第十一日目 2月22日

マナグア・グラナダ・ニカラグア湖観光。
コスタリカ入国。リベリア泊

朝食後8:00からニカラグアの首都マナグアの市内観光。

 此処は標高50mの低地で、年間を通じて平均気温約26度、
湿度約60%の高温多湿な都市です。

 そういえば この旅行も最初のうちはまあ過ごしやすく また標高
が高いところもあって比較的楽だったのですが グアテマラシテイ
あたりから日中最高気温が34-5℃となり結構な暑さとなりました。

 マナグアは過去に何回も地震の被害を受け 1972年の大地震
の復旧工事が進まないままニカラグア革命・内戦・紛争の連続で
現在も復旧・修理工事が進められつつあります。

ただ中心部は整備が進み 活気はでてきていますね。

 我々はまず共和国広場のすぐ近くのマナグア湖(1024k-
琵琶湖依り割大きい)湖畔にバスを停め朝のマナグア湖畔を散歩。

 此処は見た目には綺麗ですが 水銀系の水質汚染がひどく現在
はドイツの援助で浄化作戦が始められている由。

そこから目と鼻の先にある共和国広場へ徒歩で移動。
広場には、現在は国立博物館になっている国立宮殿・カテドラル
の廃墟・大統領官邸が並んでいます。

 カテドラルは1928年建設が開始され 建設中に地震にあったが
建設を続行して1940年に完成したものですが、1972年の大地震
で崩れ、現在も廃墟を晒しています。

 この土地は地震断層の真上にあることが分かり 新しいカテドラル
3kmほど南に離れた場所に建設されています。

国立宮殿は1940年の建設ですがその前の地震の教訓を生かして
強固に作られたため1972年の地震にも耐えられました。

この建物は40年以上一党独裁体制を続けたソモサ政権の国会議事堂
として使われていたものですが、1978年民族解放戦線FSLNが立ち
あがってサンイニスタ革命でソモサ政権を追放したものです。

現在はニカラグア歴史博物館の役目を果たしています。

共和国広場での見学ののち950バスで新市街のカテドラル・
メトロポリターナ(新大聖堂)へ。

ここは従来のカソリック教会には見られない斬新な近代建築ですが、
イスラム教のモスクにも似ていると一般には評判が良くないようです。

10:00 バスはパンアメリカンハイウエイを南東に45km走って次の
目的地グラナダへ向かい 11:00グラナダ到着。

 グラナダは人口約18万人、ニカラグアでスペイン人が作った現存する
街では最古のもので、カテドラルを中心にコロニアル風の建物が並ぶ
歴史地区は中世の一部のような独特の雰囲気を漂わせています。  

(昨日訪れたレオンの住民が革新的とされるのに対し ここグラナダは
保守的な人が多く、レオンとは長く対立関係にありました)


我々は中心部のコロン広場にバスを停めグラナダの観光開始です。

コロン広場に面して、1850年代にアメリカから侵入し一時ニカラグア
の大統領宣言までした傭兵隊長ウイリアム・ウオーカー(2/21
ニカラグアの概要 歴史欄参照)の邸宅もありました。


まずは徒歩で庶民の商店が並ぶ地域から散策を・・・。
流石にこのあたりは 喧騒を極めていますね。


グラナダの大聖堂も内部に入って見学しました。



なかなか華麗なものです。

1529年建設のこの町で最古の建物サンフランシスコ修道院も見た後 
1215から大聖堂浦のレストランで昼食。

1330バスは出発し グラナダ市街の東南に接している中米最大の淡水
ニカラグア湖(面積8626--世界でも10番目)にも立ち寄りました。


バスは更にパンアメリカンハイウエイを走ってコスタリカとの国境を
越えます。



国境事務所の近くには通関検査待ちのトラックの長い列ができていますが、
我々観光バスはそれを通り過ぎて1550ニカラグアの出国手続きへ。

ところが 貧しいニカラグアから比較的豊かなコスタリカへの出稼ぎの人が
多いせいで なかなかニカラグアの出国手続きの順番がきません。

 周囲の人々は ニカラグア国境事務所の前で店を開いている弁当売り
などから買い物などしつつ悠然としていますので、われわれも広場の免税店
などを冷やかして時間をすごしました。

また ここでわれわれのバスと現地ガイドも交代するので、ニカラグア出国手続
後徒歩で少し歩いて国境越え。

(ス-ツケースなどは現地のポーターがリヤカーで移動)

 コスタリカ側入国手続きでしばらく並んだ後、やっとすべてが終わったのが
18:10あたりは暗くなっていました。

これでも早く済んだほうらしく、また本日後半ニカラグアのバス(ベンツ製)の
冷房が不具合となって修理不能だったため クーラーの効いたコスタリカ側
のバス(中国製)に移ってホッとしました。

1935 コスタリカのリベリアに到着。

(因みにこのあたりは以前ニカラグア領だったところで、1858年正式にコスタリカ
領土に編入されたもの)

 此処のロッジ風ホテル ベストウエスタン・エルテシオのプールサイドで2000
から夕食。

今夜はここで一泊です

--なお、(「コスタリカの概要と地図」は次回中米写真紀行122/23分)
の冒頭に添付することにします)--

 行程表へ