第9日目
アメリカ西部国立公園写真紀行

アンテロープキャニオン観光、
レイクパウエル観光、
グランドキャニオン国立公園泊。
今朝は9:00出発ですが 出発と同時に時計を1時間遅らせました。
アリゾナ・ユタ・コロラド州は 夏時間を採用しておらず、同じ時間なのですが、
アリゾナ州の中のナバホ居住区域は夏時間を採用していたためです。
アメリカの時間はあれこれ複雑ですね。
調整後の時間で9:30(出発から1時間半後)、今回の旅での小生のお目当て
の一つアンテロープ・キャニオンに到着。

アンテロープキャニオンの観光です。
アンテロープキャニオンとは涸れた川床の岩盤の下に自然に洞窟が形成されて
いて、
水流の渦がそのまま岩壁に刻まれたような不思議な空間です。
 数キロ離れてアッパー・アンテロープロープキャニオンとロアー・アンテロープ
キャニオンとがあるが、我々は洞窟の長さがより長く、より狭いロアー・アンテ
ロープキャニオンの方へ潜ってみました。


 何も無い涸川床の岩の細い割れ目から潜っていくのですが、入口は特に狭く、
アメリカ人に多い太鼓腹のオジサン・オバサン達はまず入ることが出来ないでしょう。
 中に入ると思ったより広い空間ですが、曲がり角など体を横にしてやっと
通れる
ところもあり、服が壁にすれて汚れることは覚悟です。

それはともかく、中の様子は この世の物と思われぬほど幻想的です。

上の細い割れ目から僅かに漏れてくる太陽光(従って観光適時は太陽が真上に
来る正午前後の数時間となる)によって照らされる赤い砂岩に水流が刻み付けた
螺旋状の模様が夢の国のようで 思わず感嘆の声が漏れます。


まさに「神の御業による最高水準の芸術」ですね!
 曲がりくねった洞窟をかなり長く進んで 階段で地上に生還しましたが、しばらく
今見てきた光景が信じられないような思いでした。

ここは比較的柔らかい赤い砂岩を 降雨時の鉄砲水が抉り取った跡なのですが、
今でも雨の時には鉄砲水が奔流のように通り、細長い地下洞窟だけに逃れようが
ありません。

 現に、1997812日にはフランス人アメリカ人など11人が観光中に鉄砲水に
襲われて洞窟内で死亡、入口にはその慰霊碑が建っていました。

遠くで雷が鳴っても入場を控えるべきで、 浮世離れした世界を楽しむにはそれ
なりの注意が肝要というわけです。
11:15グレンキャニオンダム到着。
グレンキャニオンダムと レイクパウエルを見学。
実はこのあたりはレイクパウエルレインボーブリッジ国定公園となっていて、
コロラド川を堰き止めて作った全米2番目に大きな人造湖レイクパウエルを中心
にレクレーション地域となっており、湖の長さは約300km(東京-名古屋間に匹敵)

先に見学したアンテロープキャニオンも此処に注ぐ支流のひとつが刻んだものです。
ただ今回の旅は「自然景観」がメインテーマなので「人造湖」のほうは写真一枚に
とどめておきます。

途中Pageの街で昼食を取り、またバスを走らせて
15:40
いよいよグランドキャニオン国立公園到着。
 早速サウスリムの東の端のデザートポイント、グランドビューポイントの二つの
展望台に立寄って写真を撮りながら、バスでサウスリムを西へ移動、今夜から
二連泊のヤバパイ・ロッジへ17:40到着。

 部屋に荷物を置いて18:50ロッジ近くのヤバパイ・ポイントから、日没の
グランドキャニオンを眺めました。
 しかしグランドキャニオンは 想像を超える広大さで、景観も壮大、とてもカメラに
収まりきるものではありませんね。
 明日も丸一日グランドキャニオンの観光です。
グランドキャニオン国立公園
1908年国定公園指定。1919年国立公園指定。
 世界遺産登録:1979年。
 面積:4870(神奈川県の2倍)
 園内最高地点:2690
グランドキャニオン自体は コロラド川が浸食して作った東西約446km
(東京と岩手県一関の距離に相当)にわたる長い渓谷だが、観光で地上
から見ることが出来るのは東側の一部ということになる。

コロラド川をはさんで北岸のノースリムと南岸のサウスリムに分かれるが、
(ノースリムとサウスリムとの距離=峡谷の幅 は 19-29km)観光客の9
はサウスリムに。
年間入園者数は約440万人。

ヤバパイ・ポイントから下に見えるコロラド川との標高差は1400m、コロラド
川自体の標高は海抜750mなので観光して廻るサウスリムの上は標高
2100m
前後ということになる。

今日最初に寄ったサウスリムの東の端デザートビュー展望台から明日
行って見る西の端のハーミッツレストまでは三つのゾーンに分かれて
園内巡回バスが運行されているが
デザートビューからハーミッツレスト
までは50kmちかくあり、目の下のコロラド川までの標高差1400mとあわ
せて、その壮大さの一端が知れる。

 またグランドキャニオンの峡谷底部の地層は約1720億年前の海底
堆積物の変成岩、一部溶岩の貫入岩といわれ、そこから花崗岩変成岩・
各種砂岩・石灰岩・泥板岩などが長い年月を経て積み上がり リムの
最上部は約25000万年まえのカイバブ石灰岩となっている。

これら20億年かかって形成された地盤が約6〜7000万年前に造山運動
によって海抜8000m程度まで隆起し、その後コロラド川の浸食風化などで
500
万年掛けてこうした整然とした地層の露呈となったものといわれて
おり、地球の歴史や地質学・化石学などの良き研究対象となっている。

 

ここをクリックすると
アメリカ写真紀行の目次に戻る