第十三日目 6月5日
ドブロヴニクからモンテネグロの日帰り観光。
                 ドブロヴニク泊。

この日も快晴。

ドブロヴニクの観光は明日の予定となっていて、今日は隣国モンテネグロの
日帰り観光です。


750ホテルをバスで出発しましたが モンテネグロとの国境に向かう途中
の道路にドブロヴニク旧市街を見下ろすポイントがあり、皆ドブロヴニク旧市街
に初見参ということで喜んで写真をパチリ。




840 クロアチア側国境事務所、915モンテネグロ国境事務所の手続を終え、
モンテネグロに入国。

モンテネグロの概要
正式国名 モンテネグロ
面 積 13812
首 都 ボドゴリツア
人 口 62.5万人(2008年)
民族構成

モンテネグロ人
セルビア人
その他ボシュニク人
アルバニア人
ムスリム人
クロアチア人

43.16
31.99
7.7 %
5.0 %

4.0 %
1.0 %など
宗 教 正教会74%、イスラム教17.8%。(他にアルバニア語)
使用言語 モンテネグロ語(セルビア語の方言)。
(他にアルバニア語)
スロベニア語・ボスニア語・クロアチア語
歴 史 ・独立:2006年。元来この地域は文化的言語的にも
セルビアとの違いはほとんどなく長らくセルビア・
モンテネグロとしてひとくくりにされていた。


歴史的にはモンテネグロ人(イリュリア人との混血)は
10世紀までにドユクリヤ公国という半独立国を形成し
1077
年ローマ教皇の承認を得、その後オスマン帝国、
ロシア王朝、などの影響下におかれ 第一次大戦後
オーストリー・ハンガリー帝国の支配下に置かれ、
ユーゴスラビアの一部となった。
第二次大戦時イタリアの占領下となったがバルチザン
の抵抗により、大戦後はチトー大統領のユーゴスラビア
連邦の中のモンテネグロ人民共和国となった。
1991
年からのユーゴスラビア紛争においても セルビア
と歩調をそろえていたが1999年コソボ紛争の前から
セルビア・モンテネグロ連邦からの独立機運が高まり
2006
6月独立宣言をしたもの。
2007年新憲法を制定し 国名もモンテネグロ共和国
からモンテネグロに改称。
経 済 2008年のGDPは48億ドル(一人当たり11091ドル)
通貨はユーロ。

今日廻るモンテネグロの海岸部の概念図をつけておきましょう。

この図の左下が クロアチアのドブロヴニクで そこから国境を越え、大きく内側
に入り込んでいるコトル湾を海岸沿いに走ってコトルを見学、更に図中央の
ブドバまで行き、引き返して帰途はコトル湾をレペタン- カメナリ間をフェリー
でショートカットして ドブロヴニクに戻るというコースです。


アドリア海から山の方に27kmも入り込んだコトル湾は フィヨルドの
ような光景。

氷河期が終わり かって川の河口のデルタ地帯だったところに 水位
が上昇した海水が入り込んで出来たもので 水辺は変化に富み 
美しい景色を構成しています。




湾の奥には 自然島に漁師が岩を積み足して墓所にした聖ゲオルド島と、教会
を建てるために造られた人工島聖母マリア島があり 点景のように綺麗です。


またドブロヴニクなどアドリア海クルーズの豪華客船も このコトル湾にも入って
きてコトルなどに寄港する場合が多く 丁度我々の目の前でも大きな船がゆっ
たりと航行していました。




1000 コトルの街に到着。
コトル周辺は 海に迫るロヴツエン山とコトル湾に挟まれた天然の要塞ともいえる
立地で そこに4.5kっもの城壁が山の上まで伸びている様子は迫力十分です。




我々はまず聖トリフォン大聖堂を見学しました。
聖トリフォンを祀る聖堂で元はロマネスク様式だったものが 17世紀の地震で
壊れ、ルネッサンス様式で再建されたもの。


その後聖ルカ教会、聖ニコラス教会、二つのセルビア正教会などを眺め、
フリータイムでアイスクリームを食べたり 元気な人は山に続く城壁の途中
まで・・・。


12:40 コトルを出発 コトル湾の外アドリア海に直接面したブドバの街へ。

13:15 ブドバ到着。

ここは保養地としても有名で綺麗な街です。



我々はここでイカ墨のリゾットなど昼食を摂りました。

このブドバの町は 古代イリュリア人時代からの古い街ですが、ここも 海賊
その他外からの攻撃への防御として強固な城塞を築いています。




城塞の上は 狭い石畳の道がついているので 我々は昼食後そこにのぼり海側
をぐるっと廻ってみました。


城塞の上から眺めるアドリア海も綺麗ですね。

また町の海水浴場が目の下に見え 目の保養もさせてもらいました。



1540ブドバを出発 来た道をドブロヴニクへ向かいます。
ただ帰りはコトル湾を一周せず 途中のレペタンから対岸のカメナリへ
フェリーでショートカットです。




1710-15 モンテネグロ側国境事務所、クロアチア側国境事務所を無事パスし
クロアチアに再入国。


1810 朝写真を撮ったドブロヴニクの見下ろしポイントに差し掛かり、 再度
夕景を撮ろうとしましたが、
やはり夕方の逆光気味での手持ち望遠撮影は厳
しいですね。

(補正で辛うじて見られるようになった一枚だけ添付してみます)



1810ドブロヴニク到着
ドブロヴニク旧市街の観光は明日の予定ですが、今日の夕食は旧市街の
レストランで摂ることになっているので それまで各自ピレ門から旧市街に
入り 自由散策を楽しみました。



夕食後20時パレスホテルに帰着。

今日もホテル部屋からの夕焼けが綺麗でした。
行程表へ