9回 第八日目 9月30日

ボルガ河クルーズ

 昨日ヤロスラブリを出た船は リビングスク水門を再び通過して一旦リビンスク
貯水湖にもどり 進路を西に転じてモスクワ運河方向に進んでいます。

 ウグリチ到着も朝8:00の予定で 朝食時間も645からといつもより早目。
朝食後デッキに出ると もうウグリチで 血の上のドミトリー皇子教会 と スパソ・
プレオブラジェンスキー教会が見えてきました。




このウグリチという街は モスクワ運河に向かうボルガ河が大きく90度近く曲がる
場所にある街で人口は約35千人。


 世界初の女性宇宙飛行士テレシコワが生まれたのはこの町の郊外で彼女の
有名な言葉「ヤーチャイカ(私はカモメ)」はこの街が誇る時計工場のブランド名
となっています。


820 ウグリチの船着場に接岸。上陸。



 船着き場から歩いてウグリチの中心広場へ行きましたが、朝なのでまだ閑散
としていました。



そこから河岸に戻る形で 血の上のドミトリー皇子教会へ。


 この街は実はロシアの歴史上有名な街で ロマノフ王朝に先立つリューリク
王朝の血統が絶えた場所でもあるのです。


 リューリク王朝は紀元862年のリュ―リク公から始まり長らくキエフ公ウラジ
ミール公モスクワ大公を輩出した家系で 1547のイワン四世(雷帝)の時に
ロシア皇帝に就くのですが
雷帝が誤って長男イワンを撲殺し 次男のフョードル
が雷帝死後皇帝位についたもののまもなく病死。


残された三男トミトリー皇子も15919歳の時にここウグリチで首をかき切られ
て死んだのですね


 死亡には宮廷の実力者ポリス・ゴドノフによる暗殺説(ムソルグスキー作曲の
オペラ「ボリス・ゴドノフ」もこれを扱ったもの)・事故説、その他色々ありますが、
その後偽ドミトリー皇子などが絡むロシア動乱時代を経て 1613年のミハイル
=ロマノフ皇帝に至ったもの
このドミトリー皇子が死んでいなければ ロシアの
歴史は大きく変わっただろうともいわれていますね。


この教会は事件の場所に悲劇を思わせる深紅のレンガで建築されています。

教会本堂には ドミトリー皇子の短い生涯と 暗殺の折の皆の驚愕の様、
その後の暗殺者に対する報復などの有り様が壁一面のフレスコ画で描か
れています。




ドミトリー皇子教会に先立って 隣接するスパソ・プレオプラジェンスカヤ聖堂
も拝見しました。


ここのフレスコ画も綺麗に保存されていましたし 此処で聞いた聖歌隊の
コーラスも見事でした。


 スパソ・プレオプラジェンスカヤ聖堂・血の上のドミトリー教会 皇子が住んで
いた皇領宮殿 博物館など クレムリン(クレムリンとは城砦の意味で モスクワの
専売品ではない)内の観光を終えたあと 街に出て例のチャイカブランドの時計
宝飾店を眺めたり、船着き場に通じる土産物店通りを冷やかしたりしてノビコフ
号に10:15帰着。


10:30出港。

船はウグリチ水門を経てモスクワ運河方向に進んでいきます。



ところで<船が明日昼前モスクワ着くとこのボルガ河クルーズもおしまいとなり
そのあとはバスで黄金の環のスズダリを廻ったりモスクワ観光のスケジュール
に移ることになります。



この日の午後は 当方1330からまたサウナへ。

1530からロシアケーキとお茶の会。などなど最後の船内生活を楽しみました。

そして1845から5Fホールで船長主催お別れカクテルパーテイ。


19
00から3Fレストランでのお別れ夕食会



20:30 からは バラライカ コンサート。

 ノビコフ号は 今夜はモスクワ運河の6つの水門を通過して 明日午前11
のモスクワ到着を目指します。

シシ行程表へ