第十五日目 6月7〜8日

ウイーン経由帰国日程(機中泊)。

           --旅の雑感--- 
6/7はいよいよ日本への帰国の途へ。
早朝 0400モーニングコール。
05
15ホテル発にてドブロヴニク空港へ。

0730 ドブロヴニク空港発 OU446便
0910 ウイーン空港着



(ここで乗り継ぎ時間4時間半の筈だったのですが 待っている間に機材繰りの
ため 出発が更に3時間遅れとなり、おかげでラウンジでワインやらジン・トニック
など しこたま飲む羽目に・・)


1650 ウイーン空港発 オーストリア航空 OS51便(機中泊)
6/8 1010 成田帰着。ウイーンからの飛行時間(約11時間 時差=+7時間)



どうやら 無事帰国できました。

(この旅行の経路をもう一度振り返ってみます。)


---旅の雑感---

恒例により 旅の途中で出会った人々の写真を織り交ぜながら 以下旅の雑感を
記しておきます。




1. 東欧・中欧は 20079月にシベリア鉄道走破しただけで 他は未経験であり、
だいたいヨーロッパ自体 現役時代には出張などで何回も出かけたものの、今回は
20年ぶりのようなもの。その面ではほぼ新しい体験でした。

スロベニア・クロアチアは 昔から欧州では観光地として知られていたものの 日本
ではここ数年人気化している地域であり、昨年申し込んだ旅行がキャンセルになっ
ただけに 今回実現して幸せでした。




2.テレビの世界遺産の番組などで見てはいましたが、実際に出かけてみると 
実にすばらしいところですね。

特にスロベニアは クロアチアのオマケのように思っていましたが、トリグラウ国立
公園の渓谷、ブレッド湖・ボビン湖、首都リュブリアナ、ボストイナ鍾乳洞・シュコツ
イヤン鍾乳洞、リエカ プーラ ポルトロッシュなどのイストラ半島、などなど どれも
優れた観光地で 絵のような景色を満喫しました。


勿論クロアチアもプリトヴィッツ湖群公園から始まって サダル以降アドリア海沿い
の町や 海岸ドライブも素晴らしく 何よりも海の水の綺麗さは昔の日本の海を凌ぎ
ますね。


当然 ドブロヴニクは屈指の観光地ですし、足を伸ばした隣国モンテネグロのコトル
湾などの景観も忘れ難いものがあります。




3.これだけ様々な名勝が踵を接している地域も珍しく、貴重な観光宝庫ですね。
蒙を啓かれた思いです。


蒙を啓かれたと言えば カタカナ名前と地名の多い世界史と世界地理が苦手だっ
た当方にとって バルカン半島というのは「欧州の火薬庫」・「歴史的に諸勢力の
入り乱れたところ」という程度の漠とした知識しかなかったのですが 実際にその地
を踏んでみて 時代ごとの周辺列強の版図を地図で見比べてみると フランス・
イタリー・オーストリーハンガリー帝国とロシアとの勢力争い、オスマントルコの進攻
更にはナチスドイツ ファシストイタリアの侵攻占領と傀儡政権の樹立などなど この
地域が絶えず周囲から大きな影響を受けてきたことが 頭に沁み入ります。
(最後のバルチザン戦争については 数年前に読んだ漫画本 坂口尚の「石の花」
(講談社文庫全5巻)が 渦中の人物を描いた好著です)




4.さらに これも想像以上にローマ以来あるいは中世からの歴史文化的遺産も
多いですね。


ローマ帝国の領土の一部であったので当然では有りますが 学校で習う歴史と 
その地を踏んだ実感とではかなり違うものですね。




5.これだけ美しい自然遺産の背後に 長い歴史の中での戦乱、特につい最近
まで繰り返されたユーゴ内戦の悲惨さが潜んでいるのも そのギャップの大きさ
に信じがたい想いを抱かされます。


とりわけ ユーゴスラビア連邦の中で混在 通婚もしていた諸民族が 一旦憎悪に
駆られると 復讐が復讐を呼び、親族同士でも血を血で洗う惨劇となり また多くの
難民を発生させるのは 人間の業とはいえ恐ろしいことです。
アフリカ諸国でもパレスチナなどの地域でも 根が絶えませんね。




