8回 第七日目 9月29日

ボルガ河クルーズ

 昨日ゴリツイーを出てから船はシェレポベツ水門を経てリビングス貯水湖を
航行してきており 今朝からはまたボルガ河本流のリビンスク水門を通過して
ヤロスラブリへ向かっています。



船での食事の紹介をしていませんでしたが 食事はすべてレストランで、
朝はビュッフェ形式でほぼ西欧式の標準のもの。昼と夜はコース式のロシア
料理でウエイトレスがちゃんと各自の席へ一皿ごとにサービスしてくれます。


 日本人向けに味を調整してくれているようで 量も年配者向けに控え目で 
総体的に美味しくいただけました。


 ただ当方などは そろそろそろ日本食が恋しくなって 「船室で早朝に持参した
アルファ米で五目炊き込みご飯に味噌汁・沢庵・キュウリ漬物などで軽く食べ」
食堂には珈琲の沿えもの的にほんの少し洋食を補充しに行く」といった利用
の仕方もしていました。


ついでにこの日の昼食もご紹介しておきましょう

因みにこの日の昼食には添乗員が日本から持参した「もずく」の鉢が添えられ
ていました。


 この間 船内では 1000からロシア民謡講座、11:15から女性通訳ユリア女史
によるロシアの学校制度の話?ロシアの人気アニメ{チェブラーシカ}のビデオ
観賞などなど。


 沿岸にはロシア教会が時々現れては通り過ぎ・・・、各人思い思いに時間を
過ごしました。


1430 ヤロスラブリ入港。

 ここはモスクワとサンクト・ペテルブルグ 以外ではボルガ河流域最大の街
で人口60万人。

ボルガ河交易の中心都市でかつ大きな工業都市でもあります。

 街に川から近付いても今までの田舎風景と違って大きな橋やその上を走る
トラックなどの多さも目立ちますね。



また歴史も非常に古い街で 1010年ヤロスラブリ賢公がこの地の住民が
信仰していた聖なる熊を殺して人々を屈服せしめたのがこの街の歴史の
始まりといわれており数日後に我々が廻ることになっているスズダリなど
とともに「ロシアの黄金の環」の一環ともなっている街です。

 我々はバスで街の中心部に向かい まずボルガ河とコータラス川の合流点
にある公園と見晴台で展望。




次いで預言者イリヤー教会へ。

ここは1650年街の裕福な毛皮商の寄付によって建てられた教会で、本堂の
イコンも見事ですが 特に17世紀に描かれて一度も塗りなおされていない
フレスコ画が見事な色彩を保つていて有名です。

その後このヤロスラブリの象徴 スパソ・プレオブラジェンスキー修道院の観光。



このスパソ・プレオブラジェンスキー修道院はコータラスリ川とボルガ川の
合流点を見下ろす高台に12世紀に建設された要塞型の修道院ですが 
現在は歴史建築博物館保護区となっていて 広い構内にスパソ・プレオ
ブラジェンスキー聖堂・鐘楼・僧院食堂・歴史展示館などが配置され 時季
がら黄葉も見事で 気持ちの良い公園といった雰囲気です。


また 教会や修道院観光の合間に ヤロスラブリの街のマーケットも散歩しました。

帰り際には 市内の古時計やオルゴール、古アイロンなどの博物館も覗き、
あちらこちら廻って バスで1845ノビコフ号に帰船。


1900 ヤロスラブリ離岸。

夕食のあと、船内1Fの サウナ風呂を予約して入ってみました。

 休憩脱衣室・シャワー室・サウナ室と 我々の船室の3倍近い広さで 一人
で入りましたが
なかな快適でした。

 湯上りの紅茶ポットも備えてあり 1時間貸切で10ドル(850円)ですから、
すっかり気に入り モスクワ下船までに合計3回入りました。


 難を言えばサウナ室の温度が90℃程度で 当方はもう少し熱いのが好み
なのですが
その分約1時間ジックリ温まって出てくるとしばらく汗が止まらぬ
ぐらい。




今回の旅行は終盤になるにつれて冷え込みが厳しく 殊に深夜早朝の船上
デッキでは零度近くなってダウンジャケットなど持ってきた衣類をすべて身に
つけても寒いぐらいでしたが、
サウナのあとは シャツ1枚で30分ぐらいは平気
であり 煙草も一際旨かったですね。


シシ行程表へ