第十五日目(最終回)
             香港経由無事成田帰着

「今回の旅行雑感」

 ヨハネスブルグの乗り継ぎ便で香港空港へ12.00着
 香港をJAL732便にて14.35発 約3時間40分のフライトで 19.40成田空港無事帰着。
------------------------------------------------------
 恒例により、旅行中の取りとめもない「雑感」を記して 「結び」としましょう。

1.今回の旅行の主目的は
 .▲侫螢で野生動物の写真を撮ること、
 ⊃洋爐梁腓汗菫塚佑生まれた土地を訪ねること、
 ビクトリア瀑布を見て、1979年5月のナイアガラ瀑布、昨年2005年10月の
 南米イグアスの瀧に続いて世界三大瀑布の観光を完結させること、
の三つで
 したがいずれも楽しみながら旅程を完了することが出来ました。
 (三大瀑布は 規模とバライテイの豊かさからみて.ぅ哀▲垢梁蹲▲咼トリアの瀧
 ナイアガラの滝の順位となりましょうか?)

2.アフリカは 日本から見て大変遠い存在で、南米も同じく地球の反対側で遠いの
ですが、南米のほうはブラジル移民はじめ ややなじみのある存在でもあります。
ところがアフリカとなると 黒人奴隷問題・欧州列強の植民地開発・南北問題・アパ
ルトヘイトなど、誌面などでは見るものの 小生などには、基本的には少年時代の
冒険物語の世界の認識+アルファ程度にとどまっていた面が否定できません。



3.他方 欧州人にとっては エジプト文明などとの関連と相対的な距離の近さ、地理学
的研究心とキリスト教布教の熱意などでかなり以前から我々よりもはるかに近しい存
在だったのですね。
 大航海時代の寄港地確保から始まって、植民地農業の労働力確保、金やダイヤモ
ンド・銅などの鉱物資源の開発、その間アメリカなどの奴隷労働力の供給源(ちなみ
に奴隷狩り自体は欧米人が直接するというよりもアラブ商人が行った面が多いようで
す)と、欧米諸国の富を形成する材料ともなっていたわけです。
 当然それに伴って白人の入植者も多く、交易の関係者も増えていったわけで、我々
とは比較にならない密接な関係を持っていたわけですね。
 勿論その間現地住民だけでなく、野生動物も象牙狩りやハンテイングの対象として
生贄になっており、文字通り大陸を挙げて犠牲となっていたものでした。



4.また 特にイギリスなどは面白い国で 貴族などは働いてお金を儲けることよりも博物
学や地理学を研究するのが高尚とされるお国柄から 純粋に学問的興味から探検探
索する人も多く、英国地理学会などこれらのスポンサーとなる団体が多いことでも知ら
れ、植民地経営に注力する反面 多くの「発見」や、アフリカの探求に貢献しましたね。
ただ 会田雄次の「アーロン収容所」の記述(英国の女性兵士は、部屋掃除の日本人
捕虜の前では 家畜の前と同じと考えて平気で裸を晒す)を読むまでもなく、人種差別
意識は抜きがたく残っており、この面でも激烈なアパルトヘイトと黒人蔑視の根とな
っています。

5.他方第二次大戦後は 特にイギリスは 人種差別の現地白人政権に距離をおきある
いは影響力を行使して、アパルトヘイト解消に一定の貢献をしたことも見逃せません。
あれやこれや、人種問題を改めて考えるよい機会ともなりました。



6.さらに近年の研究で 現存人類のアフリカ起源説が 定説となりつつあり、またチン
パンジーなどとの遺伝子との近縁性も明らかになって、アフリカは、生物の進化論的
にも興味尽きないところとなっています。
 人類がアフリカから世界に拡散し 南米大陸の南端までモンゴロイド系人種が渡って
いっているなど、まこと歴史上のロマンでもありこれまた今後も興味尽きないところで
あります。
 そういう意味でも先年から人類学・サル学・動物行動学などにも興味を持ち始めて
いる小生にとって、今回の旅行はよい刺激となったことでした。

7.旅行そのものも極めてバライテイに富んだもので、いささかハードなスケジュールで
はありましたが堪能した思いです。
ただ、野生動物から身を守るためにサファリカーで、現地の治安状況の悪さから守る
ために専用バスやホテル・限られたショッピングセンターの中だけを移動したわけで、
いわば此方が檻の中に入り続けていた状況です。
南アのヨハネスブルグなどは現在世界で一番治安の悪い都市のようで、昼間繁華街
でもしょっちゅう事件が起こるそうですし、ケニアの中心街を車で通過するときも、
運転手が「窓を閉めてくれ、引ったくりの手が伸びてくるから・・・」と言う始末。
(クーラーはほとんど効かないのに...)。
(ケープタウンでも夜僅か100mのレストランへの移動ですら バスを使ったことは
先述しました)
従って、町の中の自由な散歩や一般の現地の人との触れ合いも皆無に近く、アフリカ
を体感してきたとはとてもいえないことも事実でしょう。
又、第一回に掲載したアフリカ全体地図でも明らかなごとくアフリカの国は約50ヶ国。
今回訪問したのはそのうちの僅か5ヶ国。
それだけでも広大なのに 全体の広さは気が遠くなるほどです。
夫々の国ごとに歴史と事情があり、治安上の理由から容易に入国できない国も多く、
アフリカを本当に理解するのは大変なことです。



