第七日目 5月30日
スロベニアのシュコツイヤン鍾乳洞観光、
クロアチアの首都ザグレブへ

昨日ピランの観光を済ませていたので 830ポルト・ロッシュのホテル出発後
直接 世界最大級の地下渓谷を誇るシュコツイヤン鍾乳洞へ向かいます。
先のボストイナ鍾乳洞のほうが有名ですが このシュコツイヤン鍾乳洞のほうが
壮大で自然の大景観という感じがし、世界遺産にもこちらの方が選ばれています。
9:15 シュコツイヤン鍾乳洞に到着。
10:00からの見学コースの予約まで時間があるので 鍾乳洞入口近くの展望台
から付近の景観を眺めました。




シュコツイヤン鍾乳洞はスネジュク山から55km流れてきたレカ川が渓谷を4km
流れたあと深さ160mで鍾乳洞内に入り 35km先で再び地表に出てテイマップ
川となってイタリア トリエステ湾に注ぐのですが 展望台からその壮大な規模を
思い浮かべるのも楽しいものです。
1000から各国語毎のグループに分かれて案内人とともに入洞し 見学コース
2.5
kmを1.5時間ほどかけて見て廻ります。
 洞窟群は 全長約6km、高低差205m、洞窟全体では220万立方米という巨大
なものですが 見学コースの中も幅・120m、高さ140m、などという洞窟が続き、
地底の川などははるか下方に流れていて そこへ向かって下っていくとまさに
奈落の底へ向かう思いです。
ボストイナに比べると照明も少なく此処も写真撮影禁止なのですが仮にストロボ
を発光させても 広大な洞窟内で、高い天井や 深い谷底までは届かず お手上
げです。
 
色々撮ったうちの数枚を並べてみます。

ただ 先に述べた事情で写真に撮れないところが多く 壮大な規模を伝え
られませんので 止むなく一枚だけ洞窟のパンフレットから複写した組合
せ写真を添付しておきましょう。
(このパンフレットの左写真に載っている橋はロシア橋と呼ばれ、第一次世界
大戦のロシア兵士の捕虜が使役されて作った由)

最後の出口付近は 撮影禁止が解かれていますので また当方撮影分を。
ボストイナとシュコツイヤンの双方の鍾乳洞を巡る日本発のツアーはほとんど
ないので おかげで地下空間も満喫しました。
シュコツイヤン鍾乳洞観光後 近くのリプッツアの牧場に立ち寄り。



ここは1540年から続いているハプスブルグ家御用達の白馬の産出で有名なところ
で現在は乗馬クラブ兼リゾートホテルとなっており 此処のホテルのレストランで昼食。
昼食後バスはしばらく走って1600 スロベニア国境を越えて再びクロアチアへ
入国(これでスロベニアとはお別れです)。
 バスは一路クロアチアの首都ザグレブへ走ります。
クロアチアの概要
正式国名 クロアチア共和国
面 積 56542k屐紛綵の1.5倍)
首 都 ザグレブ
人 口 441万人(2008年)
民族構成

クロアチア人
セルビア人
その他ハンガリー人、スロベニア人
イタリア人、アルバニア人など

89.6
4.5
宗 教 ローマカトリック 88%(その他セルビア正教など)
使用言語 南スラヴ系語のクロアチア語。スロベニア語・ボスニア語とは
方言程度の差しかない。(文字はラテン文字)

ドイツ語・英語を話す人も多く、沿岸部ではイタリー語も。
国民も几帳面でドイツ的な気質とされる。
歴 史 ・独立:1991年。元来この地域もオーストリー・ハンガリー帝国
の支配地域でありまた沿岸部はヴェネツイア共和国の植民地
であったがオーストリー帝国崩壊後1939年クロアチア自治州
となる。その後セルビア人勢力との間で4年ほど凄惨な内戦が
続いた。

第二次大戦後 チトー大統領の巧みな政策で 収まっていた
反セルビア意識も チトーの死後再び燃え上がり 19916
スロベニアと同時に独立宣言した後も セルビア人保護の
ユーゴスラビア連邦軍との間で激烈な戦闘が行われ(クロア
チア紛争)1995年戦闘の終結までに 多くの死者と難民を
発生させた。
経 済 2008年のGDPは822億ドル(一人当たり18544ドル)
通貨はクーナ(kn
1655 首都ザグレブ中心部のパレスホテルに到着。
(バスが高速道路走行中豪雨に見舞われたそうですが当方は熟睡中で気付かず)
ここはザグレブきっての名門ホテルで 内装も高価な木材・ステンドグラスなどを多用
した品格溢れる雰囲気ですが ご多分にもれずこの種の年代ものホテルは水廻り
その他設備が老朽化している懸念あり。
 我々は設備改装が終わった客室をあてがわれ 一安心。


 中心部が近いので皆揃って夕食前の散歩に出かけました。

イエラチッチ広場から大聖堂前・石段を上って丘の上の石の門・聖マルコ教会
(ここの屋根の瓦モザイクは観光パンフレットでお馴染みで、左側はクロアチア・
ダルマチア・スラボニア王国の紋章、右側はザグレブ市の紋章ですね)


次いで丘の上から赤瓦屋根群と聖母被昇天大聖堂を眺め、丘をおり再び
イエラチッチ広場を経てホテルへと、少し長い散歩になりましたが、、おかげ
で夕食もとても美味しくいただけました。
流石名門ホテル ステンドグラスの窓に囲まれた食堂でのボーイさんたちの
サービスも完璧です。
行程表へ