第4日目
  アメリカ西部国立公園写真紀行

  ワイオミング州ジャクソンから
  ユタ州ソルトレイクシテイへ移動。
この日は ワイオミング州ジャクソンから、途中アイダホ州をかすめ
て89号線を一路南下、ユタ州のソルトレイクシテイまでの移動日です。
朝8:00に出発して、夕方17.20まで、途中トイレ休憩や昼食休憩を入
れながらですが、本日のバスの走行距離は595km。
特に掲載すべき写真も無いのですが、途中のトイレ休憩や昼食時バス
ストップしたおりの写真と、途上立ち寄ったユタ州のアンテロープ州立
公園の湖の写真を添えておきましょう。
 ユタ州はモルモン教徒が作った州として知られ、特に州都ソルトレイク
シテイはモルモン教の本拠地として有名ですね。
(ユタ州の人口約200万人、人口の7割以上がモルモン教徒。
面積22万k、
ソルトレイクシテイの人口16万人。)
17:20ソルトレイクの Quality Innに到着。
夕食はロッキー青木が全米展開しているベニハナで。
(ステーキを期待していたのですが 鮭の包み焼きのメニューだったの
が残念)。
 夕食後モルモン教の大本山テンプルスクエアを見学、周辺の散歩も
しましたが、20時過ぎても明るく、綺麗な町ですね。
 今回アメリカに来て以来、ずっと国立公園など地方廻りが続いていた
ので、久しぶりに都市の雰囲気を味わいました。
チチチチモルモン教
1805年ニューヨーク州もしくはバーモント州生まれのジョセフ・ヤングが、
1823年神の啓示を受けそれを記した金板を発見したとして書かれたことを
英語に翻訳したモルモン書を聖書と並んで聖典として発足したアメリカ生
まれのキリスト教の一教派。
 当初一夫多妻主義を実行し、信徒の共同生活、独自の戒律などから異端視
されて周囲の反発迫害を受け、信徒を率いてオハイオ、ミズリーと西へ西へ
と逃れてきた。
 そしてジョセフヤングは暗殺され、プリガム・ヤング(1801-1877)が後継者
となる。
 その後も迫害は続き、ヤングはそれまでの定住地イリノイを逃れ、15.000
人の信徒をつれ、ワゴン5.000台を連ねてユタ州ソルトレイクシテイにたど
り着いた。
 その間周囲の迫害に反発したモルモン教徒による周辺住民の虐殺事件も
発生したが、無毛のユタ州を整備し、一夫多妻制度を停止して連邦政府と
和解、ユタ州の創設を認められた。
 その沿革から、アメリカの中でもいまだにモルモン教に違和感を抱く人も
多いが、信徒は収入の1/10を教会に捧げ、酒・タバコ・妊娠中絶の禁止等の厳
しい戒律を守り、団結心が強く、世界への布教活動にも熱心で、世界の信徒数
は400万とも1200万とも言われ日本の信徒数は11万人。
(正式名称は末日聖徒イエスキリスト教会)
 タレントのケント・デリカット、ケント・ギルバートもモルモン教宣教師と
して来日したもの。
 2002年冬季オリンピックの開催と その際のモルモン教徒の献身的なボラ
ンテイア活動でも有名になり、ソルトレイク周辺は雪質の良いスキー場が
多いことでも知られている。

 



ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る