第六日目


カラファテからロス・グラシアス氷河
公園ペリト・モレノ氷河観光。

 この日はペリト・モレノ氷河の観光日。
ロス・グラシアス氷河公園
ロス・グラシアス氷河公園は、太平洋側からの湿った風がアンデス
山脈にぶつかって雪を降らせ、これが斜面を少しずつ滑り降りて
きてお互いの圧力で氷の結晶となって氷河となり、アルゼンチン側
に流れてきてこのあたりに氷河地帯を作っているもので、南極、グリ
ーンランドに次ぐ世界第三位の氷河群で 山と湖に囲まれた一帯の
風景は素晴らしく、又氷河の速度が速いのも特徴で、1937年に国立
公園指定、1981年にはユネスコの世界遺産にも登録されました。

特にモレノ氷河は、標高2950mの上端から標高185mのアルゼンチ湖
に至る末端まで全長約30km、面積195k、末端部では上からの圧力
と湖水の侵食で 次々に水面に崩落する様が素晴らしいと評判です。

またこの氷河は移動速度が早いのでも有名で、年に600-800mの速度
で移動、一日に約2mのスピードとなります。

1952年には年間1800mの最高速度を記録しました。
氷河末端の水面上の高さは60-70m、水面下にも100mほど続いている
ようです。

ことにこの氷河は氷河末端に極近づいて水上から、またこれも極近く
の陸上展望台から眺められることも貴重な存在です。

 8.00未だ暗い中 カラファテのホテルを出発。
バスはアルゼンチン湖岸に沿って移動し、途中日の出を
迎えました。



9.00にロス・グラシアス国立公園のゲート通過。
更に走って、モレノ氷河の末端につながるリコ水道の湖岸
から10.30観光船に乗り水上からのペリト・モレノ氷河の
観光です。
船は本当に氷河の末端近くまで近寄り、まるで目の前に20
建てのビルに相当する氷の壁が聳え立つている感じです。
 又、空に雲が多く その間から洩れ出でる日の光が 刻々に
場所を替えていくので あたかもスポットライトを浴びる
間所が変わっていくようで不思議な幻想的なシーンが見られ
ました。
昼食後は 岸の上の展望所からの観光です。
これも氷河末端に真近で、素晴らしい景観でした。
 先に氷河の末端が湖水に次々に崩落すると書きましたが、
実際にはふらっと行った観光客がなかなか上手い具合に見物
できる物ではなく、人間の頭大の氷片の落下は別として 壁の
大きな部分が崩落する場面などにはまず遭遇できません。

しかし氷にクラックが入る音は絶えず発生していて、なか
なかの迫力です。

また水面下で水の浸食により氷が割れて かなり大きな塊が
崩落とは逆に水中から浮いてくる場面もしばしばです。
我々は何とか壁の崩落に出会いたいものと 防寒具を厳重に
2時間ほど展望所で頑張ることにしました。

(短時間ならさほどではないのですが、長時間立っていると
氷河の冷気で体がシンシンと冷えてきます。)
所がなんと眺め始めて20分程で大きな壁が崩落するのに出遭
えたのです!

写真にも収めることが出来ました!
その後の一時間半あまりはまったく大きな崩落はなかった
ので、これはよほど運が付いていたことになりましょう!


従来ノルウエーやアラスカで何回も氷河見物の機会があり
ましたが、
目の前で現実の氷河崩落を目にしたのは初めて
の経験だけに、大満足でした。


来た道を帰ってきて 16.30カラファテのHパタゴンに帰着。
この日も同ホテルに連泊です。
南米パタゴニア写真紀行目次に