第2日目

   アメリカ西部国立公園写真紀行

イエローストーン国立公園観光
今日は、いよいよイエローストーンの観光です。
イローストーン国立公園

世界最初の国立公園(国立公園指定 1872年)
世界遺産登録 1978年
面積:8879k屐米本の四国の半分)
園内最高地点:3642m

前夜我々の泊まった公園内ロッジはイエローストーン湖の畔で、湖の標高が2357m、
ロッジの周辺には残雪の山も残り、朝夕はセーターにジャンパーを着ないと寒さを
感じます。
イエローストーン国立公園は なにしろ日本の四国の半分ほどの大きさで、山あり、
谷あり、滝あり、川あり、湖ありで、本来ならとても一日で観光できるものではありません。
 (車やキャンピングカーを使って4日以上滞在することがお奨めのようです)
それでも、専用バスとガイドの案内宜しきを得て 何とか中心部のサワリの部分を
一通り廻ることができました。
 まずはイエローストーン湖(琵琶湖の半分の面積)周辺の熱泉の観光から。
イエロ-ストーンは火山であり 現在でもそのエネルギーは活動し続けており、いたる
ところに熱泥泉が噴煙を上げている。
また 水の含まれる鉱物の種類や 嫌気性の、酸と高温に強い特殊なバクテリア、
それに陽の当たり具合によってさまざまな色合いを示し、目を楽しませてくれます。
(因みに多くの熱泉の温度は90度以上あり、足を踏み入れることは極めて危険)
 次にやや標高の高い部分に移って 山波や いくつかの滝、川、地中から噴出した
熱水に含まれる石灰分によって形成される自然の造形物などを見学。
(写真も沢山撮ってきたのですが送信容量の関係で数枚しかご覧にいれられない
のが残念です)
 最後は間欠泉(ガイザー)の巨大な噴出を眺めました。
この Old faithful Geyser というのは 約90分ごとに忠実に(faithful)96℃4万
リットルもの熱水を30-55mほど白煙とともに吹き上げてくれるので、予定時間
になると観光客が沢山集まってきて見物します。
イエローストーンには世界の間欠泉の2/3が集中しておりその数約300、
Old faithful Geyser以外にも沢山あり、丁度我々が見物していたときに その奥に
あるBeehive Ceiserとうのも5分ほど早く噴出(噴出高さ 55m、噴出間隔8−18時間)
双方ほぼ同時に見られたのは幸運でした。
---------------------------------------------------------------------
此処イエローストーンは世界最初の国立公園で自然保護の模範となっているだけに
{「道以外には足を踏み入れない」、「何も残さない」、「何も持ち出さない」、「野生動物に
餌をやらない」などのルールが徹底しており、自然をあるがままに何代もの次の世代に
残そうという工夫を凝らしているようですね。
 山火事も自然の摂理の一つで、園内の主力を占めるロッジポール松の実には 松脂
で硬く殻を閉じて火災の熱でだけ表面が溶けて殻がはじけ種を撒き散らす種類のもの
があり、また火事で下草が焼けて日当たりが良くなることにより 焼けた木や草の灰が養分
となることもあって又森の再生が始まる。
 現に、1988年には5月から11月まで50もの山火事がおき 原則人為的な消火活動は
行わないとの原則の下、公園面積の1/3以上 3213屐陛豕都の面積の1.5倍)もの森林
が消失した。
しかし、火災後20年を経て ゆっくりと自然が回復しており、見通しの正しさを証明している。
勿論そのために火災後と火災前との比較研究や諸調査も継続的に行われているようです。
他面、多くの失敗もあり初期には客寄せのため熊などに餌付けをし、そのために野生動物
が人間に近づき過ぎて色々な事故が起きたり、これも初期のハンターや密猟者によって
オオカミが絶滅したため、自然界の食物連鎖が狂って、草食動物が増えすぎ、草木が痛め
られたり、なかなか「自然界をそのままに保存する」のは難しいようですね。
(因みに現在オオカミはカナダから移入したものの子孫が300頭余成育している由)

----------------------------------------------------------------------


ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る