第二日目 午前 9月24日
サンクト・ペテルブルグ観光        
いよいよ今日からサンクト・ペテルブルグの観光です。
 ロシアの首都というとモスクワとなりますが 1918年ソ連邦成立ののちサンクト・
ペテルブルグから首都移転されたものであって それまでの200年余り帝政
ロシア
ロマノフ王朝の首都として、またロシアの文化・芸術の中心として繁栄を
つづけ
今に至るも 観光客はモスクをより多いといわれています。
ごく簡単にサンクト・ペテルブルグの概要を記しておきます。

サンクト・ペテルブルグの概要
面 積 (市域)1431
人 口 (市域)456万人
歴 史

1703年 ロマノフ王朝のピヨートル大帝が ロシア近代化
の拠点として バルト海に面したネヴァ河火口沼沢地に港
と要塞を建設したことに始まる人工都市。

・西欧諸国の近代化に大きく遅れていたロマノフ王朝は
バルト海に面した此処を西欧文化導入の窓口として壮大
な宮殿を次々に建設。
またネヴァ川が ヴォルガ川を通じ
てモスクワ川更にはカスピ海とも結んでいることを利用して
帝国支配の要として成長させた。

 数百年に渡る過酷な農奴制度への反発、一部開明青年
貴族将校による1825年のデカブリストの反乱を経て、1917
の工場労働者・兵士のよる二月革命でロマノフ王朝が倒れ
10月革命を経て1922年のボリシェビキによるソビエト社会
主義共和国連邦の成立と モスクワへの首都移転に至るまで
サンクト・ぺテルブルグはロシアの政治と外交の中心であり
続けたがモスクワへの首都移転後もエルミタージュ美術館を
はじめとする絵画・音楽・バレー音楽コンクールなどの文化
中心であり続けている。  

 この街の名前はサンクト・ペテルブルグ→ペトログラード→
レニングラード→サンクト・ペテルブルグと変遷を遂げたが
19418月からのナチスドイツ軍によるレニングラードの包囲
戦争は900日におよび 推計死者110万人という苛烈なもので
いまだにロシアにとって忘れ得ぬ記憶であるが「トロイも陥ち、
ローマも陥ちたが、レニングラードは陥ちなかった!」というのが
市民及びロシア国民の誇りともなっている。

(なお現在のロシア連邦共和国連邦にも触れておくと ソ連邦時代よりも
面積は減りましたが それでも
国土面積 1709万k 世界の陸地面積の
11.55
%を占める世界最大国
であり2位のカナダ998k3位中国959
k屐聞畊・台湾を除く)4位アメリカ963k を大きく引き離している。

他方人口では1位は香港マカオを含めた中国の135300万人、以下2
インド12億人、3位欧州連合5億人、4位アメリカ31500万人、ずっと下が
って
9位ロシア14000万人10位日本12700万人の順となりましょうか)

サンクト・ペテルブルグの観光に先立って中心部の地図を添付しておきましょう。



この日はまず イサク広場のニコライ一世像の見物から始めました



ついでこのニコライ一世像と向き合う形で建っている聖イサク聖堂を眺めました。


聖イサク聖堂は1818年から建設が始まり 完成までに40年を要した大教会。
高さ101.530階建てのビルに匹敵する。
 元々湿地帯であったサンクト・ペテルブルグにこれだけの大きさのものを
作るには基礎が大変で 現在の四代目の教会を作るときには その前にあった
三代目教会の下の1万3000本の松杭に加え 新たな松杭11000本を打ち
込み その上に花崗岩石灰岩を敷き詰めた由。




イサク広場のすぐ近くに元老院広場(デカプリスト広場)があり 此処には
サンクト・ペテルブルグ建設の祖 ピヨートル大帝の像があります。
 女帝エカテリーナ二世が建設したもので プーシキンが書いた抒情詩
「青銅の騎士像」のモデルでもあり 現在のサンクト・ペテルブルグ市民
にも とても親しまれています



 このデカプリスト広場というのはロシア帝政時代元老院広場と呼ばれていたが
1825
年貴族青年将校達がこの広場で遅れたロシアの改革を唱えて皇帝ニコライ
一世に対する反乱を起こしたのを記念しデカブリスト広場と呼ばれるようになった。

(これら青年貴族将校は 1812年からのナポレオン軍のロシア侵入への防衛戦と
敗走するナポレオンを追ってパリまで進軍する戦いを通じて ロシア農奴兵士の
悲惨な日常生活と欧州の自由主義の影響を受けたもので 反乱は一日で鎮圧
され、首謀者5名が死刑、その他多くの青年貴族がシベリヤ送りとなったが、この
デカブリストの反乱はロシアにおける自由主義的革命運動の第一歩でその後
の革命運動の契機となったものですね。
次にネヴァ川の畔 海軍博物館前の「ロストラの灯台」を見学。
ここは1810年に建設された昔の灯台。
 ロストラとは船の船首のことで 敵船の船首を切り取り橋らの飾りにするという
古代ローマの習慣を受け継いだもの。
柱の台座には ロシアの四つの大河ヴォルフォフ、ネヴァ、ドニエプル、ヴォルガ
を表す彫像が・・。


さらに そこからペテロパウロフスク要塞を眺めました。
ここはいわばサンクト・ペテルブルグ発祥の地ともいうべきもので、17035
27日 この地ウサギ島にピヨートル大帝が先頭に立って要塞建設を開始、湿地
帯で苦労しながら約5カ月で建設したもの。
ロストラの灯台から 対岸のエルミタージュ美術館を眺めながら イの上の教会
へ移動。


 血の上の教会
いささか物騒な名前の教会ですが 1881年アレクサンドル二世が暗殺された
場所に建設されたので この名前がつけられたもの。


これも1883年建設開始から完成までに25年かかった由。建築様式は純ロシア
式で建物の隅々まで細かい装飾が施され、様々なタイル・大理石が用いられて
おり、これだけのモザイク画を有する教会は他に類を見ない由。
 外観・内装ともに印象の強い教会でした。


 午後は、女帝エカテリーナ二世の収集から始まり 現在の収蔵品は絵画・
彫・陶器など300万点にのぼるといわれ 建物自体がサンクト・ペテルブルグ
冬宮殿で壮大華麗な待望のエルミタージュ美術館の見学ですが これは
写真紀行(2)-(2)として 項を改めることとし ここではロマノフ王朝の系図を
添付しておきましょう。



シシ行程表へ