7回 第六日目 9月28日

ボルガ河クルーズ ゴリツイー観光

船は昨夜のうちにコブジャ川の6つの水門をすべて通り抜け 今朝は
「白い湖」と呼ばれる湖面の上を航行しています。


朝食の後 9:00から5Fホールで「ロシアの歴史と現状講座」。

日露通訳陣のキャップ格の人が日本語も流暢で、ロシア正教の変遷を
含めて判り易く話してくれなかなか興味深いものでした。

そのあと午前中は岸辺の黄葉などの風景を眺めて過ごしました。

11:30からの早めの昼食のあと13時ゴリツイーに入港、上陸です。

ここは人口8000人ほどの街ですが 1398年創立の世界遺産フェラポ
ントフ修道院があるので有名で 敷地面積ではロシア最大の修道院
を観光するものです。

バスで町はずれの修道院へ行き、入場。

ロシアの各地で同じですが この時代の修道院は砦も兼ねていたので
外壁や回廊には銃眼も設けられ 広大な敷地に塀をめぐらせた様は
まさに要塞でもあります。


我々は礼拝堂のイコンや博物館の高位聖職者の肖像。正装用衣装など
も見て廻りました。


この聖職者正装用衣装の制作で発達したのでしょう、精緻なレースや
刺繍の技術が今でも伝承されているようで 様々なレース刺繍製品も
並べられていました。

修道院からバスで船着き場に戻り15:40ノビコフ号に乗船、

16:00 ゴリツイー出港です。

17:00 昨夜に続き5Fホールで「ロマノフの至宝」というビデオ観賞。

 これはロマノフ王朝末期に 皇帝の親族間の贈物用に作られた
「イースター・エッグ」という超高価な宝飾工芸品にまつわる話をテーマ
としたもので 累計30個作られ 王朝崩壊後あちこち に流出して現在
ロシアにはモスクワ クレムリンの武器庫に10個のみ残されていると
いうものでこの旅行の最終日モスクワで現物にお目にかかれることに
なっています。


夕食の後は 20時から先日の演奏家によるバラライカ・コンサート。

今回はチャイコフスキーのくるみ割り人形からの行進曲などクラシッ
クの曲目を演奏するもので これも楽しめました。

 

かくてボルガ川クルーズの4泊目も暮れて行きます。

シシ行程表へ