南米大自然写真紀行(2
第3・4日目  
8月29・30日
第三日目クイアバから北パンタナールへ。北パンタナール
終日観光。北パンタナール泊
第四日目北パンタナール ボートクルーズ。
午後クイアバに戻り空路ブラジルの首都ブラジリア経由
大西洋岸のサンルイスへ。サンルイス泊
前日飛行機遅れで北パンタナールに到着できず 8/29に日付が変わってから途中の
クイアバのホテルに到着し 就寝はみな午前2時近くになったにもかかわらず、8/29
遅れを取り戻すべく午前4:30モーニングコール 朝食後5:30にはバスで北パンタナール
へ。
 ポコネを経て8:00北パンタナールの観光開始です。
パンタナール湿原

ブラジル・パラグアイ・ボリビアの三ケ国にまたがり、日本国土の2倍の面積を持つ世界
最大の湿原(総面積195000K屐法1季にはパンタナール地方の80%が水没し、乾季
には干上がって湿原の面積は大きく変動するが パンタナールを縦断するパラグアイ川
の落差が小さく 多くの植生が繁茂するため保水力が高く湿原の豊水期と減水期間は
雨季・乾季とズレが生ずる。

植生のほか鳥類の豊富なことでも知られ 地質学・水文学・生態学の面でも特異な存在
であり
2000年に世界自然遺産に指定された。

 29日は パンタナールで 小サギ・中サギ・大サギ・青サギ、アメリカトキ・カワウ・フクロウ
など多種類の鳥を観察し、群舞する様も楽しみました。 
またメガネカイマン・大蛇アナコンダ・カピバラなどの動物も観察、夜はロッジからトラック
でナイトサファリ経験しました。
 30日は朝5.30からパンタナールの日の出ツアー。
 薄明かりの中に 木上に止まる二羽の鳥が日の出前の空を背景にシルエット
になって浮かび、日の出と同時に飛び立っていく姿が夢のようでしたね。
  8.30からボート・ツアーで水上から様々な鳥を観察、極めて真近に鳥の飛翔
も楽しむことができバード・ウオツチャーには堪らない環境ですね。

川辺でピラニア釣りも楽しんだ後ピラニアのから揚げなどで昼食。
 また今年はブラジルの国花イッペーの花期がやや遅れていて 緑の湿原に満開
のピンクや黄色の花も見事でした。29日朝から30日午後まで青空白雲の下 色
とりどりの鳥や花々を満喫できて大変良い気分でした。
 30日午後北パンタナールをバスで出発。16時過ぎにクイアバに到着。 
パンタナール観光中は快晴だったのに バスでクイアバに戻る途中肺然たる豪雨
となり
道路が一変して川のように水が流れるのをみてびっくりしましたがクイアバ
に就く前には綺麗に雨も上がりました。
クイアバ発17:30JJ3592便で一旦ブラジリアに飛び 20:00ブラジリア着(時差+H)
 ブラジリアで21:00発のJJ3572便に乗り換えてサンルイスへ向かう筈が、またも
トラブル発生。滑走路を序走し始めた機体下部から異音が!

結局メインテナンスをして実際に飛び立ったのが23時、サンルイスには約二時間
遅れの
31日午前2:10.サンルイスのホテルへのチェックインが午前3時。
なかなか大変な旅行となりました。
 なお、ここでお許しを願わなければならないのは 今回の旅行中撮りためた
写真を納めたEPSONの80GBの画像ストレージを 帰路最終日アメリカのヒュー
ストンで紛失してしまい 今回の写真紀行用の写真の大半が喪失してしまった
ことです。
写真を撮る者として 大事な画像をまとめて紛失してしまうなどお恥ずかしい限り
ですがカメラのSDメモリーカードから毎日ストレージへ移し 移し終わったカード
は次の撮影用に使っていたのが仇となり、大失態です。
 ツアーメンバーの一人で同じ世田谷区の尾山台に住むN氏に窮状を話した
ところ 同氏撮影の写真の貸与を快諾して届けてくださったので それも利用させ
ていただき(借用写真にはN氏撮影と明記)、なんとか写真紀行の体裁を作ること
ができそうです。
レンソイスの白砂漠についても同様で、僅かにギアナ高地のテーブルマウンテン
やエンゼルフォールの分についてのみもう1枚のSDメモリーカードに残っていた
小生撮影のものを活用する予定です。
 
     行程表へ