第十日目
 終日パイネ国立公園観光・ハイキング 

この日は パイネ国立公園の中をバスとハイキングであちこち
見て歩く日です。
パイネ国立公園

トーレス・デル・パイネ国立公園というのが正式名称で、
面積1630k屐陛豕都とほぼ同じ大きさ)

1200万年前 地下から花崗岩の岩山が隆起し、その後、岩を覆って
いた白亜紀の唯積岩が氷河の侵食によって取り除かれ変化にとんだ
山容となっている。

多くの湖沼、氷河・小川が散在し 峻険な山々と相まって素晴らしい
景観を呈し、又グアナコ・ピューマ・アカキツネ・ハイイロキツネなど
の他、コンドルなどの猛禽類・クロエリハクチョウ
・チリフラミンゴ・
ニャンドウ(レア)
など鳥類も豊富で、まさに美しい自然の宝庫である。
国立公園指定は1959年。年平均気温は6.5℃、西側は降雨・降雪が
多く、東側は年間を通じ強風が吹き また天候が変わりやすいのも
パタゴニア地方ならではである。

朝から天気は良好ですが、何しろパタゴニア地方、風が強く、
昨日もチリ国境検問所で紐をつけて首に括っていた帽子が
飛ばされかかったので、帽子はやめ 朝9.30バスでホテル出発
です。

  ペオエ湖を見下ろす高台で写真ストップ。

  (湖の中島の 橋でつながっている建物は 今日我々が昼食をとる
  予定のレストランです)今日はペイネの角も頂上までハッキリ
  見えます。

  

ノルデンボルド湖からペオエ湖に注ぐサルト・グランデ
(「大きな滝」の意。
「パイネ大滝」と略称しておきましょう)の近くまでバスで
行ってそこから 11.00ハイキング開始です。

  

何しろ凄い強風で 帽子が飛ばされるどころか 体が水の中に
吹き落とされないようにするのに懸命です。

ガイドさんが「帽子が飛ぶだけでなく隣の人の体が飛んでくる
ので要注意です!」といったのが冗談とは思えないほど・・。
 
強風の中パイネの角を目前に、ノルデンホルド湖を眼下に見下
ろす展望台小憩。 
その後更に歩いてバスまで戻り、14.00ペオエ湖畔のレストラン
ペオエで昼食。



タバコを吸いに外へ出たら、景色の良い高台があると教えて
くれたので少しだけ登り一人でペオエ湖の俯瞰を楽しみました。

バスでグレイ湖畔の ラゴ・グレイホテルに16.10帰着。
元気のある人たちは グレイ湖畔のハイキングに16.30から再度
出かけていきましたが、当方夫婦は風呂に入り、バーで軽い飲み
物を楽しんだ後、ホテルの湖畔でペイネ・グランデの頂上が雲か
ら晴れるのを
待機しました。
その甲斐あって、18.12 一瞬でしたが頂上までクッキリした
パイネ・グランデの姿を写真に捉えることが出来ました。

パイネ・グランデは北峰・主峰(3050m)中央峰・パリローチェ峰
に別れ
万年雪を頂いて、東側にはフランス氷河が流れ出して
います。


初登頂は1957年イタリア隊。パイネの山々は標高はさほどで
はないが、多量の降雪・強風・天候変化などにより登山の難易度
はきわめて高いとされ、登頂例は多くないようです。
今日も天候はまずまずで色々な景観も楽しめ、ハイキングでは
パタゴニア名物の強風も体験でき、これも満足すべき一日でした。
南米パタゴニア
写真紀行目次に