5回 第四日目 9月26日
ボルガ河クルーズ◆
 前日夕刻からボルガ河クルーズが始まったわけですが 船はサンクト・ペテル
ブルグを出てしばらくするとラドガ湖という大きな湖に入り、夜デッキで煙草を
吸っていると丁度仲秋の名月の時期なので 湖面が月で照らされ 月明の海を
航行している気分でした。


 

薄明のころ 船はラドガ湖からスヴィール河(これもボルガ河の本流の一つ)に
入っていき 日の出も眺めました。




ここで今回の67日のボルガ河クルーズについて 旅行社が作った良い略図
があるので其れを添付してみましょう。




この図に書かれているように ボルガ河というのは全長3530km、カスピ海にそそぐ
ヨーロッパ最長の川で 15.000の支流があるといわれ 途中いくつかの湖や運河を
結んで昔からロシアの交通路・物資輸送路としての役割を果たしてきておりまさに
ロシアの母なる大河ですね。
近代になって鉄道路と石油天然ガスのパイプラインの整備(ともにロシアは世界一)
が進んでからは 物資輸送の主役からは下りましたが いまだにロシア人の心故郷
となっているものです。


又、大型船の通航のために途中いくつもの水門が設けられ水位差を調節しています。
 
前図の下端部分を拡大表示するとつぎの通りで、カスピ海とモスクワ運河との水位差
162mもあり船はサンクト・ペテルブルグからモスクワまで水門17か所を通過しつつ
航行するわけです。




我々の乗船ノビコフ号は前日ご紹介したように 総トン数3830トン、全長129.1m、
全幅16.7m 乗客定員242人(建造1982年、改装2000年)で 五層のデッキの船で
けして豪華とは言えないものですが 内部にレストランルームモバー談話室 売店
3、サウナ室なども備えており、今回は我々のグループの77名に 添乗員・日露
通訳各3が乗組員127名とともにサービスしてくれるので まあ快適ですね。
 船室も手狭ながら 収納棚や洋服ロッカーなどが上手く作りつけられており 荷物
を出したスーツケースなどは別の空き部屋にもっていってくれるので・・。




10時からのパーテー会場を利用してのロシア伝統工芸講座・11時からの
船内避難訓練などをしているうちに 船はスヴィール川の最初の水門に差し
掛かります。



船内レストランで昼食後 1300 マンドロスキー入港。

上陸して ロシア民芸村などマンドロギー散策観光。

ここはもともと造船製鉄の町だったのですが 第二次大戦で完全に破壊されて
しまったのですが最近再建し 民芸村など観光振興も図っているところです。


隣接する小島にはプーシキンの民話の世界を摸した散策路もあり しっとりした
散策を楽しみました。



1600 マンドロギー出港
1800-18.20 スヴィール第2水門通過

18.30からの3F船内レストランでの夕食の後は 沿岸の住宅を眺めたり
入り日を眺めたり・・・。また 昨夜と同様 月が綺麗でした。



2000からは1時間ほど 5Fのホールで バラライカとバヤンによるロシア民謡
演奏会。


われわれの年代には「ともしび」など数々の懐かしい曲ばかりで皆盛り上がりました。
この二人の演奏家はなかなか巧者で二人ともモスクワまで我々のために乗船同行
してくれており、あれこれ盛り沢山の行事のうちに クルーズ2泊目も暮れました。


 

行程表へ