第三日目 9月25日
エカテリーナ宮殿・ピヨートル大帝夏の噴水庭園
観光、ボルガ河クルーズ開始 
第三日目は サンクト・ペテルブルグ観光最後の日、街の南25kmツアールス
コエ・セロー(皇帝の村)にある「エカテリーナ宮殿」観光と その近くのネヴァ河・
白鳥運河・モイカ川・フォンタンカ川に囲まれた「ピヨートル大帝夏の宮殿の
庭園(ぺテルコープ)散策」です。
 まず午前はエカテリーナ宮殿から。



ここは1724年 ピヨートル大帝の妃 後の女帝エカテリーナ一世のために建築
されたもので その後1752年女帝エリザベータの命により、また女帝エカテリーナ
二世の時代にそれぞれ大規模な改築改装が行われ 全長300mに及ぶ華麗な
宮殿となり ロマノフ朝の夏の宮殿として利用されていたもの。


我々はまず大広間へ。

 ここは皇帝が公式行事の際に用いる宮殿最大の部屋で王座の間とも呼ばれ、
漂流日本人大黒屋光太夫がシベリアを越えてサンクト・ペテルブルグまでのぼり 
当時の女帝エカテリーナ二世に帰国の許可を得たのもこの部屋とされています。

 両側の窓から日の光がいっぱいに差し込み、部屋の内装の金細工に反射して
素晴らしい豪華さです。


部屋から部屋へと移動しながら見学しましたが 各部屋ごとに趣向を凝らした
内装と 素晴らしい調度品で整えられており ロマノフ王朝の財力にまたまた
驚嘆させられる思いでした。



そしていよいよ有名な「琥珀の間」です。
 「琥珀の間」は壁全面が琥珀の彫刻で覆われたもので 元来はプロイセン王
フリードリッヒ一世が自分の城に造らせたもの。


 フリードリッヒ一世の子フリードリッヒ・ウイルヘルム一世があまり琥珀を好ま
なかったので ロシアのピヨートル大帝が譲り受け、ピヨートル大帝の子女帝
エリザベータの時代に冬宮の謁見の間の装飾として完成、その後女帝エカテ
リーナ二世によってこのエカテリーナ宮殿に移されたもの。
 ただ 第二次大戦時にナチスドイツがここを占領し ヒトラーの新美術館の
ために他の美術品とともにドイツに略奪されてしまった。
その後この琥珀の間の彫刻は現在に至るも行方知れずとなっており 一説に
よればイギリス空軍の爆撃によりすべて消滅してしまったとも言われている。


したがって現在の琥珀の間は 1979年から24年かけて 乏しい資料をもとに
大変な努力で2003年に復元されたものであるが 工芸の粋を凝らした琥珀
細工は見事なものです。




(なお琥珀の間は エカテリーナ二世の時も部外者入室禁止だった由で、
現在は一般公開されているが 撮影禁止)
宮殿内部の観光を終えてエカテリーナ宮殿の庭の大きな池のほとりにある
パピリオンなどを散策、そのひとつの中で 五人組の男声合唱団のコーラス
なども聞き 12時過ぎにエカテリーナ宮殿を出ました。


なお この周辺のツアールスコエ・セロー(皇帝の村)には 多くの大貴族の
夏の別邸もありそれらの子弟のための学校もあって ロシアの誇る詩人プー
シキンも此処で学んだそうです。


近くのレストランで昼食とり バスでピヨートル大帝の夏の宮殿と庭園に移動。

1450から ピヨートル大帝の夏の庭園散策です。

此処はサンクト・ペテルブルグの都を建設したピヨートル一世(大帝)が作ら
せた12ヘクタールに及ぶ大庭園で 庭園の中に「夏の宮殿」があり 1714
完成とともに
大帝が川向こうの「小屋」から此処へ住居を移したもの。

現存するサンクト・ペテルブルグの石造建築物の最古のものです。

 此処はまた「噴水」で有名で 全長22kmの配水管を張り巡らし ポンプを
使わずに自然の傾斜を利用したもので 噴水に配された250個の彫像も 
ピヨートル大帝当時のものと言われています。


この噴水は毎年10月初旬には水を停めるので 我々は辛うじて間に合った
わけです。

 宮殿前の大噴水はとりわけ見事で その写真色々な角度から撮った写真を
添付しましたが その他にも広い庭園の中に多くの噴水が配置され その間を
めぐっての散策は 心楽しいものでした。



また秋の結婚式シーズンでロシアでは名所で結婚写真を撮る風習がある
ため 花嫁さんの写真撮影も拝見でき 庭の木々に遊ぶリスもみられて 平和
な気分でした。


エカテリーナ宮殿とピヨ-トル大帝の夏の宮殿の庭園散策を終えて バスにて
サンクト・ペテルブルグの船着き場へ1740到着。
ボルガ河クルーズ船ノビコフ号に乗船。
 67日のボルガ河船旅の開始です。

ノビコフ号は総トン数3830トン、全長129.1m、全幅16.7m 乗客定員242人 
(建造1982年、改装2000年)の質素な船ですが 今回は我々ニッコウトラベル
のツアー客77名の貸し切り運行です。


夜は船長主催の歓迎カクテルパーテイと夕食会。



船はサンクト・ペテルブルグを出て ラドガ湖へ向かってゆっくり進み、船旅の
第一夜を迎えます。


海ではないので揺れもなく快適な船旅になりそうですね。

シシ行程表へ