6. 我々日本人は同じ国土の中で異民族との抗争を経験せず また宗教間の抗争
も経験がないので どうしてもこの辺の事項についての認識が甘くなりがちです。


観光旅行の間に いささか興ざめを感じられたかもしれませんが 何回か内戦・民族
抗争に少しだけ触れてみたのも これらを無視できないからでもあります。

他方 これだけの戦乱があっても 自然は回復してくるし 人間も結構努力して街も
繁栄を取り戻してきていることには ほっとする思いですね。


当方などは 先の第二次大戦時に自宅も目の前で炎上し 東京・横浜が焼け野原
になって何も無くなった光景を覚えているだけに 今の日本の都市の変貌には驚
きますね。

まあ 人間は業を抱え、残酷になるときにはとことん残酷になるし、反面生きるために
一生懸命努力するものでもありますね。


ツアーの同行者はほぼ同世代の方が多いだけに、ドブロヴニクなどの戦禍の記録
写真を眺めて「ああ戦争は嫌だ」とつぶやいていた婦人の声には実感がこもって
いました。




7. 丁度我々の旅行中鳩山総理が辞任し管氏が新総理に就任予定とのニュース
が流れましたが このところの日本の総理大臣の交代頻りなことに関し、添乗員の
花田女史が 一つの話を披露してくれました。  

「このユーゴスラビアの故チトー大統領が現役で亡くなったのが198058日、
日本の大平正芳総理が同じく現役で亡くなったのが同じ1980612日」。日本
の大平正芳もなかなかの人物であったのだがチトーの場合はそれでユーゴスラビア
が崩壊するほどの影響が出たのに、日本の場合はそれから30年の間に25人も総理
が替わって まだなんとか平穏でいる」と。

従来 この比較に触れた論稿も多々あったようですが、それだけ日本では傑出した
カリスマが出ないのか? あるいは一人の卓越した指導者に頼らずとも、誰が総理
になっても国の組織として大差ない運営ができる仕組みになっているのか?。
(民族・宗教問題が違うとしても・・・)




8. 堅い話はこの辺で置くとして、今回のツアーは一般向けの観光旅行として実
によく出来たコースと思いました


従来当方の場合、アフリカや南米など大自然の驚異を見て廻るコースが多かった
のですが、場所間の移動に丸一日かかるようなケースも多く さらに言えば 宿泊
施設 食事などが必ずしも良好とはいえないのが無理からぬところでした。


それはそれとして良いのですが、今回の場合 流石欧州、拠点間の移動距離も短く
ことに戦禍の後観光振興に力を入れているのでホテルなども設備が新しいものが
多く、また立地も抜群。海に近く、またイタリアその他各国の影響で食事もおいしいし
 ビールもワインもなかなかのもの。


他の欧州諸国と比べて必ずしも豊かとはいえないこの地域の人々が 観光収入で
暮らしが立つようになっているのも喜ばしいことです。




9. 毎度触れる当方の特殊事情としての喫煙問題ですが クロアチアも昨年から
屋内禁煙規制ができたそうですが まだ喫煙のOKの客室も少し残っており、また
観光地なので 眺めの良いベランダ付の部屋がほとんどで 周囲の景色を眺め
ながらベランダでの喫煙を楽しむことができました。


なおアメリカでもそうですが 不思議なことに長距離を運転する観光バスのドライバ
ーは半数以上喫煙者が多いですね。 (今回 ヴェニス空港からドブロヴニクまで
全行程の運転を担当してくれたクリスチャン氏も休憩の度に旨そうに煙草を燻らし、
国境事務所の手続き待ちの折も適宜吸っていました。


やはり煙草はストレス解消に顕著な効果があるようで・・・。で!

禁煙主義者は 観光旅行中 運転者のストレスを強めて 交通事故に遭う方を希望
するのか知らん??。

(なお添乗員の花田女史が「ドライバーに付いていれば どこで喫煙OKかわかり
ますよ」と助言してくれました。




10. 言い古されたことですが パック・ツアーは,謀卦、△謀詐莪、に同行
のメンバー と言われますが ,砲弔い討亙秦任凌容舛ら天気の神様の特別な
恩寵を受けている当方故、今回も文句なしの上天気、
△、明るく気配りが行き届き
資料準備・説明解説も十分なベテラン、
それに加えてスロベニアで大学生でもある
知識人のヴィドさんはじめ各地の現地ガイドも好感が持てる人揃い、

の同行者も再三述べたように4組のみな人柄のよいご夫妻。

大型バスに8人の客で、延べ十数人の現地ガイドにサービスされ、景色は綺麗で 
食事も飲み物も旨い、ホテルも上々と来ては「大満足」の一語です。


このコースはお勧めですね。



例によって 勝手な、よし無きことを書き連ねましたが 拙い写真紀行に今回も
お付き合いくださって感謝します。


綺麗な風景が多すぎて写真の枚数が増えたこともお許し下さい。

       ------

行程表へ