第12日目
アメリカ西部国立公園写真紀行
デスバレー国立公園発
ヨセミテ国立公園観光。
さすがデスバレー国立公園は早朝から30℃を越える暑さ。宿泊したファニース・
クリークロッジの一つの棟の屋根の葺替えをしていましたが、朝五時にはもう職人が
作業を始めていました。
屋根の上で48℃の日差しに照りつけられては人間の天日干しが出来てしまうので
早朝に仕事を片付けるのでしょう。
ロッジ付属のゴルフのショートコースも6時前にゴルファーが廻っていました。
 今朝は7:30ロッジをバスで出発し、デスバレー国立公園の残り、デギルスコーン
フィールド・砂漠・砂丘などを見物しながら西側の3000mの山を越え、デスバレー
国立公園を後に。


 その後、アラスカ以外では全米一高いというマウントウイットニー山(4418m)を眺め
ながら高原を走りましたが、10:26太平洋戦争中アメリカ主としてカリフォルニア州の
日系人が強制収容されたマンザナ収容所跡の前を通りました。



 アメリカに移民し営々と生活の基盤を築いた日系の一世・二世が、敵性国人である
という理由で自宅からいくつかの収容所に強制収容され大変な苦難を受けた話は 
山崎豊子の新潮文庫「二つの祖国上中下」などに詳しく述べられていますが、その
一つがこんなところにもあったとは・・・!

荒涼たる高原の荒地を眺めながら一瞬言葉を失い、感慨にふけりました。
 途中バスの中で弁当の昼食をとり、13.40ヨセミテ国立公園内へ。
 ヨセミテ国立公園
景観保護地区指定:1864
国立公園指定 :1919
世界遺産登録 :1984
面積:3045(東京都の1.5倍)
園内最高地点:3998(Mt.Lyell

ヨセミテ国立公園はイエローストンと並んで自然保護に熱心であり、カリフォルニアのサンフランシスコ・ロサンジェルス等の大都市に
近いこともあって来園者も多く、またヨセミテがこれら都市の水資源
の大半を賄い。水力電力の供給の源ともなっている。

 ヨセミテも昔は先住民族アファニチ族が平和に暮らしていただけ
のところだったが、19世紀になって毛皮の採取業の白人の目に
触れ、1949にはゴールドラッシュのカリフォルニアへ向かう幌馬車
隊と先住民との衝突が起き、出動した政府軍がヨセミテ渓谷を見
下ろす地まで進出して多くの兵士が感嘆した。

また 1862年には三人の画家がヨセミテに入り多くの絵を描き、その
うちの一枚がルーズベルト大統領に贈られて世にヨセミテを広く知
らしめる契機となった。

 またヨセミテを世界に紹介した上で写真家アンセル・アダムスも
忘れることは出来ない。190314歳のときにここを訪れたアダムス
は 此処の景色に魅せられ、後年此処に住みついてモノクロの
幻想的な写真を数多く発表、小生も写真展を見たことがあるが、
見事な写真そろいでしたね。

あいにくヨセミテ国立公園に入る頃から曇ってきて雨も少し降り、ついには雹まで
降って始末。

明日も丸一日ヨセミテ観光なので、小生が居る限り明日は晴天に決まっているため、
「ガスのかかったヨセミテも見られて好都合」と割り切って居ましたが、デスバレーを
出るときの気温が38℃、ヨセミテで雹が降り出して気温が零度近くとなり、気温差の
大きさにはいささか閉口しました。


なお、小生のNIKOND70も具合が悪くなり、ストロボのポップアップが効かなくなった
のを初めとしてメモリーカードの接触不良、液晶画面の一部表示不良などが起こって
きました。

 モニュメントバレーなどでは埃対策としてビニールの袋に入れ撮影のときだけ出して
後は直ぐにしまうなど注意はしてきたものの、埃に加えて温度変化の激しさにカメラも
悲鳴を
あげているのでしょう。
 帰国したらオーバーホールするとして、カードの抜き差し等騙し騙し使えば何とか
作動するので、もう少し頑張ってもらいましょう。

  トウオルメ草原・テナヤレイク・オムステッドポイント・ヨセミテクリークと進んでいくうち
に雨は上がり、エルキャピタン(花崗岩としては世界最大の一枚岩。谷底から1095m
高さに垂直に聳立)の前に止まったときには 岩の全貌も見えました。

 ここはロッククライマーで賑わうところで、通常23日から45日掛けて登攀する由。
肉眼では発見できないので皆で双眼鏡で探したところ、居ました!
 赤と黄色の二人の服(或いは露営用のツエルト・ザックの色か)を発見しました。 
(拡大率を違えた写真三枚を組み合わせて添付しておきます)
 ただ此処で小生に事故発生。

 双眼鏡を取りにバスに戻り、4-5cm開いているバスのドアを開けようとしたところ、
それを見た運転手がドア開閉のシリンダー操作レバーを間違えて逆に操作。
バスの大きな扉が強い圧力で閉まり、小生の左手人差し指・中指・薬指・小指の四本
がドアに挟まれて劇痛が!

 慌てた運転手がレバーを再度操作してドアを開きましたが、四本の指は表面が少し
ひしゃげて真っ赤に。
悲鳴を聞いて駆けつけた添乗員とガイドがバス内のクーラーボックスから氷を出して
冷やしてくれ、小生持参のリュックから大判サロンパスを出して指をくるみ、チョッキの
ポケットに入れていた鎮痛消炎剤のロキソニンを飲んで手当てしました。

幸い痛いながらも指が曲がり、指の骨折も無いようで、二晩ほど地腫れしましたか、
事なきを得ました。 いろいろなことが起きるものです。


16:15  アメリカ最大の落差740m(アッパー436m滝、カスケード206m、
ロウアー滝97mの合計)のヨセミテ滝も綺麗に見ることが出来ました。
(因みに世界の滝の順位は ベネズエラのエンジェルフォールの979mから数えて
ヨセミテ滝は世界第8位だそうです)

 イエローストンの滝もそうですが夏になると水量が減ってしまうのですが56月が
一番水量が多く、五月末スタートの今回の旅行を選んだのも正解でした。

 
16:45   ヨセミテ国立公園の直ぐ外の エルボ-タルのシーダーロッジへ到着。
 今夜から此処で2連泊です。(本日の走行距離 516km)  

ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る