第11日目
アメリカ西部国立公園写真紀行
グランドキャニオン発デスバレー国立公園まで753kmの大移動。
(途中ルート66、ラスベガス通過)デスバレー泊。
  今日はグランドキャニオンを離れ、国道40号線を西へ進み、ネバダ州に入って
95号線を北上、ラスベガスを通過して更に西へ進み、カリフォルニア州デスバレー
国立公園にいたる大移動日。
バスの走行距離は753kmに及びます。
7:30 グランドキャニオン ヤバパイロッジを出発、
9:10 セリグマンという40号線の途中の街で休憩しました。
此処は有名な「ルート66のゆかりの地ですね。
ルート66は、イリノイ州シカゴから、カリフォルニア州サンタモニカを結んでいた往年の
アメリカ横断の大動脈道路でジャズのスタンダード曲「ルート66」や、1960年代アメリカ
で放映され日本でもNHKがテレビ放送した「ルート66」という番組でも有名ですね。


今は新しい国道群や高速道路に取って代わられ、昔の形では残っていないが、この
40号線のセリグマン付近にはまだ昔の面影を残す町並みがあり、セリグマンでは往時
ルート66沿いで理髪店を開いていた人の孫娘がレトログッズを売る土産物屋を開いて
いました。

ヤバパイ・ポイントから下に見えるコロラド川との標高差は1400m、コロラド川
自体の標高は海抜750mなので観光して廻るサウスリムの上は標高2100前後
ということになる。

 今日最初に寄ったサウスリムの東の端デザートビュー展望台から明日行って
見る西の端のハーミッツレストまでは三つのゾーンに分かれて園内巡回バスが
運行されているが
デザートビューからハーミッツレストまでは50kmちかくあり、
目の下のコロラド川までの標高差1400mとあわせて、その壮大さの一端が知れる。

 またグランドキャニオンの峡谷底部の地層は約1720億年前の海底堆積物
の変成岩、一部溶岩の貫入岩といわれ、そこから花崗岩変成岩・各種砂岩・
石灰岩・泥板岩などが長い年月を経て積み上がり リムの最上部は約25000万年
まえのカイバブ石灰岩となっている。

 これら20億年かかって形成された地盤が約67000万年前に造山運動によって
海抜8000m程度まで隆起し、その後コロラド川の浸食風化などで500万年掛けて
こうした整然とした地層の露呈となったものといわれており、地球の歴史や地質学・
化石学などの良き研究対象となっている。

年齢から言って1960年代に青春を過ごしたツアーのオジイサンオバアサン達は嬉々
として色々なグッズを買い求めていました。
 
11時ごろアリゾナ州からネバダ州へ、ネバダ州に入った途端、通り過ぎる道路わきの
スーパーやらレストランに皆大きな看板を掲げたカジノが併設されていて、さすが
ギャンブルの州ですね。

(因みに ビールのアルコール度も他の州では4%以下に規制していることが多いが、
ネバダ州は5.5%まで0Kとか)
 13:10 ラスベガスの街に着きましたが今回の旅行は自然観賞の旅ですので混雑
するメインストリートには入らず中心から少し離れた中華レストランで昼食。

昼食後バスの車窓からラスベガスの巨大ホテル群を眺めながら通り過ぎました。
添乗員曰く「今回は自然景観観賞の旅でしたが次回は心を入れ替えて」ギャンブル
のためにラスベガスを訪問されては?」と・・・・

もっとも昔はギャンブルと怪しげな女性と簡単に離婚できる街として有名でしたが、
最近は色々なショウと光のページェントのテーマパークのようになってきて子供連れ
の観光客が増加し、ギャンブル自体の売り上げはやや低下傾向にあるとか・・・・

それにしても豪華なホテルが林立ししかも更に増設が続いている様は凄いですね。

 小生への天の恩寵は好天気に関するものだけで、金儲けとギャンブルはまったくダメ
につき、ギャンブルには興味ありませんが、ラスベガスのショウとイルミネーション見物に、
グランドキャニオンでヘリコプターでコロラド川原に下りてゴムボートによる川下りを組み
合わせたツアーなら又来てもよいなとも思っています。


(15:40 トイレ休憩したパランプの街のスーパー併設のカジノで スロットルマシンの
雰囲気だけ撮しました。
勿論全世界共通のルールですがカジノの中で写真を撮ってはいけません!)


世俗の世界を離れ<カリフォルニア州に入って石の砂漠地帯を走り、
16:45
デスバレー国立公園到着。


デスバレー国立公園
国定公園指定:1933
国立公園指定:1994
面積:13490k屐癖‥膰と同じ)
園内最高地点:3368(TelescopePeak
園内最低地点:-86m(=西半球最低)
デスバレーとは「death valley=死の谷」という意味で、180年代半ばのゴールドラッシュ
のころ金鉱探しでカリフォルニアを目指していた幌馬車隊のいくつかが彼方此方路に
迷った挙句に周囲を高い山に囲まれたこのvalleyに迷い込み食料不足と脱出路探し
(西に向かうには3000m級の山を越さねばならず幌馬車では無理)で非常に難儀・
困憊した場所で、荷車を引いていたウシを殺して食料とし、幌馬車を燃やして燃料と
して命からがら脱出出来たときに「Good-byeDeath Valley」といったことからとか。

 
 此処は暑いことで有名で19137月に最高気温56.7℃を記録(最低気温は同年
1
月の−9.4℃)、これは1922年にサハラ砂漠で57.8℃が記録されるまで世界最高
気温の記録であった。

また1994年には48.9℃の日が31日、43.3℃以上の日が97日最高気温は53.3℃。
2001年には37.8cを越える日が実に154日連続!したとか。
因みに我々が訪れた日は気温48℃!。
これはあくまで測候所での「気温」であって、「地面表面の温度」は93.8℃!というの
1972年に記録されている。

我々は17:05 サブリスキーポイントという侵食された台地の展望地点と、17:45
バッドウオーターという海抜−(マイナス)86mの乾涸びた塩湖をみてた後、今夜の
宿泊場所公園内のロッジ ファニーヒルスクリークに18:30到着しましたが 、バッド
ウオーターなどクーラー付きのバスの戸を開け 外に出た途端に高温のサウナ風呂
の熱気が一気に体を取り囲んできた感じでした!


まあ世界にはいろいろなところがあるものです。

ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る