南米大自然写真紀行(4
第6日目  
9月1日
6日目レンソイス・マラニアンセス国立公園。
午前プレグイシャス川クルーズ現地人部落訪問。

午後レンソイス砂丘観光、落日見物。
8:40ホテルを出てバヘリーニャスのプレグレイシャス川船着き場へ行き、
プレグレイシャス川下流へ向かってのボートクルーズです。
20分ほど走ってタイプイヨ村のジョゼマリア一家を訪問、このあたりに育つ
植物ブルチャッツ・アサイヤシ・ババスヤシ・ビナグレ・アセロラ・バナナなど
の説明、これらを使って食料にしたり蔓を割いて日用品を編んだりして暮し
ているようですね。

次いで、マンジョーカの粉作りの工程を見学。
マンジョーカはこのあたりの主食でタロイモをすりおろし、ブリチャツで編んだ
細長い籠で水分を絞り、裏ごしをし、熱した鉄板の上で炒ってマンジョーカの
粉をとるという数段階の工程ですが、その間上澄み液で調味料を作ったり、
沈殿液からタピオカというクレープ風のオヤキの原料を採ったり、材料を無駄
なく使って生活のいろいろな面に活用する工夫ををしているようでした。
 結構手間のかかる工程で 親戚関係の数家族が協力して作っていましたね。
マンジョーカは肉や野菜と一緒に食するようです。
ジョゼマリア一家から我々一人一人にココナッツを割ってのジュースの歓待を
受け 再びボートクルーズで11:20バヘリーニャスへ帰着。
宿へ帰って昼食後小憩し(あまり早く出かけるとレンソイスの砂丘の砂が暑いので) 
14:00
ホテル発四輪駆動車で、北西に15kmほど
離れたレンソイス・マラニアン
国立公園の砂丘地帯へ。
レンソイス・マラニアンセス国立公園

「レンソイス・マラニアンセス」はポルトガル語で「マラニヨンのシーツ」
という意味だとか。大西洋に面した1550k(東京23区のおよそ2
強の面積)の広さに 白い砂丘が広がり、その間にエメラルド色の湖
が点在する様は まさに絶景。

この白い砂は100%石英で、強い日の光を反射してきれきらと輝く。

この白い砂丘の生成は、「国立公園から100km南のパラナイーバ川
が上流から石英を含んだ土砂を大西洋にそそぎこみ、沿岸流によっ
て国立公園に面した海岸まで運ばれ、その間石英以外の混入物は
砕け散って海水に混じるが石英は砕かれずに残って海岸に打ち上
げられ、大西洋から吹く強風によって国立公園に吹き飛ばされ 数万
年かかって現在のような幅50kmに及ぶ白い砂丘群ができたもの」

と言われている。

 また 半年ごとの雨季(1-6月)には 砂丘の間に無数の湖が出現し、
小さな魚も泳いでいる。乾季には 徐々に干上がって無くなる湖が多
いが 魚は不思議なことにまた雨季になるとあらわれてくる。

 石英の砂丘の下には粘土層があり 白砂の表面は干上がってもその
下に水分が保たれ そこに産み付けられた卵が乾季を越えてまた雨季
になると孵化するのではという説が強い。

カメやカエル生息しているが これも砂丘の下の含水層にもぐって乾季
をやり過ごしているようである。

 途中4WD2台ずつ渡し船でプレキサス川を渡ったり、その後もガタガタの
砂道や水たまりを4WDで走破し 15:30砂丘地帯の端のラゴーナ(湖)に到着。
プレギサス・ラゴーナ、エメラルド・ラゴーナ、ブルーク・ラゴーナなどいくつか
の湖を廻りました。
(ここも一眼レフで100枚以上写真を撮ったのですが、例のストレージ紛失で
画像が喪失したので 現地で買った絵葉書2枚と N氏から借用の画像数枚を
利用させてもらいます)
皆 服を脱いで 着用してきた水着で湖で泳いだり、砂丘を駆け下りたり、それ
ぞれに大いに楽しみました。
 (今回持参した水深5mまでOKのペンタックス OptioW80というポケットデジカメ
は ここでは心強い道具で水に入って写真を撮ったり、水中の小さな魚を撮るの
に便利しました)
その後落日の時間まで遊んで 入り日の写真を撮り また4WDに揺られ、
川を2台ずつフェリーで渡り 暗くなってホテルに帰りつきました。     

今夜も民宿ポサ−ダに連泊です。

 
     行程表へ