第三日目 2月14日
カルベチ遺跡観光後グアテマラ入国。
フローレス泊。
ホテルで朝食後、8:00からホテルのすぐ隣にある「カルベチ遺跡」を観光。
 ここは紀元前1200年ごろマヤ文明の黎明期に誕生したものですが現在
残っている遺構は紀元7-800年頃のものといわれているようです。
この遺跡は マヤ・アーチと呼ばれる逆V字型のアーチが綺麗に残って
いることでも有名です。
遺跡に併設されているミニ・博物館では 遺構の復元図や当時の人々
の生活を描いた絵もあり 興味深く眺めました。


カルベチ遺跡見学後今回の旅行の2カ国目グアテマラとの国境に向かい、
9:40から1時間ほどかけてベリーズ出国、グアテマラ入国の手続きを完了。
 ベリーズ観光で使用していたバスも此処で乗り換えスーツケースなども
積みかえです。



グアテマラの概要
正式国名 グアテマラ共和国
首 都 グアテマラ市
元 首 アルバロ・コロン大統領
人 口 1402万7000人(2008年)
人口構成 ヨーロッパ系とヨーロッパ系と先住民族との混血
マヤ系先住民 
60.1%
39.3
面 積 108890(日本の1/3
公 用 語 スペイン語



歴 史
紀元前1800頃にはすでに居住文化があり、その後下って
前コロンブス期までマヤ文明が栄えたが、1523年スペイン
人征服者ぺテロデ・アル・バラードが侵攻、この地帯を征服
した。

・1544年スペインはグアテマラ総監領を置き、ホンジュラス・
エル・サルバドル・ニカラグア・コスタリカなどを含めて統治。

征服者アルバラードの時代に マヤ文化の古文書はすべて
焼却された

1821年 グアテマラ総監領はスペインから独立。
すぐに第一次メキシコ帝国に併合されたが、同帝国の崩壊
とともに
1823年新たに結成された中央アメリカ連合州の一
州となった。
・連合州は当初から内紛が絶えず、内戦が続いたが1839
グアテマラは独立国となった。

・その後も政変や政権抗争、独裁政治、ホンジュラス・エル
サルバドルなど近隣諸国との戦争などが続いたが1944-
1954
までグアテマラの春と呼ばれる民主主義の時代を迎
えた。

・ところが1954年 軍上層部と結びついたアメリカCIAが政府
転覆作戦を実施、親米独裁政権が誕生、これが1960年から
36
年間にわたる反乱軍との内戦状態が続く原因となった。

1936平和条約の締結を経て現在はほぼ民主的な選挙が
行われているが
治安や政治にはまだ不安定部分が多い。

閣僚は米国の内諾を得て大統領が指名。
産業・経済 中米ではほぼ中位の経済レベルで、国民総生産の1/4が農業
(コーヒー・砂糖・バナナ)、人口の1/2が農業従事者。
原油生産(110万トン)天然ガスなどの鉱業生産も少々。
貧困問題が恒常化しており国民の57%が貧困層で、識字率67%。
 
グアテマラ領に入って2時間ほど走ってグアテマラで3番目に大きな
ペテニツア湖(面積99k屐砲北未靴
フローレスの町に到着。

ここは岸と陸路でつながったフローレス島と岸にあるサンタエレナ地区とで
成り立っておりまずフローレス島のレストランでグアテマラビーフのステーキ
で昼食。

 昼食後14:10レストラン前の桟橋から小型モーター舟2艘に分乗して湖の
対岸にある
ペテンシート島へ。
この島には自然動物園があり 極彩色のコンゴウインコやサンショクキムネ
オオハシ(地元ではトウーカンと呼ばれベリーズの国鳥でもある)ピューマ
やお昼寝中のジャガーなど色々な動物を観察しながら のんびり1時間
余り散策を楽しみました。



15:55
再び舟でフローレス島へ戻り 元はマヤ神殿のあった
小高い丘のキリスト教大聖堂を見学。



大聖堂を出たところで子供たちの仮装パレードにぶつかりました。

この日は2/14 バレンタイン・デーで この地方ではこの日に子供たち
のパレ―ドが行われるようですね。

とりどりの衣装で魔女に扮したり、男の子は段ボールに銀紙を張って
ロボットに扮したり・・・。
そう大規模なものでは無いのですが 素人の楽隊も3-4人ついて手作
りの感じがする楽しい見ものでした。
 16:45フロレスのサンタエレナ地区にあるホテル
ペテン・エスプレンデイットに到着。

ここはペテニツア湖に面して景観もよく なかなかの高級ホテルです。
 本日は 初めての陸路国境越えもあり あれこれバライテイに富んだ
楽しい1日でした。
このフローレスはテイカル遺跡観光の根拠地でもあるので 今夜からこの
ホテルに2連泊で、明日はマヤ最大の遺跡テイカル観光の予定です。
 行程表へ