第十四日目 2月25日

コスタリカ最古の町カルタゴを経て、
パナマに入国。ダビ泊

710 サンホセのホテル出発。

 この日はパナマへの移動日ですが その前にコスタリカの最古の町
カルタゴに立ち寄り。観光。 

此処は 1563年に建設され1823にサンホセへ移転するまで約250
間コスタリカの首都であった街ですね。

標高3432mのイラス火山の山麓に位置し 気候も温暖で過ごしやすく 
落ち着いた良い雰囲気の街です。

 ただ1841年と1910年の2回地震の被害で壊滅的影響を受け、現在
のコロニアル風の建築物なども その後の再建に依るものの由。


 800途中の小雨模様も上がってロス・アンヘランス大聖堂を見学。 
1926
年に建設されたビザンチン様式の教会。


ここには奇跡のマリア像と聖なる泉が祀られています。


起源は約380年前の163582日当時このあたりの原住民の娘が
薪拾いにこの場所に来たところ綺麗な泉の畔で幼児を抱いた小さな
女性の石像を見つけた由。

家に持ち帰り その日の午後同じ泉に出かけた娘は再び同じ石像を
見つけ、家に帰ってみると前の石像は消えていた。

同じようなことがその後何回も起き 他にも不思議な現象が何回も起き
たので この石像の発見場所に教会をたてたもの。

 ローマヴァチカン法王庁からも正式に「奇跡」として認められており、
毎年82日には中米中から250万人もの人が参拝に集まってきて 
泉の水も聖なる泉として尊重されています。

(本物の石像は15cmほどの小さなものだそうですが 大きくしたレプリカ
が聖なる泉のそばに飾られており 我々もそれを拝み、また聖なる泉の
水も飲んでみました)

 その後カルタゴの中央広場へ。ここは16世紀に造られたコスタリカ最古
の街カルタゴの最も古い広場。

広場に面して1910年カルタゴに壊滅的影響を与えた地震の後しば
らく大聖堂として使われていた建造物の廃墟がありました。内部は
現在小庭園として整備されていました。

900 カルタゴからパンアメリカンハイウエイを東南に進み 山越えを
してパナマ国境を目指します。



途中霧が濃くなってきた山道をひたすら登り 標高3491mのセロ・ムラ・
ムエル峰脇の峠を越えました。(本旅行での最高地点です。峠では丁度
霧も晴れてくれました)



バスは山道を下り 1150サン・イシドロの街で昼食。

その後更に東へ進み、1430テラバ川が太平洋に合流する場所で小憩。
それから今度は急に降り出した豪雨の中バスはパナマとの国境に向かいます。

(生憎 この日の午後から我々のバス(中国製)のクーラーが故障。

前回のベンツ製のバスに続き2度目のサウナ状態となりました)

1635 コスタリカ国境事務所側で各自出国手続き。

ここでパナマから迎えに来た、「冷房の利いた」大型バスに乗り換え・スーツ
ケースの移し替え・コスタリカでのガイド・ドライバーともお別れです。

(先程までの土砂降りの雨も 国境事務所到着の折にピタッと止み、出入国
手続き・スーツケースの移動には全く支障ありませんでした)

パナマ入国手続きも水足添乗員・パナマ側ガイド ルイスさん・ドライバー 
ラファエロさんの尽力でスーツケースの個別開放検査もなく45分で終了。


 1820 今回の旅行での中米最後の国パナマへ入国です。

ffffffffffffffパナマの概要
正式国名 パナマ共和国
首 都 パナマ・シテイ
元首 リカルド・マルテイネリ大統領
人 口 345万人(2008年)
人口構成

メステイーソ(白人と先住民インデイオとの混血)
アフリカ系黒人
先住民(モンゴロイド系インデイオ)
ヨーロッパ系白人

60
14
10%
09%
(ラテンアメリカの中ではメキシコと同様インデオの比率が多い
国で、黒人はアフリカから連行された子孫のほか鉄道・運河
建設のためジャマイカなどから移住した人の子孫を含む)
面 積

