第十六日目


ブエノスアイレスからアメリカ
マイアミへ。
マイアミ湾内クルーズ。

 前夜、ブエノスアイレスでタンゴ・ショウを楽しんだ後、この日
午前2時30分AR1302便にて南米を離れ、ほぼ9時間の飛行で8.20
アメリカフロリダ半島のマイアミ到着(時差調整+3時間)
ここ
で往路と同じ空港至近のホテル(
レッド・ルーフ・イン)で一泊
ですがツアーでは特にスケジュールがなく、また食事も含まれ
ておりません。

そこで往路のときと同様、有志でミニ・バンをチャーターして
14.00
からマイアミのベイサイド マーケットプレイスへ出かけ
ました。


まずはマイアミの海を眺めながら 遅めの昼食。

我々夫婦は少しおごってロブスターのボイルとストーン・クラブ
(
石蟹の爪)を注文、勿論持参の醤油とチューブ入りワサビをつけ
て舌鼓を打ちました。
16.00からマイアミのベイサイド・クルーズという観光船に乗船。
マイアミの港の彼方此方と、海辺の高級アパート群、映画俳優や
資産家の別荘地帯を海から見て廻りました。


さすがアメリカ有数の保養地、プールやモーターボートを備えた
豪華な邸宅が揃っていますね。


 またマイアミはカリブ海クルーズの拠点で色々な大きさの
クルーズ船のほか、十万トン近い大きな豪華客船が何隻も岸壁
に横付けになっていました。


我々が湾内遊覧中 そのうちの一隻が出航し目の前を横切って
いきましたが船名にNORWEGIAN PEARLとありました。

後でインターネットで検索してみると カリブ海やアラスカ、
その他世界のクルーズで活躍する、就航してまだ一年ちょっと
の新しい豪華客船のようです。

Norwegian Pearl200612月就航。93530総トン。
全長965フィート。客室数1197。乗客定員2394人。
船内にはレストランが12、プールは勿論、1042人収容の劇場、
カジノ、
ボーリング場、ロッククライミング用の岩壁まである
凄い船ですね。
最近日本でも「飛鳥」など大型客船によるクルーズを利用する
人も増えてきて3ヶ月程度の船旅で一千万円を越える船室から
先に予約が埋まっていくという話を聞きますが、世界の金持ち
を相手にするこのNORWEGIAN PEARL号などは ホームページの
写真を眺めているだけでも また桁違いに豪華なようです。

我々は湾内クルーズを終え、またチャーターしたミニ・バンで
ホテルに18.30帰着。
夕食はホテル自室で持参した食料整理。アルファ米の五目御飯、
味噌汁、椎茸昆布、などなど。
これも結構落ち着いた気分になって「なかなか良し!」でした。
南米パタゴニア写真紀行目次に