第十二日目 2月23日

コスタリカ モンテベルデ自然保護区観光。
モンテベルデ泊。
 今日はコスタリカ モンテベルデ自然保護区の観光です。
コスタリカの概要
正式国名 コスタリカ共和国
首 都 サンサルバドル
元首 ラウラ・チンチジャ大統領(初の女性大統領)
(前アリアス大統領は連続再選禁止の規定で2010年2月退任)
人 口 459万人(2008年)
人口構成 スペイン系を主とする白人 
アフリカ系黒人
先住民インデヘナ
華人
94
03
01%
01%
面 積 51100k屐州と四国を併せたぐらい)
公 用 語 スペイン語
歴 史 ・紀元前900-300年ごろの遺跡が確認されている。
16世紀初頃約40万人の先住民が居住していたと推定。
1502 コロンブスがリモン湾付近に上陸
1538 グアテマラ総監領の辺境の地としてスペイン植民地に
1570 スペイン人征服者フェルナンデス・デ・コルドバによ
内陸部までスペイン支配下に。
征服の過程で疫病などの影響
もあり先住民人口は
1万人に減少。
1821の中央アメリカ連邦の独立・1838の連邦崩壊等の経過
他の中米国土の1/4以上を国立公園や自然保護区にあて
環境保護先進国として最近ではエコツーリズムのメッカとなっ
ており、欧米からの自然観察旅行者が多く観光収入も増加し
ている諸国と同じ。

1856ニカラグアで米南部人傭兵隊長ウオーカーが大統領と
なって強圧政治を敷いた時に 中米4ケ国はこれに反対しコス
タリカ軍はその中心となってこれを倒したので現在でも国民
戦争と呼んでいる。

1871自由主義者トマス・グアルデルが一院制と強い大統領
権を定めた憲法制定。以後1948まで基本的にこの路線
が継
承され、ラテンアメリカでは特異な民主的社会の基盤を作った。

1948 大統領選挙をめぐって内戦が勃発。
内戦後1949年憲法で軍隊の廃止と警察への移管、女性や
黒人参政権の承認も定められ 軍隊の廃止によって以後他の
ラテンアメリカ諸国のようにクーデターは発生しなくなった。
また削減された軍事費は教育福祉の拡充にあてられた。
1986 外資による工業化も目指し 反共主義でアメリカとは
協力的だったが、アリアス大統領はアメリカのニカラグア強硬
政策に追従することを止め、国内にあったコントラの基地を撤
去し 中米和平に尽力した。

2003 アメリカのイラク攻撃を一旦は支持したが 最高裁の
違憲判決により イラク攻撃支持を撤回した。
産業・経済 スペイン植民地時代は 最貧困地域の一つであったが 第二
次世界大戦後は中米の優等生と呼ばれ コーヒー・バナナ・
サトウキビ・パイナップルなど輸出に、政治の安定も寄与し、
1960
年以降の外資導入による工業化と相まって現在では
パナマに次いで豊かな国となっている。
1990年代後半からはインテル社の進出によるコンピュータ
部品生産も始まる)
国土の1/4以上を国立公園や自然保護
区にあて環境保護先進国として最近ではエコツーリズムの
メッカとなっており、欧米からの自然観察旅行者が多く観光
収入も増加している。

 コスタリカの観光と言えば やはりエコ・ツーリズム。
我々も本日「モンテベルデ自然保護区」で過ごすのを楽しみにしていました。

1150モンテベルデ自然保護区観光センター」に到着。

 モンテベルデの人口は約12千人。

 このモンテベルデ自然保護区と言うのは 国立公園などの国営ではなく 
朝鮮戦争・ベトナム戦争などへのクエーカー教徒徴兵忌避者などの自然
愛好家がアメリカから次々と移住してきて、周辺の土地を買収。
「動植物と人間との理想郷」を計画し1972年コスタリカ政府の正式認可を
受け、集めた基金で15000haの広大な面積を管理運営しているものです。

主要産業は酪農・観光で、観光業のウエイトが高いのに「あまり道路など
整備しすぎると有象無象がやって来過ぎて、自然が壊される」とモンテ
ベルデまでの道路もボコボコ道のままになっているのが面白いですね。

このあたりは熱帯雨霧林と呼ばれるジャングルで多種多様な生物が共生
しており特に鳥類は400種類以上生息している由。


センターのレストランで昼食の後、1240からまずセンターにある
バタフライガーデン」を見学。

 巨大な温室のような施設で 温度は31℃。湿度も66%と高くサウナ状態
でしたが、沢山の蝶が楽しげに飛びまわっています。

青色の光沢を持つエレノ・モルフォ、フクロウの目にそっくりな模様の
オウル・モルフォ、白黒シマウマ模様のジブラ、孵化したばかりの
エメラルドグリーンのヒスイ・モルフォなどなど沢山の蝶を観察できました。

