第十三日目

ブンタ・アレーナスからマゼラン海峡を
渡り
ウシュアイアへ移動。  

今日は約670kmの大移動日。

ブンタ・アレーナスから、東に進み、マゼラン海峡の一番狭い部
分でフェゴ島へ渡り、フェゴ島を南南東に下がって途中国境を
越えてチリからアルゼンチンへ再入国 更に南に下ってウシュ
アイアまでという行程です。

今回の旅行では 今までさほど早朝出発というのは少なかった
のですが、この日は4.45モーニングコール、5.15朝食、6.00バス
出発といった具合です。

ブンタ・アレーナス出発後1時間ほどでバスの前方が朝焼けで
雲が真っ赤になり、綺麗な眺めでした。

7.55マゼラン海峡を渡るフェリー乗り場に到着。
待つことしばらくで対岸からフェリー接岸。
バスごとフェリーに乗り込み20分ほどで対岸のフェゴ島へ。

マゼラン海峡を渡る時間が短すぎるのが不満なほど あっ
という間に着いてしまいましたが、風は少々あったものの
海峡は波穏やかで、途中チラッとイルカも見ることができ
朝のマゼラン海峡渡りは快適でした。

ところで、フェゴ島といっても面積は48000K

日本の九州よりやや広い大きさで、マゼラン海峡・ビーグル
水道・大西洋に囲まれ、ほぼ真ん中を南北にチリとアルゼンチン
の国境が走っています。

フェゴとは「火」のことで、1520年大西洋を南下していた
マゼランはこの辺りで断崖の上にいくつもの火を見つけ、ここ
を「テイエラ・デル・フェゴ(火の大地)」と名づけたもの。
(この火は当時の原住民がマゼランの艦隊を見つけた警報の
松明のものだったと推定されている)

バスはパンパ(草原)の中をひたすら走り、10.55フェゴ島内の
国境検問所を通って チリ領からアルゼンチン領へ再入国。
今回は国境通過も比較的スムースでした。
(当然ここでバス現地ガイドもチェンジです)

今日は走行距離が長いので、バスの車中でランチボックスの
お弁当。

(当方は予め日本から持参し前夜作っておいたアルファ米の
五目御飯のオニギリに、ポットのお湯で味噌汁、それに沢庵や
カラシ菜の佃煮で優雅に。 
それに添乗員さん提供のオニギリも加わり、なかなかリッチ
なお弁当となりました)

16.10ファニャーノ湖(長さ110k=アルゼンチンで一番長い湖)
で小憩、山道を走りながらフェゴ島の南端 ウシュアイアへ。

18.00 ウシュアイアのホテル アルバトロスへ到着。

ウシュアイアは南緯5848分。
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから3250km、逆に南極
からは1000km足らず
世界最南端 最果ての街として有名です。
(因みに、南極迄の距離は南アフリカの喜望峰で3600km、
ニュージランドのダニーデンで2300km、タスマニア島から
でも2250km)

ウシュアイアのホテル アルバトロスはウシュアイアの波止場
がすぐ前で後ろ側にはメインのショッピング街が通っており、
極めて至便なロケーションでした。

ここに今夜から二連泊し、パタゴニア最後の観光を楽しむこと
になります。 


南米パタゴニア
写真紀行目次に