南米大自然写真紀行(7-1
第10日目  
9月5日
10日目早朝 サンタエレナからヘリでギアナ高地
テーブル・マウンテンの山頂に着陸をトライ(オプション)
 9/5はサンタエレナからカナイマへのセスナでの移動ですが それに先だって 
ヘリコプターをチャーターしてロライマまたはクケナンのいずれかのテプリ(テー
ブル・マウンテン)への着陸を試みるオプショナルツアーがあります。

 (ヘリ料金一人約500ドル)日本出発前に仮予約してほぼ全員がトライすること
になりました。
カナイマ国立公園 ギアナ高地 テーブルマウンテン

 カナイマ国立公園は1962年ベネズエラの国立公園指定、1994年ユネスコ
の世界自然遺産に指定され面積は30,000k岼幣 関東地方(東京・神奈川・
千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木)にほぼ匹敵し、四国の約1.6倍。

未だに人類未踏の場所もあり 世界最後の秘境と言われている。
 ジャングルの中にの中にテーブルマウンテンが大小100余リ浮かぶ一帯が
あり<これがギアナ高地である。

 ギアナ高地を形成している岩石は おもに20億年前に生成された花崗岩で 
このあたりがアメリカ大陸とアフリカ大陸が分裂した折の回転軸の中心だった
ため火山噴火や地震などの影響をほとんど受けずゴンドアナ大陸の頃の地球
最古の岩盤がそのまま残っている。

 テーブルマウンテンの最大のものは ロライマ・テプリで標高2.810mサバンナ
の中に切り立った崖は1.000m 遠くから眺めてもそ実に巨大な軍艦が横たわっ
ているよう。

 その隣のクケナン・テプリも巨大で さらに北西部のカナイマ近くにはアウヤン・
テプイがあり ここに世界最大の落差979mを誇るサルト・アンヘル(通称エンゼ
ル・フォール)が懸っている。
9/5 早朝5:00モーニングコールで 5:45サンタエレナの ヘリポートへ。
6:00発と7:00発の2回に分乗することになったが 前夜くじ引きでリに乗る
順番をひいたところ平素クジ運の悪い小生が一番を引き当て 第1便の操縦席
横の1等席となりました。
(このリ・ツアーは テーブルマウンテンの天候が変わりやすく 飛べないことも
多いし
飛んでも 頂上着陸ができないことが多く、さらに一旦飛び立ったら頂上
着陸できなくても
料金は返却しないというもの。
したがって霧が少ない朝早いほうが可能性が高い。
因みに料金は乗客6人(操縦席横1人、中列2人、後席3人)となったため一人340
米ドルとなりました。
 (ここから数日分は喪失したストレージとは別にSDカードに画像を残していた
ため小生の一眼レフカメラ・ニコンD-90の画像です)
6:10 ヘリはサンタエレナのヘリポートを離陸。ロライマ、クケナンテプイへ向かいます。
早朝のサンタエレナ周辺のギアナ高地の風景も 何ともいえず良いですね。
25分ほど飛行すると ロライマ、クケナンの両テーブルマウンテンが見えてきました
が 生憎ガスが懸っています。
 しかし さすがに壮大なものですね。

ガスの切れ間を縫って クケナンテプイのほうに着陸成功!

20億年前の岩石とあって 月世界にでも着いたような不思議な気分ですね。
 着陸できないことも多いうえ 天候が変わりやすいので着陸しても5分程度
といわれていた滞在時間も パイロットが親切で20分近く滞在してくれ 山上
台地の散策も楽しめました。
7:05山上台地を離陸、離陸してすぐまたガスが懸ってきました。
テーブルマウンテンの天気は本当に変わりやすいようです。
 帰路テーブルマウンテンにたくさんある滝の一つに接近<、しぶきが懸るほど
ヘリで近づきしかも反対側の窓の人にも見えるようにホバリングしながら滝のまじ
かで二回転。
サービス精神に富んだ しかも操縦技術抜群の良いパイロットに巡り合って
大ラッキーでした。
 7:37 警備犬とヘリ第二陣組の出迎えを受けてヘリポート帰着。

一旦サンタエレナのペトイキャンプに戻り朝食。


小憩して カナイマへの移動に備えます。

 
     行程表へ