第6日目
アメリカ西部国立公園写真紀行

ブライスキャニオン国立公園観光。
キャニオンランズ国立公園観光。モブ泊。

今日は朝からブライスキャニオン国立公園の観光。

7:30に宿をバスで出発した我々は、7:55にはブライスキャニオン国立公園
のインスピレーションポイントに立ちました。
ブライスキャニオン国立公園

(国定公園指定:1923年、国立公園指定:1928年)
面積:143k
園内最高地点:2,779

眼前に展開する、無数の岩柱の林立する景観の素晴らしさ!
朝日に照らされて 息を呑むような美しさです!
まさにファンタステイック!

ツアーのーメンバーの一人は「トルコのカッパドキアを先に見ておいて
よかった。
此処を見た後だと、カッパドキアなど感動しなくなるだろう」といって
いましたが、たしかに此処は言葉を失うほどの見事な世界です。


サンセットポイントまで行って其処からの景観も楽しんだ後、健脚組は
谷底まで下りていきましたが、脚萎えジイサンは此処もパス。
(下りたらまた同じ道を喘ぎながら登ってこなければなりませんので・・・)
 その代わり、リッジに沿ってサンライズポイントまで歩いていって、別の
角度からの眺望を楽しんできましたが、限られた時間の中では結果的に
この方が正解だったかもしれません。
サンライズポイントからの眺望と岩柱群の色合いも素晴らしいものでした。
(サンセットポイント近くの林では数頭の鹿やアンテロープも眺められました)

 
その後バスを走らせ、89号線を北上し、salinaから70号線に入って
東進、途中greenriverという小さな町で昼食後、14.45
デッッドホース
州立公園
での開けた景観を観光。

 16:30キャニオンランズ国立公園に到着
キャニオンライズ国立公園
国立公園指定:1964
面積:1,350
園内最高地点:2,170
 ここは コロラド川とグリーンリバーとが深い谷を造り、後に行く
グランドキャニオンのミニ版ともいうべきな景観を作っているが、
ミニ版とははいい難い壮大な規模で、総面積も1350k屬塙大なもの。

 園内は 大きく北部の「Island in the sky」、南東の「Needls」南西の
「Maze」の三つの部分に分かれ、園内には川を渡る橋は一切無い
ので夫々に入口となる道路も違う。

 我々は 一般車でも簡単に入れる北部のアイランドインザスカイで、
グリンリバーポイント、キャンドルステイックタワーポイント、グランド
ビューポイントの三つの展望台から景色を楽しみました
 ところがこのグランドビューポイント付近で我々の大型バスの後部タイヤ
がパンク!。ダブルタイヤのうちの一つなので 何とか走れるのですが、
スピードを出すと当該タイヤの変形で他のタイヤもバーストする虞あり、
時速40km以下ののろのろ運転で今夜の宿泊地モアブに19.45到着。

小さな綺麗な町ですがそれだけに明日タイヤの修理が速やかに完了
するのか少し心配です。
 本日も長距離移動で 本日のバスの走行距離 609km!
今夜はこののRAMADA INNに宿泊。
今夜はツアーに夜食が付いていない日、近くのスーパーで白身魚
のテラピアの切り身を売っていたので、ついでにペデイ・ナイフも購入
してして刺身を作り、
持参の醤油を掛けて 自室でビールを飲みましたが、
なかなか美味で、まずいアメリカハンバーグやホットドックなどが続いて
いただけに すっかり寛ぎました。


ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る