロ河はスペインから流れてきてポルトで大西洋にそそぐ全長920kmの河で、そのうち
ポルトガルの上流部分がドウロ渓谷と呼ばれてポートワインの産地となっています。

ポルトに近いドウロ河沿いは、若いビーニュ・ベルデと呼ばれる若い緑のワイン用のブドウ
が栽培され、上流ポルト渓谷に入ってポートワイン用のブドウに切り替わります。

先に書いたように、ポートワインは 醸造の途中でブランデーを加え、酵母の働きで糖分が
すべてアルコールに転化しないようにコントロールし、温度管理も合わせて 独自の味を作
っているものですね。

.疋Ε躔銘で作られたワインは ▲櫂襯箸梁亟潺凜ラ・ノヴァ・デ・ガイアで最低三年熟成
され、ポルトの港から出荷される、
この´↓の条件をすべて充足したもののみがポート
ワインと呼ぶことを許され、フランスのワインよりも先に厳しい原産地証明・品質保持制度を
作り上げたといわれています。

赤のほかロゼ・白と数種類のものがあり、ドライなものは食前酒に。甘いものは食後酒に用い
られますね。

11:40 バスはドウロ渓谷沿いに走る鉄道ドウロ線のピニャオン駅に到着。

ここはドウロ渓谷で最も美しいアズレージョ(タイル絵)で飾られています。


1208 ドウロ線電車入線、我々はこの駅から 数駅先のレグア駅まで短い間ですがドウロ渓谷
沿いの電車の旅を楽しみます。(バスはレグア駅まで先に回送)

1240 レグア駅到着、下車。

13:00から レストランCACHO DOIROで昼食。



蛸の天麩羅というのは初めての経験でしたが 結構いけますね。

近くの市場を少し散歩し、回送してあったバスに乗って14:40ドウロ渓谷発、途中トイレ休憩を
挟んで 16:00 ポルトに帰着しました>

ポルト到着後 残っていたポルトの観光を。

先ず。ポルト宮へ。

ここは1834年にポルト商業組合本部として作られたネオクラシック様式の建物で、さすが
ポルトガル第二の都市、ポートワインなどで稼いだ財力を感じさせる見事なものです。


特にアルハンブラ宮殿を真似たといわれるアラブの間は 壁全面がアラベスク模様のタイルで
飾られ、華麗そのものですね。



次いでサン・フランシス教会へ。

14世紀に建築されたゴシック様式の教会で 内部は絢爛豪華。

木彫りの彫刻にブラジルから送った金泥を塗った装飾が見事です。

 
 
特にキリストの家系図を表した彫刻「ジェッセの家系図」が有名ですね。


この後ドウロ河にかかる鉄橋ドン・ルイス橋の上に登り散策を楽しんだ後18:15 ホテルに帰着。

この日は夕食が各自自由であったので、日本食が恋しくなったこともあり、ホテル自室で持参の
レトルト白飯に味噌汁、漬物各種を取り出して自炊しました。

 ポルトガルのページへ