第七日目 2月18日

アテイトラン湖畔パナハッチェル経由チチカス
テナンゴへ。観光後チチカステナンゴ泊

この日は 朝食後グアテマラシテイをいったん離れて バスでアテイトラン
湖畔のパナハッチェルへ向かいます。

 現在グアテマラの経済事情はよくないのですが 政府はインフラ整備のため
海外資金を導入してあちこちで道路建設を進めており、そのため特に 
グアテマラシテイ周辺では朝夕の道路混雑が激しいので 道路工事が始まる
前に市周辺を離れてしまおうと
7:00のホテル出発です。

グアテマラシテイには鉄道が無く 市民の公共交通機関はトマト・バスと呼ば
れる
赤い公共バスが主体であり「朝夕は混むので乗客はトマトケチャップに
なる」と現地ガイドが笑っていました。

 また市の近郊を結ぶバスは 鶏などを持ち込む乗客も多いので これらは
チキンバスと呼ばれるとか・・。

バスはグアテマラシテイから北西にパンアメリカン・ハイウエイ(アラスカから
アルゼンチン ウィッシュアイアまで全長15700kmの南北アメリカ大陸縦断
道路)を一部使用しながら走ります。

 今日の目的地は 綺麗なアテトラン湖畔の町パナハッチェルを経て、
原住民インデヘナの里チチカステイナンゴまで。

 9:55 パナハッチェルの手前のソロラ村

ここも原住民系統の住民が多く 丁度市が開かれていて大変な人出で賑や
かでした。 又 綺麗なお墓もありました。

 10:35アテトラン湖の展望台で写真ストップ。


次いでアテトラン湖畔のパナハッチェルで小休止。湖畔散策。


 このアテイトラン湖は 世界で最も美しいといわれる湖で標高1500mにあり、
湖の面積125k屐⊃綽爾郎任眇爾い箸海蹐320m。

 周囲には南側にサン・ペドロ火山(3020m)東側にトリマン火山(3158m)、
アテイトラン火山(3537m)が眺められ、誠に綺麗でのんびりした風景でした。

 丁度時季なので 旅行中あちこちでジャカランタの花が咲いていますが、
此処の湖畔のジャカランタは 湖と山々とマッチして素敵な雰囲気でした。

バスは更に走って 12:25 チチカステナンゴ到着。

  チチカステナンゴはインデイヘナの里と呼ばれ 民族色豊かな街です。

標高2030mにあって、平素は人口一万人に満たない小さな町ですが 
2回の市の日には 近在から数万人の人々が集まって物を売り、ある
いは買い物をするので賑わいます。

 此処はこの日木曜市が開かれていて、この市を見物するのが今日の
主目的でもありました。

 まずは市の見物に先立って街の中心サント・トマス教会の見学から・・。
ここは1540年建立の古い教会で 礼拝堂内部も黒ずんでいかにも歴史を
感じさせてくれます。


また普段は体育館に使われている大きな建物の食料品市も見学。

さらに木曜市の主だった通りをガイド付きで一通り歩き13:15から昼食。

 昼食後は自由時間で 各自思い思いに民芸品などの店を廻り買い物も
楽しみました。商品の売り込みも熱心ですね。

買うつもりが無くても ついついほだされて下らぬものも買ってしまいます。
 値切り交渉もこういう場合の付きもので、冷やかし半分で値切っていて
相手が応ずると買わざるを得なくなります。

まあこれも開発途上国への海外旅行のアトラクションのようなものですね。
この日はチチカステナンゴ郊外 丘の上のカサデルレイホテルに宿泊。

 行程表へ