南米大自然写真紀行(6
第8・9日目  
9月3・4日

8日目サンルイス発空路ブラジリア経由ボアビスタ
へ移動。

9日目ボアビスタからバスにて国境を越えベネズエラ
へ入国
カナイマ国立公園ハスペの谷など観光。サンタエレナ泊
9月3日サンルイスのホテルでほんの少しだけ仮眠をとって030分ホテル発、
02:10 タム航空JJ3181便にてサンルイス空港発 ブラジリアへ04:30到着
(飛行時間2時間20分)ここでボアビスタ行乗継便の出発まで5時間余り時間
待ちです。
(早朝なので 空港もガランとしていましたが さすがに首都空港 立派なもので、
かつ待合ロビーが建物の外に近く たばこを吸うには便利でした)


9:45 マナウス経由 ボアビスタ行 タム航空3540便 ブラジリア発
(途中マナウス近辺でアマゾン川の空からの景観も楽しみました。)
13:30 ボアビスタ空港着
14:30 ボアビスタのAIPANA Hotelにチェックイン。今夜はここで一泊です。
(夕方 町を流れるブランコ川(ベネズエラから始まり 下流でネグロ川と合流、
さらにマナウスから10km下流でソリモインス川と合流して大河アマゾンとなる)
へ散歩がてら見物に行きました。
 9月4日 8.00バスでボアビスタ出発 ベネズエラとの国境の町パラカイマまで
220km北上です。

パラカイマの近くは現地人 マクツ族・タウレバン族・ヤノマシ族の保護区となっ
ており
そのひとつスルムー村も通過しました。

11:00パラカイマ到着、ブラジル側出国手続きのあとベネズエラ入国手続き。

 ここでバスも現地ガイドも交代。言語もポルトガル語からスペイン語へ変わります。
(時差修正も−30分。この30分という単位の時差修正は困ったもので、小生の
電波時計は日本で電波で合わせ 以後は地域ごとに1時間単位で補正する仕組
みとなっているため 30分単位での補正の仕方が分からず 往生しました)
ソソソソベネゼズエラの概略
国 名 ベネズエラ・ボリバル共和国
面 積 912.050k屐米本の約2.4倍、-因みにブラジルは80512000k
日本の22.5-
人 口 2800万人(因みにブラジルは19400万人-日本は12700万人)
首 都 カラカス
人 種 混血66%、白人22%、黒人10%、先住民2%
(因みにブラジルは欧州系55%、混血38%、その他)
言 語 スペイン語(ブラジルはポルトガル語)
地理と
政体

南アメリカ大陸の北部に位置する共和制国家。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルとい国境を接し、北はカリブ海・大西洋にに面し カリブ世界の一員ともとらえられている。ギアナ高地など世界でも珍しい自然環境を保持しているほか、鉱物資源の豊かさでも知られ、当初は貧しい農業国であったが 1930年代から石油などの発見が相次ぎ1960年代には石油輸出額が世界第3位になり 
さらに2009年にはベネズエラ湾で大規模な天然ガスも発見、鉄鉱石、アルミ産業とともに資源面で世界の注目を集めている。
日本との関係も深い。 

元 首 ウゴ・チャペス・フリアス大統領
反米と強権的な統治で知られる一方 貧しい者への救済にも力を
注ぎ、国民も支持派と不支持派に二分されている。
歴 史 ・前コロンブス時代: 先住民族インデイアナによる狩猟と農耕社会
・スペイン植民地時代 16世紀からスペイン人の侵入が始まり1567年にカラカスが建設される。カカオのプランテーション農業主体。
・独立戦争:ベネズエラはアルゼンチンとともにスペイン植民地の辺境であったために独立に有利な状況にあり、1811年にはボリーバルとミランダ等がべネズエラ第一共和国を樹立、スペインの介入と地震などにより一旦瓦解するが、1821年ボリビア共和国として再独立。
しかしその後もコロンビアとの関係で政変も繰り返された。

・グスマン・ブランコの独裁:1870年保守派のグスマン・ブランコが
政権を把握、
18年間独裁政治を続けた。
・ファン・ビセンテ・ゴメスの独裁: 1908-1935
・マルコス・ペレス・ヒメネスの独裁:1952-1958
・ウーゴ・チャぺスによる現体制:このように民主政体の間を挟んで 将軍による軍部独裁体制が続いたが1999年現大統領・ウーゴ・チャぺスがベネズエラ・ボリバル共和国を樹立
2002年に米国CIAの援助によるクーデターで失脚するもクーデターは3日で失敗、チャぺスが政権に復帰し現在に至る。 
 12:10 サンタ・エレナの ぺトイ・キャンプ到着。
チェック・インと昼食。
 サンタエレナはベネズエラ側のブラジルとの国境の町(人口15.000人)カナイマ
国立公園、ギアナ高地の観光拠点です。

13:45 ロッジで一休みののち バスにてグラン・サバンナを北上してカナイマ国立
公園へ。
 15:00 カナイマ国立公園内フケナン川の支流 ハスペの谷に到着。
このあたりはジャスパー(碧玉-不純物を含む石英の一種)の一枚岩で、オレンジ色
をしており とても滑りやすい。皆水着に足には靴下をはいて滑り止めとし、それぞれ
に滝の水を浴びて楽しみました。


緩やかな川床の上を水が流れるので 勢いをつけて腹這いになると「川床の
腹滑り」もできるようで 外人や 我々ツアー数人もトライしてはしゃいでいました。
夕方 ビューポイントでテプイ(テーブル・マウンテン)の遠望や、サバンナに沈む
夕日の綺麗だったこと!。
 まずはギアナ高地の入口初見参といったところです。
サンタエレナのぺトイ・キャンプのロッジに帰着して 夕食。一泊。

(明日は 遊覧飛行を兼ねてセスナに分乗してカナイマに移動するのにスーツ
ケースは積みこめないので97日のプエルト・オルダスへ別途陸送、そのため
2
3日分の荷物のボストンバックなどへの詰め替え作業で皆忙しい一夜でした)

 
     行程表へ