第十四日目

  ウシュアイア観光。

 
今日はウシュアイアの観光。
ウシュアイアとは先住民の言葉で「西を向いた湾」。
ビーグル水道が西に入り込んだ湾の内側にあり、アンデス山脈
の南端が街の背後に迫っている。

南緯55度、年間を通じて強風が吹き、夏でも平均気温は9℃前後、
世界最南端の町ですね。
今まで、モレノ氷河と、パイネ国立公園でのハイキングの折を
除いては、
パタゴニア地方としては暖かめの日が続いたのです
が、今日は肌寒くいくらか着込む感じでした。天気もやや曇り
勝ち。

バスは8.15にホテルを出て、まずは世界最南端を走る蒸気
機関車牽引の観光列車「世界の果て号」に乗るべく街から25km
離れた「最果て駅」へ。


この列車は そもそもウイシュアイア開発のため 街に作られた
刑務所の囚人を使って建築用材・暖房用・発電用の木材を伐採
させるための木材運搬用の鉄道として1910年に建設されたもの
ですが、現在では路線の一部を使って観光用の列車を運行して
いるもの。
8.40「最果て駅」到着。


ここで待望の「世界の果て号」に乗り込み 9.00発車。
途中「マカレナの滝駅」で停車して付近の風物を眺めた後、
10.00終着駅「公園駅」に到着。
長年南極ブナを主体に伐採を続けたため、森林の再生が進まず、
途中多数の切り株が乱立した空き地が目立つが 地表には草が
生えていて
小川も流れ、良い景色ではあります。
面白いのは切り株の高さが違うこと。夏に伐採した後は地表
ギリギリに、冬に伐採した後は 積雪の高さの分だけ地表から
高くなっているわけです。
列車を降りて フェゴ国立公園内ロカ湖周辺を散歩。
フェゴ国立公園は自然保護のため1960年に設定された国立公園
で面積は630k、東京都の1/3ぐらいの広さですが、山々・川・湖
の織りなす美しい公園です。


散歩コースの途中でも、野生のリスを見かけ、また川には
ビーバーがダムを作り、キツネや鳥類も生息しています。


(もっともカナダから移入されたビーバーは増えすぎ、
45000匹にもなって
木を倒し、川を堰き止めで環境破壊の被害
が深刻となり最近は人為的に個体数を調整しているとか。)
 
11.40 ラパタイヤ湾近くで パンアメリカン・ハイウエイ終点
の標識が!
パンアメリカン・ハイウエイは、南北アメリカ
大陸を縦断する長い長い道で
1923年米州国際会議で提唱され、
各国の主要道路をつなげてパンアメリカンハイウエイととして
整備されたもので、先年ペルーのナスカ地上絵地帯をまっすぎ
に走っている様を空中から眺めたことがありますが、アラスカ
のフェアバンクスからここアルゼンチン南端のウシュアイア
まで、14ケ国を経由して全長17.848km!

まこと南北アメリカ大陸を貫く長大なものですね。 
この標識は予期していなかっただけに、ちょっとした感慨でした。
フェゴ国立公園内の散策を終えて 12.30からレストランで
昼食、バス
に乗って14.10ホテル。アルバトロスへ帰着しました。
実は当初予定ではこの日の午後ビーグル水道クルーズとなって
いたのですが都合で翌日に切り替わったため午後はウシュアイ
アの中心街など各自自由にすごすことになりました。
我々は最初「世界の果て博物館」というウイシュアイアの歴史
展示物のある小さな博物館を見学、ビーグル号のダーウイン
の写真なども眺めた後、波止場から中心の商店街など夫婦で
ノンビリ散策しました

驚いたのは途中から多数の日本人とすれ違うようになったこと!
世界各地 観光地といえば日本人の団体と遭遇するのは当たり
前になっていますが、今回の旅行は世界最果ての地パタゴニア
ということでまず日本人に会うことはほとんど無く、アルゼン
チン・チリを旅行中は、途中ただ一回ワールド旅行社の十数人
のツアーにすれ違ったのと 個人旅行の数人に遭遇したのみ。

それが 今日の夕方ウイシュアイアの中心通りが日本人ばかり
になってしまったのです!

聞いてみると、日本の長期クルーズ船ピース・ボートが夕方南極
圏に行く途中ウイシュアイアに夕方入港したのだとのこと。

クルーズ期間110日、乗客970名、しかもそのほとんどが日本人。
乗組員を入れて千人以上の日本人が 一斉にこの小さな町に
繰り出してきたのですから・・・・。

日本人は いつも群れていて世界どこでも目立つといわれて
いますが
「目立つ」どころではなく、小さな町の中心が「占拠」
されたような有様でした。

(出会った乗客の一組の夫婦に聞いてみると、「船内すべて
日本語が通じ、日本食にもありつけるのは良いのだが、110
間も日本人ばかりで船旅を続けていると海外旅行をしている
気分にならない」と嘆いていましたが、その気持ちも判る様な
気がしました)
夜は ホテルのレストランで波止場見下ろしながら夕食。
最近はウシュアイア名物の南極蟹も漁獲量が少なく
なって予約しないと食べられなくなりましたが、別注文
で我々夫妻も「ソレラシキモノ」を食べました。

南米パタゴニア写真紀行目次に