13:15から「スカイ・ウォーク」



これは此処での呼び物で、スカイウォークと呼ばれる最高地上65mの
吊り橋を次々に辿り(最長の吊り橋は150mを超える)上からジャングル
の樹冠や谷底を眺め、同時に生態系を観察するものです。



樹木は太陽の光を求めて上へ上へと延び またその間には実に多様な
植物がそれぞれに繁茂していてまさに自然に包囲された感じでしたね。

この地域は熱帯雨霧林と言われて 霧のような雨が多く 植物の生育には
好適な場所ですが 我々は幸か不幸か散策中一度も雨に遭わず おかげ
で眺望も十分でした。
吊り橋の上からジャングルを見まわすのもなかなか気分の良いものですね。


更に14:30から 知る人ぞ知る此処での大呼び物「キャノピ-」へ。


これは空中に張ったワイヤーに滑車を吊してそれを握って樹冠の上を
飛んでいくもので本来今回のツアーには組み込まれていないものですが
旅行記などで読んでいて強く希望した有志7名ほどが「自己責任」というこ
とで、スカイウォークを途中で中断し本隊と離れてセンターに引き返し、
一人50US$を払って参加したもの。
勿論当家は二人とも参加しました。

 センターで 腰と両太腿に皮の頑丈なハーネス(鋼鉄製の丈夫な滑車と
カラビナ付の命綱つき)を付けてもらい、これも丈夫な皮手袋をはめ、頭に
は防護用のヘルメットを被って 滑車の重みで若干フラフラしながら坂道
を上って出発台へ。

 西欧人も含め30人余りで滑走の説明を聞くのですがスペイン語と英語で
の説明で十分理解できません。

ワイヤーを重力で滑って行くのですが途中で止まってしまうと ワイヤーを
掴んで到着台まで手漕ぎで到達するか、スタッフの救助を待つ以外にな
いようです。
また到着台近くでは手でワイヤーを操作して減速しないと 高速
で到着台の鉄骨にぶつかって 足を怪我することもあるよし。

西欧人グループの半数近くが経験者で年齢も若いのに 我々日本人グループ
はほとんど65歳以上で全員未経験者。結局「介助者付で飛ぶ」ことになりました。


さて第一のスタート台の鉄骨階段を上って いよいよスタート!


これが面白いのなんの!


ワイヤーが張ってあるのは全部で15か所あり、長いところは1000m、
750
600m、465mなどなど。谷底からの高さは75mから180mほど。
長ければ長いだけ スリルもいや増し、空中での浮揚感も長く楽しめる
というものです。

一つ飛んだら次の出発台まで重い滑車を腰にぶら下げたまま 坂道を
上がりながら次から次へと廻っていくので息も切れますが、もっと大変なの
が介護するベテランスタッフ。

0名あまりの1チ-ムに5-6人ついていて 各出発台でゲストの滑車と命綱
のカラビナをワイヤーに取り付け、前の人が渡り終えた安全を確認して送り
出し、一方到着台では別のスタッフが、滑ってきたゲストの体を受け止め、
滑車と命綱をワイヤーから外し、全員が飛び終わったら次の出発台へ移っ
ていくのですが、日本の老人組7人が全員介助付となったので スタッフの
内数名は 各台ごとにその出発点まで歩いて戻って介助にあたらなければ
なりません。

馴れてきて我々も一人で飛ばせろと言ったのですが やはり事故があっては
ならないとの責任感からでしょう、とうとう最後まで介助を全うしてくれました。


 まこと御苦労さまでした。

そして 最後のおまけにバンジージャンプ

30mあまりの高さに台が設けられており キャノピーで使ったハーネスに綱を
結びつけ 台から飛び降りるのです。 

ニュージランドなどで見たものはもっと高度差があり 飛び降りる決心をする
まで2-30分も掛かるのをTVでもやっていますが 此処は無造作に後ろから
体を押して突き落としてくれる迅速処理型。

それでも加速度がついて 谷の向側までスイングし 数回振り子のように
揺り戻しが収まらないと止まりません。

最後は下にいるスタッフがタイヤを二つ繋げな様な大きなゴム帯を使って
二人がかりで止めておろしてくれるのですが これも面白く得難い体験で
した。
(このキャノピーとバンジージャンプが 本ツアー中最高の経験で、
70
歳過ぎのジイサンに良い冥土の土産ができたというものです)。

合計3時間ほどのキャノピーを終えてマイクロバスでモンテベルデのロッジ
モンタニア・モンテベルデまで送ってもらい、1725ホテル到着。

 ここで夕食・宿泊。

夜に入って ロッジは霧に包まれ「熱帯雨林地帯の風情」も満喫できました。

 行程表へ