第二日目 2月13日
べリーズ・シテイ到着。アルトウンハ遺跡観光後、
サン・イグナシオ泊
第二日目(2/1308:57 ヒューストン発コンチネンタル航空1627便。
都トトトトトトトトト トトトトト11:22 ベーリズの中心ベリーズ・シテイ空港着。
ベリーズの概要
ベリーズ(イギリス領ホンジュラスから1981年独立)
英連邦王国の一つである立憲君主国(下院第一党首が首相となる
議院内閣制、国家元首はエリザベス女王)
首 都 ベルモパン
人 口 30万7000人(2008年)
人口構成 メステイーソ(白人と先住民インデイオとの混血)
労働力として連れてこられたアフリカ系黒人 
マヤ族 
カリブ海の島からの黒人とカリブ族との混血 
その他白人 中国系  
48.7
24.9
10.6
6.1%
ソ9.7%
面 積 22,966(四国よりやや大きい)
公 用 語 英語
歴 史 マヤ文明の中で最も古い紀元前数百年の土器発見されて
おり、紀元2-3世紀のメキシコのテオテイワカン文明の影響
も受けていた地域。

16世紀以降もスペイン総監領があったグアテマラから離れ
ていたため、イギリスの武装船団が現在のベリーズ・シテイ
付近を占拠し、マホガニーなどの木材を持ち帰り、事実上
のイギリス占拠の実績を重ね、1862年英領ホンジュラスを
宣言。

その後もグアテマラとの領有権紛争が続いたが、1981
ベリーズ独立に至った。

 中・南米では一般にスペインの影響が大きいが、此処は
珍しく英国の旧植民地であったため英国の影響が強く、
カリブ海の宝石とも呼ばれる地域。

産業・経済:農作物は砂糖・柑橘類・バナナ等。イセエビ・
マグロなどの漁業。

ただ中米地域の中でも最も経済発展の遅れた国でもある。
 
いよいよ今日から中米の観光開始です。
この冬の米国は寒波の影響もあって 初日のアメリカヒューストンは気温6
と寒さに震える思いでしたが、2時間半ほど飛行機で飛んだここベリーズは
流石にカリブ海沿岸の国、気温も30℃近く陽光も明るいですね。
べリーズ・シテイの簡易な中華レストランで昼食後 北へ50kmほどバス
を走らせ海上交易によって栄えた古代都市
「アルトウンハ遺跡」へ。
1410から見学開始。


ここは1964-1970カナダの考古学者によって発掘された遺跡で 
紀元3世紀後半のものとの説が有力です。

 300近くの建造物があったとされていますが 中でも五つのピラミッド
が大きく、太陽神の神殿では翡翠製の4kgもの太陽神頭部が発見され
ています。

 観光客で混むことも多い遺跡ですが この日はほとんど我々で貸し
切り状態、
気温もさほど高くなく、ゆっくりと見物できました。 
「アルトウンハ遺跡」の見学後西部ベリーズ最大の町サン・イグナシオ
へ向かいます。

 途中1655 ベリーズの首都ベルモパンに立ち寄り国会前広場など
も見学しましたが、何しろ国全体の総人口30万人なのですから、首都
と言うよりも「村」に近い感じで 総じてのんびりした感じのところですね。
 1800 サンイグナシオのホテル カルベチに到着。
 このロッジ風ホテルは川を挟んだサンイグナシオとサンタエレナの
二つの町(双方合わせて人口3万人)を見下ろす丘の上にあって
簡素な割に趣のある宿でした。


 行程表へ