2018年5月
13 日14日 
ギリシャ周遊とエーゲ海
クルーズ 第1日 目第2日目
ドバイ経由アテネ着、デルフィへ移動、(デルフィ泊) 

       2018.05月13日〜28日16日間旅のデザイン社の
       「憧れのエ-ゲ海クル-ズとギリシャ周遊の旅16日間
       というツア-に参加してきました。(今回は当方一人参加)
       (参加人員 14名 男性5名 女性9名 うち夫婦4)

16日間と言いますが初日は羽田空港集合のみですので、本写真紀行で
2日目を1日目とし全15日間として記述します。

30年ほど前の現役時代 アメリカのある企業とイタリアで特許訴訟をやっていて、
ミラノ出張の帰途ほんの数日ギリシャに寄ったことがあり
また別の機会に エ−ゲ
海の島々もほんの少し楽しんだことがあるのですが 「この際まとめてじっくり・・・・」
いうわけです。

今回の旅行の当初日程表は次の通りです。 
                  ササササササササ     (文・写真 彦由耕二)
            
サササササササササ      写真をクリックして頂くと本文が開きます

                  旅 行 行 程 表
第1日目
(5/13) 


第2日目
(5/14)

羽田空港22:00集合
00:30エミレ−ツ航空313便 羽田発
06:45ドバイ空港到着(時差 5時間)
(飛行時間11時間)
10:50  エミレ-ツ航空 10:50ドバイ発
15:00ギリシャ首都アテネ空港着(時差1時間)
バスにて約200km走り、山々に囲まれたデルフィへ


(機中泊)



デルフィ泊
第3日目

(5/15)

山麓に囲まれた古代人の神殿遺跡、デルフィの遺跡、
博物館見学。

その後バスでデルフィ近郊のオスオス・ルカス修道院見学後約390km走って北部ギリシャの中心地
テッサロニキへ

テッサロニキ泊

第4日目
 
(5/16) 

午前中テッサロニキ市内観光
(ホワイトタワー、ギリシャ最大の教会アギオス・デミトリス
教会・ガレリウスの凱旋門)

その後46km走ってアレキサンダー大王の生誕地ベラへ。ベラ遺跡、博物館見学。
更に50km走ってマケドニア王国最初の首都
ヴェルギナへ。ヴェルギナ遺跡見学。
ヴェルギナから170km走ってカランバカへ。)

カランバカ泊
第5日目

(5/17)
メデオラの奇岩群の上に立つメデオラ修道院群見学
(メガロ・メデオロン修道院、アギオス・ステファン修道院、ルサス修道院他)
カランバカ泊
第6日目
 
(5/18)

朝カランバカ発バスで223km走ってコリント湾に面した港町イテアへ。昼食と町の散策。
その後100km走ってリオ・アンテイリオ橋を渡り、更に126km走ってペロポソネス半島のオリンピック発祥の地
オリンピアへ。

オリンピア泊
第7日目
 
(5/19)

オリンピア遺跡見学(ゼウス神殿、聖火の祭壇、オリンピックスタジアム、オリンピア博物館)。
バスで193km走って中世ビザンチンの都市遺跡
ミストラへ。

アギア.ソフィア教会、王宮、パンタナサ教会他見学。
その後古代の栄華が偲ばれるスパルタの街に立ち寄り ミストラから120km離れた景勝地ナフプリオンへ

ナフプリオン泊
第8日目

(5/20)

ナフプリオンから40km走って美しい丘陵に残るエピダウロス遺跡訪問見学。
その後56km走って シュリ−マンの発掘で知られるミケ−ネ遺跡、博物館見学。
昼食後35km走ってコリントスへ。(古代コリントス遺跡、アポロン神殿円柱、コリントス運河見学)

アテネ泊
第9日目

(5/21)

アテネカラピレウス港に移動。
-ゲ海クル-ズ船「セレステイアル・オリンピア号に乗船。11.30出航。4泊5日のエ−ゲ海クル-ズに出発
18:00 ミコノス島到着。下船観光。
23:00 ミコノス島出航

船中泊
第10日目

(5/22)

07:30 トルコ クシャダス港入港。
下船  エフェソス古代遺跡観光。
13:00クシャダス出航。
17:45 パトモス島到着。下船観光。
聖ヨハネが黙示録を書いた洞窟と聖ヨハネ修道院見学。21:30パトモス島出航

船中泊
第11日目

(5/23)

07:00 ロドス島到着  下船観光(旧市街
騎士団長の宮殿、騎士団通り、城塞、三つの風車他)
18:00 ロドス島出航。

船中泊
第12日目

(5/24)

07:00 クレタ島到着。下船観光。
3700年前の迷宮伝説で知られるクノッソス宮殿)。
12:00クレタ島出航。
16:30サントリーニ島到着。下船観光。白壁の集落で知られるイアの街に上がり 景観を楽 しむ。
21:30サントリ−ニ島出航

船中泊
第13日目

(5/25)

07:00 ピレウス港に帰港。下船。
バスにてアテネへ。アテネ市内観光。 (アクロポリスの丘、パルテノン神殿、新アクロポリス博物館、デイオニソス劇場、国立考古学博物館、第1回近代オリンピックが開かれた競技場、ゼウス神殿他

アテネ泊
第14日目

(5/26)

アテネ滞在

終日自由行動

アテネ泊
第15日目

(5/27)

午前中アテネ観光の残り。
古代アゴラ遺跡(ヘファイストス神殿、アタロスの柱博物館他)、アテネ市内シンンタグマ広場、19世紀の街並みが残るプラカ地区、他。
昼食後アテネ空港へ。
18:05 エミレ-ツ航空 EK210便アテネ空港発 23:35 ドバイ空港着
(飛行時間4時間30分、時差+1時間)

