日目 5月25日

スロベニア トリグラウ国立公園へ。
(ソチャ川に沿って北上、トルミンカ渓谷を
1.5
時間散策、ブレッド湖へ)


いよいよ今日からスロベニア観光の開始です。

スロベニアの概要
正式国名 スロベニア共和国
面 積 20273k屐併郵颪箸曚榮韻検
首 都 リュブリャーナ
人 口 203万人(2008年)
民族構成

スロヴェニア人
その他ハンガリー人、イタリア人など

90
10
宗 教 ローマカトリック 95%
使用言語 南スラヴ系語のスロヴェニア語(文字はラテン文字)
歴 史 長らくオーストリー・ハンガリー帝国(ハプスブルグ家)の支配
下にあった ため、ドイツ語・ハンガリー語を使える人が多く、
又地理的交流の関係上イタリア語も話せる人も多い。国民も
几帳面でドイツ的な気質とされる。

・独立:1991年。元々旧ユーゴスラビア連邦内では一人当
たりGDPも高く 西欧社会と近いこともあって 1991年真っ先
に独立宣言。

2008年のGDPは593億ドル(一人当たり29472ドル)
旧ユーゴスラビア諸国の中では真っ先にEU加盟が認められ 
2007
年からは通貨もユ-ロを使用。
8:00 前夜泊まったノワ・ゴリツアのベルラ・カジノホテルを出発。

ターコイズ・ブルーのソチャ川にそって北上し トリグラウ国立公園へ。

トリグラウ国立公園は トリグラウ山(三つの頭の意、標高2564m)を中心とした
山塊と深い渓谷・いくつかの湖から構成されており、スロベニア唯一の国立
公園で総面積880k屐国土の3%を占めているようです。
 


9:30から11:30までバスを降りて ソチャ渓谷の中でも渓流の綺麗なトルミンカ
渓谷を 1.5時間ほどハイキング。
 ターコーズ・ブルーの水流と木々の緑がとても素晴らしく、この世の楽園の
ようでした。途中にはダンテが神曲を着想したという洞窟もあり まさに神の国
なのかもしれません。

その後バスで移動して12時からコバリッドの町で昼食。
ここは第一次大戦の激戦地だったところで 当時町は完全に破壊され 
ヘミングウエイも此処で参戦、後に「武器よさらば」を書くことになりました。


昼食後氷河の浸食によるV字谷を進み ボカ滝を見物。

主滝の落差110m、その下の小滝を併せると更にプラス30mの落差のもので、
丁度一年で最も水量の多い時期でもあり なかなか豪壮な感じの滝でした。




このあたりはゴムボートでのソチャ川下り(ラフテング)を楽しむ人も見られ、
また近くの崖の上から川に飛び込んで楽しむ名所もありました。


昼食後バスはユリアン・アルプスの景観を愛でつつ トリグラム(三つの頭)山
(標高2864m)の周囲を廻りながら国立公園の中の山岳ドライブ。


細い山道で50を越えるヘヤピンカーブを巧みな運転で通り抜けていきます。

オートバイや自転車で急な坂道を楽しんでいる人も多いようですが 自然の
静謐さを守るため警笛などは一切禁止のようです。




我々は標高1611mのヴェシチ峠を越えて下りに入り 下りきった所にある
クランスカ・ゴラの町で小憩。

ここはスキー場やカジノホテルももある新しい観光地のようですね。



19.00 これも絵のように美しいブレッド湖畔のホテル・パークに到着。
湖の見える側の眺めの良い部屋で今夜から二連泊です。

観光の初日から好天気で スロベニアの良さを満喫しました。



行程表へ