第十一日目 6月3日

スプリット観光。
午後マルコポーロの生誕地コルチュラ島へ。

今日はスプリットの観光です。

スプリットは アドリア海沿岸最大の港街で ローマ皇帝デイオクレテイアヌス
245-316)の宮殿(175X199m)がそのまま旧市街になったという珍しい
街ですね。


デイオクレテイアヌス帝は キリスト教を弾圧したローマ皇帝として有名ですが
ローマの四分割統治を行い、かつ自発的に退位した皇帝でもあり、退位後此処
に住んでいたものです。
ローマ帝国滅亡後宮殿は廃墟となっていたところ 7世紀にいたって南スラブ人
がこの地域に入り込んできてそれに押されるように 近郊のサロナにいたローマ
人が避難してこの宮殿跡に入り込み、強固な城壁や宮殿の基本部分はそのまま
にその上や間に建物を増築する形で住みついたものです。

その後も色々な人が入り込んで周辺も増築し、結果として古代と中世の建物が
複雑に絡み合う独自の景観を示すにいたったものですね。



我々はまず大聖堂を見学。



ここは元来.デイオクレテイアヌス帝の礼拝所、その後は霊廟だったところですが、
7
世紀にキリスト教徒が改築し 塔も加えてキリスト教会にしたもの。


キリスト教徒を弾圧した.デイオクレテイアヌス帝への復讐か 帝の石棺は破壊され、
内装一切もほとんど改装されてしまったが その後の蓄積で 現在まで貴重な
キリスト教の美術品で埋め尽くされている感じとなっています。


また この宮殿跡で特筆すべきは 宮殿の地下空間であり 宮殿時代何に使われ
ていたのかはっきりしないが 宮殿建設当時の構造がそのまま残っており失われた
上部構造の推測にも役に立ちました。
入り込んだ住民が 不用品の収納場所やごみ
溜めとして使って 地下部分も埋没していたのですが発掘清掃したところ地下部分
を発見、世界最大級の、保存状態の良い遺跡として宮殿跡全体が世界遺産指定を
受けたものです。




午前中旧市街(宮殿跡)のあちこちを散策し、また城塀の海岸側に並ぶ商店や
海岸公園を各自自由に見て廻りました。


1115 再集合して旧市街のレストランで昼食。

昼食後1230にスプリットを出発して アドリア海を右に見ながら東南に下って 
マルコ・ポーロの生誕地とされるコルチュラ島へ移動です。


しばらくアドリア海沿岸ドライブの車窓からの写真を並べてみましょう。
(前日のサダルから 最終日まで右側にアドリア海の景観が続くため 通常のツアー
ではバスの座席割り当てで苦労するようですが 先述したとおり我々のツアーでは 
4組の夫婦8名に48人乗り大型バス。左でも右でも。前でも後ろでも席は選び放題
でした。)


途中ほんの少しだけ海岸線にボスニア・ヘルツエゴビナ領が張り出してきている
部分があります。一応国境検問所もあるのですが ここにスーパー・マーケットなど
もあり、免税価格なので海岸線道路を通過する観光客や周辺のクロアチアの住民
も買い物に利用しているようです。


勿論我々も立ち寄り、ほんの少しだけボスニア・ヘルツエゴビナ領内を走りました。



仮令短時間でもボスニア・ヘルツエゴビナに入国したことになるので簡単に同国
の概要を記しておきましょう。


ボスニア・ヘルツエゴビナの概要
正式国名 ボスニア・ヘルツエゴビナ
面 積 51,129k
首 都 サラエボ
人 口 378万人(2008年)
民族構成

ボシュニャク人
セルビア人
クロアチア人

48
37
14%など
宗 教 ボシュニャク人≒イスラム教、セルビア人=正教会、
クロアチア人=ローマカトリック 
使用言語 セルビア・クロアチア語。民族間の違いは方言程度の差
歴 史 紀元前1世紀にローマ帝国の支配下に。6世紀後半からスラブ
人が定住し始め カトリックと正教会との対立の最前線に。
12世紀後半ボスニア帝国。
15世紀後半までにほぼ全域がオスマントルコの支配下に。

この折イスラムに改宗した者も多い。19世紀後半オスマン帝国
の衰退とともに バルカン半島はオーストリアハンガリー帝国と
ロシア帝国との勢力争いの場に。
1908オーストリアはボスニア・ヘルツエゴビナを併合。

これが大セルビア主義を刺激し サラエボでのオーストリア
皇太子射殺に繋がって第一次世界大戦の勃発となる。
第二次世界大戦時 この地域はクロアチアのナチスの傀儡
政権の支配下におかれ、民族主義者によるセルビア人・ユダヤ
人が数十万人が迫害虐殺され、一方セルビア人民族主義者に
よるクロアチア人ボシュニャク人への大量報復虐殺も行われた。
第二次大戦中チトーなどの指揮の下ナチスやファシストイタリア
に対する多民族混成のバルチザン戦線が結成され 大戦後チト
ー大統領のユーゴスラビア連邦ができると 次第に都市部での
多民族混住居・通婚も進み しばらく平穏な時期が続いた。


チトー死後 1991年ユーゴスラビア連邦各国の独立とともに 1992
年ボスニアも独立したが ボシャニャク人主導の中央政府とクロア
チア人勢力、セルビア人勢力との相互間で 3年半にわたり凄惨な
戦闘が始まり(ボスニア内戦)、数十万人の死者・200万人に及ぶ
避難民を発生させ異民族女性に対する組織的な強姦・出産に
よる「民族浄化」も行われた。

1994年アメリカ主導による調停、NATOによる空爆などを経て
1995年国連の調停でやっと紛争は終結したが 民族間の心の傷
は今なお残る。
経 済 2008年のGDPは299億ドル(一人当たり6500ドル)

その後更にクロアチア領内の海岸線を走ります。



16:55 オレビッチの船着き場到着

フェリーの時間まで1時間あるので 周囲の丘レストランで手長蝦(スカンピ)
を塩焼きしてもらい ワインを飲んで一服。


18:00 からフェリーで コルチュラ島へ。



1824 コルチュラのホテルリブリナへ到着。 今夜はここで一泊。

海が目の前のリゾートホテルで部屋からの眺めも良く 夕焼けも夜景も
楽しめました。



行程表へ