第四日目 2月15日
マヤ最大の遺跡「テイカル遺跡」観光。
フローレス泊。
 

この日はフローレス連泊の予定ですが 朝食後7.00ホテル発にて
フローレスから北70kmの「テイカル遺跡」へ往復しての一日観光です。

「テイカル遺跡」は、紀元前数世紀から人が住み始め AD300800
にはこのあたり一帯のマヤ都市群を従えた大祭祀センターとして栄えた
マヤ最大の遺跡群。 

 現在残っているものは8世紀ごろのものがほとんどといわれているが 
120k屬涼楼茲縫團薀潺奪彪燭痢崑莪譟疎荼淇静臓廖▲▲ロポリス、失わ
れた世界、などなど大小3000にも及ぶ建造物があり 最盛期には数万人
の人口があったと推定されている。

(現在でも未発掘で密林の中に土の山になったままものも多い)
 その後10世紀になると急激な衰退を迎え(衰退の原因は不明。一説には増えすぎ
た人口を賄う水の不足も原因ではないかという)住民はいずくともなく去り、熱帯の
樹木の繁茂で 緑の中に埋没していた。
 1696年スペインの宣教師が偶然に再発見
したもので 近時復旧整備も進められているが 現在でも周囲は密林であり2〜30m
の高さの樹林の更に上に石造りの建造物がそそり立つ様は 威容です。

我々は8:40テイカル遺跡に到着。ビジタース・センターから ジャガーの口を持つ
アーチをくぐって徒歩にて広大な遺跡群を見て回りました




(遺跡全域は120k屬傍擇屬、我々が廻ったのは修復済みの16k屬涼羶管分
だけで それでも広大です)。

 

 まず この遺跡群の中で2番目に高い57mの5号神殿への登頂をトライ。
 旅行出発前に見た写真では神殿への石段は急傾斜で石段の踏み代が狭く、
一旦足を滑らせれば下まで一直線で頭を打ってあえない最期となりかねず、「足萎え
老人」の当方にはとても無理かとも思っていましたが、幸い側面に木製の階段があり、
どうやら登ってみることができました。

それにしても階段の傾斜は急で、喘ぎながらやっと登頂。 やはり登ってみると眺望は
素晴らしく 苦労した甲斐がありました。



 
セントラルアクロポリス、グランプラザ、と順次見て回り、高さ38mの2号神殿
にも登ってみました。
 

3号神殿を見上げ、失われた世界と名付けられた神殿群を経ていよいよテイ
カル遺跡で最も高い70mの4号神殿(紀元741年 ヤクス王が建てたといわれ、
コロンブス以前のアメリカ大陸でもっとも高かった建造物)への登頂にチャレンジ
です。

 ここも側面に見学用の木製の階段が設けられていましたが 傾斜が急なことは
同様でした。


 

結局ここも苦労しながら登り切り 頂上からの樹海の広がりとその間から頭を
出している石造建造物の景観を楽しみました。

 13:40 森の中の食堂で昼食、テイカル遺跡博物館、ビジターズセンターでの
土産物などを見た後 15:30フローレス サンタ・エレナのホテルへの帰途に就き、
6.40 ホテル到着。

入浴・夕食後 脚にサロンパスを沢山貼り付けてベッドに入りましたが 急な階段
登りや1日観光歩きのため案の定夜中に脚が攣り うめきながら部屋の中をソロソロ
歩いてどうやら納めました。


しかし 天候にも恵まれ 無理かと思った神殿登りを三つもこなせたことで満足すべき
1日でした。
 

 

 行程表へ