6回 第五日目 9月27日

ボルガ河クルーズ

船は前夜のうちにスヴィール川を抜けてオネガ湖へ入っており この日は
オネガ湖のキジー島の世界遺産木造教会群を観光の予定です。


 このキジー島というのは元来フィン族の儀礼の場としていた所のようですが
12世紀からロシア人の入植がはじまったもので 現在世界遺産に指定されて
いる18世紀初めに建設された木造教会の付近に 鐘楼・風車・富農の家など
近隣の村から集めて歴史保全区
民俗国立野外公園が作られています。

朝には船がだいぶ島に近付いており 7:30の朝食後 丁度日の出とキジー島
教会群が船から遠望できてとても綺麗な眺めでした。


8:30に船はキジー島船着き場に接岸、早速下船して徒歩で木造建築教会群の
観光へ。




いよいよ 木造教会に近づきました。

右手前に見えるのが世界遺産に指定されている1714年建築のプレオブラ
ジェンスカヤ教会
左奥に写っているのが1764年に再建されたボクロフスカヤ
教会です。




ともに釘一本も使わず 雨の影響も受けにくいような設計上の配慮がなされて
おりその特異な形状は威容ですね。



 プレオブラジェンスカヤ教会は1714年に建てられて以来の長年の疲労で現在
立ち入り禁止で大修理中ですが、現在の建築専門家もその修理方法に悩んで
いるということで、当時の設計建築方法には特別な工夫があったようですね。

隣のポクロフスカヤ教会のほうは内部に入ってイコン祭壇を見ることができました。



また 周辺には移築した豪農・中農・貧農や風車・極小さな木造教会・鐘楼なども
あり
いわば野外民俗建築物博物館といった趣です。

船は1030にキジー島を出港。

 1200から昼食の後、1300からノビコフ号操舵室見学会。

乗客が小グループ毎に順次5Fの操舵室に上がってレーダーはじめ各種機関
操作などの機器の説明を受け 指令席に座って進路観望。なかなか気分の良
いものですね。




15:30からいつもの3Fレストランとは違う4F後方レストランで「ロシア伝統食と
お茶の会」
イクラ・パンケーキ・ウオッカ・紅茶などすこしずついただきました。



18:.30 コブジャ川へ入って最初の水門へ。

 夕日に黄葉が輝いていました。



コブジャ川では われわれのノビコフ号と同型船ともすれ違いました。



夕食のデザートの頃 コブジャ川の次の水門へ。


船中3泊目のこの夜は コブジャ川の6つある水門を次々に通過していくことに
なります。

シシ行程表へ