機中泊 
第16日目

(5/28)

02:40エミレ-ツ航空EK318便 ドバイ空港発。

17:35 成田空港帰着。
(時差+5時間、飛行時間10時間)
          ―ーー旅の雑感ー―ー

 先に書いたように 第一日目、第二日目は移動のみの行程で、途中経由地アラブ首長国
連邦のドバイ、ギリシャのアテネ空港、アテネからデルフィへのバス車窓風景などを並べて

おきます。 
 羽田→ドバイ 飛行時間11時間(時差-5時間)
 ドバイの空港は立ち寄るたびに大きくなっていますね。 
此処でアテネ行きの飛行機に乗り換えです。


(ドバイからアテネまでは飛行時間5時間、時差は更に+1時間です)

 
アテネ観光は後回しで、バスで北西200km先のデルフィにまず向かいます。

 
18:22 デルフィのAMALIAギテルに到着 

ギリシャの空はとてもきれいですね。
 
デルフイは古代ギリシャの信仰の中心地で アポロンの神託で有名であり紀元前
8-6世紀にギリシャ世界の中心として全盛を極めました。
 

明日は此処の世界遺産を眺めて回りますが まずはギリシャの夕景を楽しみました。
 
 なおここでギリシャの概要についても 記しておきます。 
ギリシャの概要
正式国名

ギリシャ共和国(HellenicRepubulic) 

面 積 約13万2000k屐 米本の約1/3) (ギリシャ本土のほかクレタ島・
ロドス島などエ−ゲ海の多くの島々からなる)
人 口 約1080万人   (2015年)
首 都 アテネ(人口約300万人)
政 体  共和制
民 族  現代ギリシャ人
宗 教 ギリシャ正教
言 語 現代ギリシャ語
歴 史 

・BC7000年頃紀元前クレタ島に新石器文化。 
・BC2000年頃青銅器を含むクレタ(ミノア)文明 
・BC16-13世紀 ミケーネ文明台頭。 
・BC1260頃ミケーネ王アガムメノンがギリシャ軍を率いてトロイアを攻撃、勝利(トロイア戦争) 
・BC1200年頃 北西からのドリア人ギリシャに侵攻、ミケ−ネ文明衰退 ・BC800年頃コリントス、アテネ、テ−ベ、スパスタなどギリシャ各地にポリス(都市国家]成立。アルファベット表記も誕生 
・BC700年頃政治文化も発展 海外植民地を求めてエーゲ海黒海
地方へ進出 
・BC776年第1回 オリンピア競技会 
・BC550頃 ペルシャ帝国(アケメノス朝)興隆。 
・BC490年頃 第一次ペルシャ戦争 アテネ軍勝利 
・BC478年 第2次ペルシャ戦争 ギリシャ連合軍勝利 
・BC431年 アテネとスパルタ間でペロポロネス戦争。 
・BC338年マケドニア王フィリッポス二世ギリシャを統治 
・BC334年後継者アレキサンドロス大王 ギリシャを越えて
       イ
ド北部に及ぶ大帝国樹立 
・BC322 アレキサンドロス大王逝去により帝国分裂 
・BC31年 ロ-マが地中海地方を統一 
・BC27年 ギリシャはロ-マの属州に 
・323年 首都がロ-マからビザンチンに移される 
・1054年 キリスト教会の東西分裂(東ロ-マに) 
・1453年オスマン帝国によりビザンチン帝国滅亡 
・ギリシャもオスマン帝国支配下に 
・1700年代後半 露土戦争でギリシャ国内は無政府状態に 
・1821年ギリシャ独立戦争始まる 
・1830年 ギリシャ独立 
・1914年 第一次世界大戦勃発 
・1924年ロ-ザンヌ条約により トルコ国内のギリシャ人と 
      ギリシャ国内のトルコ人との交換 
・1939年第二次世界大戦勃発 
・1973年ギリシャ共和国成立 
・1981年ECに加盟  
・(2001年から通貨もユ−ロを導入) 
・2010年 統計操作による巨額の財政赤字発覚。 
       ユ−ロ圏全体を巻き込む金融危機に。 

 軍  事 

 (1)予算 約46.4億ドル(2016年)

2)兵役 徴兵制:最長9ヵ月

3)兵力 陸軍9.35万人,海軍1.56万人空軍2.08万人
経済と
産  業
 
1 主要産業  観光業,海運業,鉱工業,農林水産業
2 GDP(実質) 1,852億ユーロ(2016年:IMF)
3 一人当たりGDP(実質) 17,091ユーロ(2016年:IMF)
4 経済成長率(対GDP比)0.06%(2016年,実質:IMF)
5 (消費者)物価上昇率  -0.1%(2016年:IMF)
6 失業率 23.3%(2016年:IMF)
7 総貿易額(1)輸出約254億ユーロ(2016年)
         (2)輸入 約441億ユーロ(2016年)
8 主要貿易品目(2016年:ギリシャ統計局)
輸出 燃料,食品,工業製品,化学製品等 、輸入 燃料,機械・送機器,化学製品,食品等 歴史欄の末尾に記したように 財政粉飾による 2010年のギリシャ危機はその後のEUによる第一次から第三次までの支援でどうやら持ちこたえておりまた主たる収入の観光収入の回復により辛うじて支えらえているが 2018年8月が第三次支援の期限であり

失業率の高さ、国債の発行高 公務員の多さとその給与水準の高さなど不安材料はのこっており 政情不安定もあって今後の動向が懸念されている。

     行程表へ