75500k屐碧務て擦茲蠅笋箴さく 日本の1/5

公用語 スペイン語
歴 史 ・この地域にはマヤ・アステイカ・など高度に発達した文明の
痕跡はないが
16世紀初頭スペイン人が到来する直前には
20-200
万人の先住民が居住していたと推定されている。

1502 コロンブスがモスキートス湾ポルト・ベーロに上陸、
この時インドに到着したと誤解したコロンブスによって、先
住民がインデオ(インド人)と呼ばれるようになった。

1513 スペイン人パスコ・ヌーニェス・バルボアが太平洋岸
に到達
(ヨーロッパ人による太平洋の発見)
1519 スペイン総督によるパナマ・シテイ建設
1530年代 征服者フランシス・ピサロが パナマを拠点に 
インカを征服。
インデオは奴隷労働と、欧州から持ち込ま
れた疫病で大打撃を受ける。
またアフリカから黒人が奴隷
として移入された。
スペイン人にとっては パナマは植民地
経営の拠点であり また収奪した金
や 奴隷労働によって
産出した物資の欧州への移送中継地として重要であり
17
世紀まで繁栄を極めた。

・他方16世紀から17世紀にかけて英国の海賊が出没、
1671
年には英国海賊ヘンリー・モーガンがパナマシテイ
を焼き討ちした。

1808 フランスのナポレオンが偽王をスペインに据えた
のに反対して中米植
民地が蜂起し 独立のための戦が続
いたのは他の中米諸国と同じ。(1821パナマはスペイン
から独立。近隣国とともに大コロンビアとなる)

1830大コロンビア崩壊でヌエバ・グラナダ共和国(現在の
コロンビア)成立。

1846 アメリカはパナマへのコロンビア主権を認めることと
引き換えに
パナマ地峡の通行権を獲得。メキシコ戦争で
メキシコから北半分の領土を獲
得したことと1848カルフォル
ニアでのゴールドラッシュを背景にアメリカ東部と西部海岸
とを結ぶ要衝としてパナマ地域の重要性に着目、アメリカが
パナマ地峡横断鉄道を1855年完成。 
・スエズ運河建設のフランス人技師レセップスが1881-
1889
 パナマ運河建設
を始めたが 種々の問題発生の
ため中止。

・アメリカはパナマ運河建設とこの地域の戦略的重要性の
ためコロンビアか
らパナマを独立させることを企図画策、
1903
パナマはコロンビアから独立。
同時にパナマ運河の
16kmについてアメリカの主権を認めさせた。
アメリカは
1914
年パナマ運河完成。

1930以降パナマ運河の主権返還を求めるパナマと
アメリカとの抗争は続き
種々の変遷はあったが 1977
ジミカーター米大統領は 1999年の返還書面に調印。

1989 パナマ軍のトップ ノリエガ将軍がアメリカと、キュー
バなど共産国
家との二重スパイであり コロンビアの麻薬
組織メデスン・カルテルとも深
い関係を持っていることを
問題視したアメリカがパナマに進攻。

パナマ国防軍は解体、国家保安隊として再編。

1999 アメリカはパナマに運河地帯の主権返還。パナマは
全土の主権を回復
産業・
経済

パナマはアメリカ通貨の米ドルにすべて依存し、独自の紙幣
発行権を持たな
い。逆にそのことが中米で最も進んだ経済を
もたらし、金融業が発達、
ラテンアメリカの金融センターとして
重要な役割を果たしている。

また 各国の税金対策のための便宜置籍船制度による 外国
商船からの収入
も多い。
国民の70%が第3次産業従事者でもある。
他は バナナと海老の輸出と 金・塩などの鉱業。

 雨の上がったパナマ側の道路を小一時間走って、19:20パナマ西部
にあるパナマ第3の街 「ダビ」に到着。

ここは農産物の集散地で首都パナマシテイと高速道路で結ばれており 
空港もある街。

今夜はここのグラン オテル ナシオナルに宿泊です。
(本日の走行距離距離 410km。)

 行程表へ