第五日目

メンドーサからブエノスアイレス経由
カラファテに移動 カラファテ泊。

 この日も移動日で 朝8.00ホテル発 10.20メンドーサ空港から
 2時間掛けて一旦ブエノスアイレスへ戻り、
 14.30ブエノスアイレス発AR288便にて
17.15カラファテ空港着で、いよいよパタゴニア地方に入りました。
アルゼンチンは面積278万k(日本の約7倍)人口は約4000万人ですが、
南北に長い国土で飛行機の便もブエノスアイレス中心で、何かというと
ブエノスまで戻らないといけないのが不便ですね。
エル・カラファテは人口5000人ほどの小さな町ですが、ロス・グラシアレス
国立公園(氷河国立公園)観光の拠点となる町で、10月下旬から3月下旬まで
に人口の10−20倍の5−10万人の観光客が訪れる町です。
カラファテとはパタゴニア南部でよく見られる低木の名で、その赤黒い実を
食べた人は再びパタゴニアに戻ってくるという言い伝えがあるとか・・・・。
 小さな町ですが 傍らのラゴ・アルヘンチーノ(アルゼンチン湖)が美しく、
飛行機で降りていくと 多数の山々に囲まれて 素晴らしい眺めでした。
この日からこの町の小さなホテル パタゴンに二連泊です。
パタゴニア地方

パタゴニア地方の名前は マゼラン海峡に名を残すマゼランが1520年に
このあたりを旅した折に、グアナコの毛皮で出来た履物で大きな足跡を
つけて歩く原住民を見て、Pata(=足)Gon(=大きい)といい、それ
がパタゴニアの語源となったといわれている。

 パタゴニア地方とは南米大陸のコロラド河を境にほぼ南緯40度以南
の土地を指し、北半球の緯度に当てはめると 日本の東北地方から
北海道、サハリンの先まで含まれ 面積は110万k屐日本全体の
約3倍。

 南北に連なるアンデス山脈を境にチリ側とアルゼンチン側に分かれる
チリ側はフィヨルドが複雑に入込んだ山と湖の多い地形で雨も多いの
に対し、アルゼンチン側は北部は広大なパンパ(草原)、南部は乾燥し
た不毛の大地が広がる。

 (アルゼンチン側でもエル・カラファテ周辺は山と湖が多い)
いずれにせよ パタゴニア全体を通じて「風の大地」という特徴を持ち
年間を通じて強風が吹き、パタゴニア地方の主要樹木南極ブナはみな風
に靡いた形で生育し草花も茎が短く地面に這い蹲うように咲いている。

又、天候の変化が急速で一日のうち極端に言えば10分毎に変わるほど。
動植物の種類も豊富で 広い土地と合わさって まさに「大自然」を感じ
させてくれる地域である。

なおヨーロッパ人の入植前にこの地方に住んでいたヤーガン族・オーナ
ー族・セルクナム族は 現在ほぼ絶滅に近い状況となっている。


南米パタゴニア写真紀行目次に