第10日目 2月21日
 ニカラグア入国、レオン市内観光。
首都マナグア泊。
 この日はエルサルバドルの首都サンサルバドルを発って、国境を越え
一旦ホンジュラス領内を通り、更にホンジュラス--ニカラグアの国境を
越えてニカラグアの首都マナグアまで 400kmを越える大移動です。
当初は朝昼ともにバスの中でのサンドイッチ弁当の予定だったのですが
朝だけはホテルで軽食を食べることができる様になり、4:30モーニング
コール、5:15朝食、6:00ホテル発ということでした。

930 エル・アマテイーヨでエルサルバドル--ホンジュラスの国境越え。
両国係官が一緒にバスに乗り込みパスポートチェック、和やかな雰囲気
でスムースに出入国手続きができました。
その後日本の援助で作られたエル・ナシエンテ橋や、途中道端でイグアナ
を売っていた少年のところなどで写真ストップしながら2時間ほどホンジュラス
領内を走ります。(イグアナは捕獲販売が禁止されているのですが、貧しいため
子供たちの小遣い稼ぎになっているようです。因みにイグアナの肉は結構
美味であるとか)
(ここで グアテマラ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグアの地図を
添付しておきましょう)
12:00 グウラサウレの町にてホンジュラスからニカラグアへの国境を越えます。
此処でバスの乗り換えで、スーツケース等荷物もすべて移し、グアテマラ
ガイドのマリオさん、運転手のフェルナンさんともお別れ。

新たなガイドのヘンリーさん、運転手のカルロスさんとニカラグアの旅の
開始です
ニカラグアの概要
正式国名 エルサルバドル共和国
首 都 マナグア
元首 ダニエル・オルテガ大統領
人 口

574万人(2008年))人口の80%以上が太平洋岸の都市に
集中、
カリブ海側の人口密度は小さい)

人口構成

メステイーソ(白人と先住民インデイオとの混血)白人  
黒人
先住民インデヘナ諸部族 

69
17
09%
x5%
面 積 12万9500k屐米本の約1/3)
公 用 語 スペイン語
歴 史

・ヨーロッパ人到達以前には この地域はアステイカ帝国最
南端であった。

1502年コロンブス第4次航海でニカラグア東岸ココ川河
口に上陸。

1520年代スペイン人征服者フランシスコ.エルナン・コル
テスが
首長ニカラオなどの抵抗を制圧して この地を支配。
スペイン植民地時代 インデヘナは虐殺されたり金鉱山や
カカオ栽培などに奴隷として酷使され、あるいはヨーロッパ
伝来の天然痘の羅病などでインデヘナ人口は絶滅に近く
激減した。

インデヘナが激減すると代わりにアフリカ大陸からの黒人
奴隷が労働
力として投入されたのも他のラテンアメリカ諸
地域と同様であった。

・その後のスペイン総監領化、中央アメリカ連邦の独立、
崩壊、国内紛争などは他の中米諸国の歴史と同じ。

1854国内紛争を利用してアメリカ南部人ウオーカーが
傭兵隊長として侵入、1856にはニカラグア大統領となって
英語の公用語法定、黒人奴隷制の復活などを行ったが 
1857打倒された。

1893-1909 アメリカ資本の援助を受けた鉄道企業家
セラヤの独裁政治、
その後の内戦。1927アメリカ海兵隊の
上陸に対抗したサンデイーの戦いの後サンデーノを暗殺
した国家警備隊長ソモサと息子たちの1979までの独裁政治。

・これを倒した民族解放戦線FSLN(ニカラグア革命)と、その
後の米レーガン大統領の介入政策で米CIAによって援助
された反政府勢力コントラとの第二次ニカラグア内戦(1985)。
1988 中米和平合意、後更に色々な経緯もあったが現在
はほぼ平穏化。

産業・経済

1900年年代半ばまでは中米一の繁栄を誇っていたニカラ
グア経済も相次ぐ独裁・弾圧・収用で国内の知識人・富裕
層が米国のマイアミ・ロスなどに亡命し 一時経済規模は
大幅に低下した。

現在労働人口の40%以上が第一次産業従事者で主要
産業はコーヒー・バナナ・サトウキビ・牛肉・葉巻・エビの
養殖
集中も激化し都市問題も深刻


途中バスの中で弁当を食べ(当家は例によって 持参したレトルトの五目炊き込み
ご飯に魔法瓶の湯を注ぎ昼食にしましたが ホテルで準備してくれたパンの弁当
も珍しく結構美味でした)これも日本援助で建設されたネグロ橋やサンクリストバル
山の見える場所で写真STOPなどしながら、

13:00 ニカラグア第二の都市「レオン」到着
 此処は1851年まで200年以上ニカラグアの首都だったところで、永い間
軍事・文化・宗教の中心でした(現在の人口:約37万人)

 ただ1970年代後半からFLSN(サンデイスタ解放戦線)の本部がおかれ、
1980
年代のニカラグア内戦で街の到るところが破壊されました。

現在は修復されて綺麗な街になっていますが、まだアメリカの介入による
内戦の傷跡も残っているようです。(本稿ニカラグアの歴史の項 参照)

我々はカテドラル(大聖堂)の見学から始めまず大聖堂ドームの屋上まで
階段で登り 赤い瓦屋根が美しいレオンの街の景観を。


次いで大聖堂の内部に。

このレオンの大聖堂は 1746年から100年の歳月を費やして建設された
中米最大規模のカテドラルです。

元々は ペルーのリマの大聖堂用の設計図がなにかの手違いでここレオン
に届いてしまい 気がついたときには工事が進んでいたとのことです。

ニカラグアの国民的詩人レオン・ダリオの墓もこの聖堂内にあり レオンの街
の名の由来である聖堂入り口のレオン(ライオン)像とともに有名です。

 次ぎに1800年建立のカルバリオ教会へ。

更に1786年建立のレコレクシオン教会、1800年建立のラ・メルセー教会
と順次廻ります。

1630再び中央公園広場へ戻ってきました。

途中の小公園ではボールゲームを楽しむ広場に1980年代内戦時の
弾圧の画が大きく描かれており、これもまだ忘れられない傷跡なのでしょう。

最後にこの街発祥の地スプテイアパ広場(当時の石畳が残っている)をバス
で廻り(この付近の原住民が多く住む地域では みな人懐っこく バスに手を
振ってくれました。)

 17:20レオンを出発。

バスは更に東南に走って 19:10 ニカラグアの首都「マナグア」ホテル 
カミノレアルに到着です。

6:00にエル・サルバドルの首都サンサルバドルを出て エルサルバドル-
ホンジュラス、ホンジュラス-ニカラグアの二つの国境を経てレオンの観光もし、
13時間 走行距離430kmの大移動でした。それでもどうやら予定がこなせ、
ヤレヤレです。

今夜はここに一泊し ここマナグアの観光は明日朝する予定になっています。

 行程表へ