第8日目
  アメリカ西部国立公園写真紀行 /ttttl

メサベルデ国立公園観光、
モニュメントバレー観光、

アリゾナ州カイエンタ泊。
今日はまずメサベデ国立公園の観光から。
7:30コルテスをバスで出発、8:15メサベルデ国立公園到着。
メサベルデ国立公園
国立公園指定:1906
世界遺産登録:1978
面積:208
園内最高地点:2621
 此処は アメリカ先住民族(インデアン)の先祖アナサジ族が、6世紀
にメサベルデの台地の上で農耕定住生活をしていたが、西暦1200
ごろ台地の上の住居を捨て、断崖の洞窟生活をはじめ、その住居跡が
今でも残っていて世界遺産となっている。
 アナサジ族はその後100年ほどでこの断崖住居を去っているのですが、
その理由はいまだに謎とされている。
 いずれにせよ、すべて、白人が米大陸にやってくる以前のことですね。
我々は園内ガイド付きの9:00からの徒歩ツアーに参加、急な崖を下りて
クリフパレスとスプルースツリーハウスという二つの住居跡を見学。
クリフハウスには217の部屋のある4階建ての断崖洞窟が、スプルースツリー
ハウスには114の部屋が設けられ、夫々キバと呼ばれる円形の宗教儀式用
のものも多数設置されていました。

 かなり文化程度の高い生活をしていたようで。千人を越える規模の住居
だったようですね。

 昼食はバスの中で弁当を取りながら南西西へ移動
13:05 コロラド・ニューメキシコ・ユタ・アリゾナの四州の州境が集まるフォー
コーナーズを
通って アリゾナ州へ。
(なおこのツアーの出発点イエローストンは北緯45度、このフォーコーナーズ
は北緯37度、=緯度で7度も南に下ってきたわけで、高度差もあり暑くなりま
した)

15:05 モニュメントバレーに到着。
15:45からナバホ族の運転するジープに乗ってモニュメントバレーの観光
開始です。

モニュメントバレー内の路は荒れた未舗装地でシープが巻き起こす土埃も
ひどく、帽子・ネッカチーフ・マスク・サングラス等完全武装での遊覧です。

(コンタクトレンズは使用できず、またカメラもたちまち故障するのでビニール
の袋などに入れ、撮るときだけさっと出して、撮影後は又直ぐにしまうといった
配慮が必要です)
この日も好天で31度以上。夏には大変な暑さになるようです。
ジョン・フォードポイント、トーテムポールポイント、アーテストポイントという
三箇所でジープを停めて見物しましたが いずれも見覚えがある感じ。

それもそのはず、「駅馬車」「アパッチ砦」「荒野の決闘」「黄色いリボン」
「幌馬車」等々小生ら少年時代に見た映画の多くが此処で撮られている
のですから。

 しかし映画のスクリーンとは比較にならない広大な現実の景観はやはり
迫力が全然違います。

モニュメントバレー

西部劇の舞台としてまた色々なコマーシャルの背景としてすっかり映像的にも
おなじみですが、正式には MonumentVallyNavahoTribalParkと呼ばれて、
国立公園ではありません。

連邦政府からナバホ・ネーションと呼ばれる全米最大のナバホ族の保護区内
にあり保護区全体の広さは日本の東北六県に相当。

 ナバホ・ネーションは、独自の法律、国旗、警察・裁判所を持ったほぼ独立国
に近いものでナバホ族のうち16万人がこのネーションに居住。うち300人がこの
モニュメントバレー地区で生活している。


観光資源に恵まれているもののナバホネイションの経済は貧しく、6割程度の人
が貧困層で道路もほとんど未舗装。高等教育を受ける機会も少なく、いまだに
豊かとはいえない境遇ですね。

 アメリカ開拓史の中で、次々に豊かな土地から追われ、地味の悪い土地に落
ち着いても有効な鉱物が発見されると又追われ、最後に落ち着いた現在地が
国立公園になるとまた国有地になってしまう虞から 連邦政府からの国立公園化
への働きかけにも応じない由。

因みに白人から酒を飲まされ騙されて土地を収奪され続けた歴史からナバホ・
ネーション内は酒類販売禁止となっているが、現在でもナバホの死亡原因の第一
は酒酔い運転による交通事故死、第二はアルコール中毒による脳溢血・肝硬変
なのだそうです。


18:40 アリゾナ州カイエンタのHolidayInnに到着。一泊。
(本日の移動距離 392km)


ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る