第六日目 2月17日

ホンジュラスに入国。コバン遺跡観光。
その後再度国境を越えてグアテマラ入国、
グアテマラシテイ泊。

この日は朝食後バスで国境を越えてホンジュラス入国、コバン遺跡観光です。

 700ホテル発。途中から山道に入り 830山間の小さな町エル・フルリドに 
グアテマラ・ホンジュラスの国境があります。

 国境のはるか手前から税関検査待ち大型トラックの長い列。

 幸いなことに我々観光客のバスはこの長い列に並ばずに 国境事務所まで
直に乗り付け これも団体扱いで一括手続きで僅かな時間で出入国完了でした。

(場所と場合により個別手続きと手荷物のオープン検査が必要なもあるようです)


これにて中米七カ国周遊の旅も 三カ国目になります。


ホンジュラスの概要
正式国名 ホンジュラス共和国
首 都 テグシガルパ
政 府 ロベルト・ミチェレッテイ大統領代行
人 口 746万人(2008年)
人口構成

メステイーソ(白人と先住民インデイオとの混血)
インデイヘナ(先住民の子孫) 
黒人 
白人

90
07
02
01%
面 積 11万2000k屐米本の1/3)
公 用 語 スペイン語
歴 史 ・紀元前1200年頃には古代原住民の埋葬跡も発見されて
おり、 紀元800年の頃にはコパン遺跡などコパン文化が
栄えた。

1521年スペイン人征服者エルナン・コルテスがアステイカ
帝国 征服とともにこの地域も征服。

当時豊富だった金・銀の採掘のためスペインの植民地化が
進み グアテマラ総監領に組入れられた。

1821グアテマラとともに独立し直後にメキシコ帝国と合併、
そのごメキシコと離れて中米連合に加入。

20世紀に入るまで周辺諸国との国境紛争が多発。
19世紀末からホンジュラスでは米資本のユナイデッドフルー
ツ社のバナナ栽培が盛んで これと結びついた軍事独裁政権
が強権を握り、あるいは隣の工業国エルサルドルとの軋轢、
サルバドルの農業移民との紛争などが相次ぎ、またニカラグア
の共産政権に対抗するアメリカ軍他の前哨基地が置かれる
など政情不安要因が続き 現在でも前大統領セラヤの復帰を
めぐって 国内ならびに周辺諸国との紛議が続いている。
産業・経済 ニカラグアと並んで中米最貧国のひとつで国民の半数以上
が貧困線以下の生活。失業者も多い。

また前述の米ユナイデッドフルーツ社のバナナ栽培が主要
産業であり、反面それに関連したサルバドルの農業移民の
扱いなど問題の種も多い。
900 コパン遺跡に到着 観光開始です。

コパン遺跡のある森に入ったところで この国の国鳥であるコンゴウインコ
(現地名パパガヨ)の賑やかなお出迎えを受けました。

「コパン遺跡」はマヤ文明の代表的な都市遺跡の一つで 主として8世紀に
繁栄した文化で、石碑や宮殿階段が多数あり、特に石碑はコパン文化の記録
としても歴史的に貴重とされています。

我々は ピラミッドやステラ(石碑)の集中するグラン・プラザと呼ばれる
あたりを中心に見て歩き、また博物館も見学しました。

ここの博物館は新しく壮大で、特に遺跡の祭壇Gの前の神殿地下
から発見された地下宮殿ロサリラの復元レプリカは色彩豊かで目を
奪われましたね。

1225 遺跡近くの町で昼食。
1430 再びホンジュラスの国境を越えてグアテマラに再入国。

後はひたすらグアテマラの首都グアテマラシテイへ向かってバス
はひた走りました。

18.55 グアテマラシテイのヴィスタ・レアル ホテル着。
(本日は朝7時から19時まで10時間の観光ならびに移動でした
バス走行距離340km)

グアテマラシテイはグアテマラの首都で 標高1500m、高原地帯の爽
やかな気候の町で300万人の人口を抱え 峡谷の間にある盆地に隙間
なく建物住居が並んでおり、貧民窟の一帯もあるなど 貧困・犯罪など
社会問題も多いようです。

 ただ 我々の泊まるホテルは グアテマラで第一の五ツ星高級ホテルで
銃を携行したガードマンが多数いるなどセキュリテイもシッカリしている
ようです。

 行程表へ