第九日目 2月20日

エルサルバドル入国、カサブランカ遺跡・
ホヤ・デ・セレン遺跡観光、サンサルバドル泊

 朝7:00 2回目の宿泊であったグアテマラシテイのヴィスタホテルを出発。 
アグア火山・パカヤ火山を車窓に眺めながら、バスは南東に走って、この日
は国境を越えてエルサルバドルへ入国します。

9:10 パレ・ヌエボのグアテマラ側国境事務所に到着。

出国審査ののち バスで両国にまたがるラ・パス川の鉄橋を渡ります。 
この橋の中間が両国の国境です。

エルサルバドル側で同国の係官がバスに乗り込んでパスポートチェック。

9:45スムースに入国審査も完了、本旅行4カ国目のエル・サルバドルへ。

エルサルバドルの概要
正式国名 エルサルバドル共和国
首 都 サンサルバドル
元首 マウリシオ・フネス大統領
人 口 685万人(2007年)
人口構成

メステイーソ(白人と先住民インデイオとの混血)
白人
先住民族インデイヘナ 

(大西洋に面していないので中米各国の中では
黒人がほとんど居ない国として知られ1930-1980
には黒人入国禁止法もあった)

90
09
01%
面 積 21000k屐紛綵の約半分)
公 用 語 スペイン語
歴 史

・紀元前にはモンゴロイド系の先住民(インデヘナ)が居住。
15241528 スペイン人征服者エルナン・コルテスの
部下
ペデロ・ルバラードがエルサルバドル全域を支配。
グアテマラとともにスペイン総監領となる。
1821グアテマラとともに独立し直後にメキシコ帝国と合併、
そのご
メキシコと離れて中米連合に加入。
1838中米連合崩壊後、国内紛争・クーデター・専制独裁
政治
マヤ系先住民3万人の虐殺などが続き、1969年には
サッカー試合
を契機とするホンジュラスとの「サッカー戦争」
も起きた。

1979年ニカラグア革命以後左翼右翼の抗争が激化し、
米レーガン政権が
強硬策をもって介入 この間両陣営に
よる虐殺も横行した。

1992国連によるPKOの派遣もあり75000人に及ぶ死者を
出したエルサルバド
ル内戦は終結。

産業・経済

ホンジュラス戦争までは 中米の中では工業国でもあったが
相次ぐ内戦の間に没落。コーヒー・砂糖・綿花の栽培は盛ん
であるが
一部有力家族によって独占されている。
人口のうち42%が農業従事者であるが反面 都市への人口
集中も激化し都市問題も深刻

 パンアメリカンハイウエイをしばらく走り、10:30「カサブランカ遺跡」到着。

ここは日本のJICA(国際協力機構)が援助している物件で日本人の若い研究者
が数人滞在しており日本の海外青年協力隊の女性の池田さんが説明と案内を
してくれました。

 この遺跡は紀元600年から紀元前200年まで遡る期間のもので 遺跡の中の
イロバンゴ火山の複数回の噴火粉塵層で年代が測れます。

1940年アメリカ人が発見した後、1995年から現在まで日本の京大・名古屋大
が発掘調査を担当。


我々は4号神殿・2号神殿・3号神殿・5号神殿と発掘中のものを含めて見学、
管理施設の資料展示室で 男女の土像その他の発掘物も。

 管理施設の一隅には 藍染めの実演室もあり このあたりで昔行われていて
今は消えかかっていた藍染めの技術をに日本の援助で再現しており実演を
していた現地女性も四国まで出かけ、あるいは日本の藍染め技術者が此処
に来て技術の伝達に努め、ここの地場産業の育成に寄与しているそうです。

しかし 遠い海外で JICAをはじめ日本の若い人々が頑張っているのを見る
のは嬉しいことですし みなさんの笑顔も爽やかでした。


1045からさらにバスを走らせ 1230「ホヤ・デ・セレン遺跡」到着。

此処は マヤ古典期の3世紀ごろから農耕民が定住していたと推定されるが、
紀元640年に近郊のロマ・カルデラ火山の噴火で村落全体がすっぽり覆
われてしまったもの。イタリア ベスビオス火山噴火によって埋没したポンペイ
遺跡を思わせるが、ポンペイが都市であったのに対し、ここは村落であり かつ
噴火から若干の時間的余裕があって避難したのか人骨は発見されていない。

1976年小麦のサイロ建設工事中に偶然発見されたものであるが、1300年前
のマヤの村の住居・農耕器具などがそのまま残っており 当時の家屋構造・

生活様式を知る上で貴重な遺跡とされていて1993年世界遺産に指定され
ました。

1350 エルサルバドルの首都「サンサルバドル」へ到着。
市内のレストランで昼食。

その後1520からサンサルバドルの中心部を観光しました。



特に面白かったのは 現地ガイドが誘導してくれて露店など商店街を歩いて
見て廻ったこと。

人混みもひどかったのですがなかなかの活気で、僅か20分程でしたが 
開発途上国の都市では ツアーで人混みの中を歩く機会が少ないだけ
に貴重でした。勿論大きな荷物はバスの中において併走してもらい、前
の仲間を見失わないように、携行品は体の前にシッカリ抱えて・・  

街の中心部パルオス広場でカテドラルなど撮影しバスに戻りました。

サンサルバドルは標高660m、首都圏人口は150万人を越えるといわれ、
市場などは活気に満ちている半面、老朽化・荒廃した建物もあり 特に
1980
年の内戦時に多くの避難民が流入して貧富の差が激しく 夜は
危険地帯と化す場所も多い由。

16:15 市の中心のホテルインターコンチネンタルに到着。
ここでちょっとしたトラブルがあり、現地旅行業者の手配ミスか、ホテル
側の手違いか 我々の宿泊と夕食予約が入っていないことが判明。

添乗員の水足氏の大努力で なんとか全員バスタブ付の部屋を確保。



メイン食堂も結婚式があるとかで、予定を変更してホテル内の日本
レストランでの和食に変更、これには全員大喜びでした。

このホテルは高層で 流石にインターコンチネンタルホテル、バスタブも大きく、
混合水栓、エレベーターその他諸設備も最新式で快適なホテルでした。

 行程表へ