エベレスト遊覧飛行・カトマンズ周辺古都パタン、大仏塔ボタナート他観光
 
 この日はこの旅の最大のハイライト、エベレスト遊覧飛行の日。


  天気の具合で欠航が多いフライトなので案じておりましたが、オプション費用
19000円を日本で支払い済みの7名+添乗員で、ともかく朝5.00モーニング
コールにて5.30ホテル発まだ暗いカトマンズ空港へ。



 飛行機はイエッテイ(雪男)航空の30人乗り機と決定。乗り込んでしばらく待機。
(30人乗りとはいえ座席幅が狭いのですが、観光用ということで真ん中の列のは
空席とし、両窓側の各一列のみ合計20人のみ搭乗。)
  7.00離陸。(離陸直前に写真撮影のため窓が綺麗になるよう、外から整備員
がバケツで水をぶっ掛けてくれたのには魂消ました)。
離陸すると上空は快晴!。
 すぐにヒマラヤの山々が見え始め、憧れのエヴェレストもクッキリ!。





 ジョムソムのときもそうですが スチュワーデスが当方に頬を摺り寄せるように
山の説明をしてくれます。
更に、希望者はコックピットに入れてくれて、操縦席の前方の窓からの撮影もOK。




 この飛行機の機長は自分で写真集も出しており、サイン入りで機内で販売。
(あまりの好天気とサービスの良さに日本円3000円というので買い求めました
が、後で写真集の裏を見るとUS$20と・・・・・

なおこの飛行機の副操縦士は女性でした)。
7.54カトマンズ空港に着陸。ほぼ一時間の飛行でしたが、大大満足のフライト
でした。


    エベレスト名の由来
エベレストという名は、1841年 エベレストの位置を記録したインドの測量技師
ジョージ・エベレストの名前からついたもの。
チベット名はチョモランマ(「大地の母」という意味)−中国もチョモランマを使用-
ネパール名はサガルマンタ(「世界の頂上」という意味)
最初にエベレストの高さを測量したのは1856年、インドの測量局長官
アンドリュ・ウオーが8840mと発表
1956年

1975年

1999年
イギリスの測量チームが 8848mと発表。

中国遠征隊が標高を測量し、中国政府が8848.13mと公式発表。

アメリカ遠征隊がGPSを使って8850mと発表。
国際地理学会も
これを公認。
ネパール政府はこれを認めておらず 従来どおり8848mを使用。
最初の登頂者は1953年、シェルパのテンジンにガイドされたニュージランド人
エドモンド・ヒラリーとされているが、1924年第6キャンプの上で行方不明に
なったイギリス遠征隊のジョージ・マロリーとアンドリューアーバインが実際には初登頂して帰路亡くなったのではないか?との説も消えていない。
以来エベレストの登頂者は(少し前の記録になるが)2002年5月までに1551名。
 日本人の初登頂者は植村直己。同じく2002年5月までの日本人登頂者
は88名。
世界の8,000m以上の山 14座
 エベレスト 8848m ネパール
◆K2 8611m パキスタン・中国
 カンチェンジュンガ 8586m ネパール
ぁ.蹇璽張 8516m ネパール
ァ.泪ルー 8463m ネパール
Α.船隋次Εー 8201m ネパール
А.瀬Ε薀リ 8167m ネパール
─.泪淵好 8163m ネパール
 ナンガ・バルバット 8126m パキスタン
 アンナプルナ 8091m ネパール
 ガシャーブルム 8068m パキスタン・中国
 ブロードピーク 8047m パキスタン・中国
 ガシャーブルム 8035m パキスタン・中国
 シシャパンマ 
8027m
中国(チベット)
赤文字で表したように 14座中8座は ネパールにある)
                         
・上記のように、8000m以上の山は世界で14座ですが、7000m以上の山は118、
6000m以上の山は166、5000m以上となると「沢山」で、ヒマラヤでは名もついて
いない山も多く、現地では5000m以下は「丘」と呼んでいます。
「この伝でいえば日本の富士山などは小さな丘ですね」と現地ガイドが冷やかし
ていましたが、「山必ずしも高きがゆえに貴からず、姿かたち、周囲での存在感
が価値となる」と切り返しておきましたが・・
・・・
 しかし、7−8000mの山があれだけ重畳して厳かに峻立している重厚な感じに
接すると、「富士山=小さな丘」説への反論も心中弱弱しく感じる部分もありました。

 ・ホテルに帰って朝食後、10時からカトマンズ郊外のヒンドウ教寺院のひとつ、
ブダニルカンタへタクシーで往復。
 

ホテルで昼食後カトマンズ近郊古都パタンへ旧王宮広場や博物館などを観光。

 
更にカトマンズで、ネパール最大の仏塔が建つチベット仏教の巡礼地
ボダナートを見物し、
世界の若者やトレッカー相手の宿や土産物登山
用品店などが密集するカトマンズのタメル地区も散策。
 
  かくて、痛む腰をかばいつつも早朝から暗くなるまでこの日の盛り沢山
のスケジュールをすべてこなし、大変満足の一日でした。
この夜もドウワリカホテルに宿泊。夜はネパールの宮廷料理。
 明日はバンコック経由帰国の途につくのでスーツケースのパッキング
をしましたが、その際立つたり座ったりする度に痛む腰で結構往生しました。
 

ここをクリックすると
ネパール・ヒマラヤ写真紀行の目次に戻る