8. 最近新聞等で日本の対アフリカ外交の遅れ(閣僚が訪問したことの無い国も
多い)との記事と共に、中国のアフリカに対する外交の活発化が載っていますが、
ジンバブエなどでは、「欧米関係の悪化とともに、最近来る外国人は中国人と日本
人だけだ。日本人は観光に、中国人はビジネスチャンスを求めて・・・」と言われて
いました。
中国はジンバブエだけでなく問題の多い国に対しても「リスクの多きところには利も
転がっている」と、かなり強かなようですね。
その良い悪いは別として、昔深田裕介の本などで「日本も戦後直ぐは、大商社が手を
出さない時期に、言葉もわからず土地も不案内なところへプリント生地などのサンプ
ルを抱えてアフリカの各地を廻って売り込んだ強かな日本商人がおり、それが日本の
経済発展の一つのベースとなったいた」と読んだものでした。
 国力が伸びるときには そうしたものなのでしょうね。
インドの伸張なども色々な面で話題に上っており、世界の中の勢力地図も変わろうと
しています。
日本の今後についても、思いを馳せることのあった旅でもありました。
 


9.毎度最終回には現地の子供や婦人の写真などを特集して載せるのですが、今回は
そんなわけであまり写真がありません。
お金を払って許可を得て撮った写真やバスの中から望遠レンズで撮った写真など、
限られたものとなりましたが事情ご賢察の程を。



10.また 今回の旅行は スーツケースの延着、カメラの故障など幾つかのハプニング
もありました。
 何回も書きましたが スーツケースの延着も小生には余り実害は無かったとも言い
うべく、またカメラも予備のポケットカメラを持参していた上、望遠レンズが必要な
野生動物見物が済んだ後のことでしたので まあまあでした。
カメラ故障についても保険嫌いの小生ですが長年加入しているANAのSUPER
FLYERS CARD(年会費一万円)で修理費が出るようですし、まあOKです。
 すべて 楽天的に考えるのが 人生幸せに過ごすための要点のようです。
 それにしても 薬やカメラの充電器などは手回り品にいれておくなど、事前の配慮も
大事ですね。



11.旅行中の食事も西欧式でまあまあでしたし、南アではワインも美味しく楽しみまし
た。(昨今は 全世界 ミネラル・ウオーターの普及で水も問題なし)
 例によって お粥や漬物、カップ麺など少々も持参していましたので、往路機内食を
6食も連続して食べた後は、着いたホテルで早速お粥に漬物などで舌を癒しました。
 (南ア航空の機内食はあまりおいしくない)
今回ユーラシア旅行社名物の添乗員提供のソーメンは丁度スーツケースが延着した
夜に予定していたらしく、添乗員は夕食も摂らずに空港へ荷物を取りに行ったため中止。
残念なことでした。
 (ホテルで厨房を提供してくれるところが限られるため、その後もソーメンの姿は見
ることが出来ず。
添乗員から特別な説明も無いためケープタウンでも「まだ出てこない」と期待していた
方が多かったのは気の毒でした。)
 
12.難点は喫煙で、飛行機の中、バスの中サファリカーの中等々移動距離が長いだけ
にかなり苦労しました。
 「魔女狩り」が強化される中 喫煙者の宿命なのでしょうね。



13.色々ありましたが、今回の添乗員殿は事前の各国事情調査も十分で、バスの中
など関連の新聞の切り抜き帳を回覧するなど大変参考になりました。
またこれもユーラシア旅行社の特徴である毎日のA4一枚の旅行日誌(実績行動記録)
も、帰国して直ぐからの写真整理に大変便利しているのですが、今回はケープタウン
のホテルを出るまで一枚の配布も無し。
色々トラブルもあったしcopy機も無いホテルが多かったので仕方が無いのかな?
と思っていたら、ケープタウン出発間際にワープロ印刷で纏めてバサリ。
旅行中もパソコンを持参して深夜作成してくれていたようです。
しかも帰国して直ぐ MAILで残りを送ってくれ、「内容を自由にカット&ペーストして
各人の旅行記や写真のキャプションにご利用ください」とのこと。
この旅行記でも 小生がインターネットや百科事典、手元の関連書籍などで補充した
部分もありますが、各国の短信などは添乗員殿の資料を直接引用させてもらった
部分で、短期間でこの写真紀行の文章を作成する上で非常に助かりました。
謝意を表しておきます。
 
14.今回の旅行は・女性だけのお稽古事グループ5人一組・女性の学校友達2人一組・
父娘一組・夫婦三組・男性単独参加三人・女性単独参加二人 合計20名に女性添乗
員1名の総勢21名で、遠路強行軍の旅にしては少し多すぎで、特に添乗員は大変だっ
たことと思いますが、各々の方々にも色々お世話になりました。



15.ここ数年、旅行のたびに脚力・体力の低下を感じますが、今回の旅行でもそうで、
グレートジンバブエ遺跡で僅かな時間上り下りしただけで夜足が攣り、往生しました。
(サロンパス貼付薬など数枚は手持ち携行のリュックに入れていたのですが、スーツ
ケース未着二日目となるとそれも種切れ)。
この分ではあと何回旅行にいけるかいささか不安ですが、まあ何とか行ける内は頑張
ってみましょう。
  ------------------------------------------
 帰国したその夜から写真の抜き取り処理をしながら、日夜連続作業15日間で作成し
たこの写真紀行、毎度の事ながら拙い写真と しょうもない文章に最後までお付き合い
くださりありがとうございました。


              
               トップページへ