第八日目 5月31日

ザグレブ市内観光後、プリトヴィツエへ
朝の食事もステンドグラスの窓にアールデコ調の内装のパレスホテルの食堂
で食べると、なんとなく良い気分ですね。


さて、今日はクロアチアの首都ザグレブの市内観光。
ここはハンガリー王により1094年ローマカトリックの司教座として作られた
カプトルという町と、1242年に商工業の町として認められたクラデツという
町とが19世紀に合併してザグレブとなったもの。
現在のヨーロッパでもっとも成長の著しい街で 中世の歴史遺産とともに
数多くの文化施設・商業施設もあり「小ウイーン」とも呼ばれている。 
ザグレブ市の人口は78万人、市街地の人口は110万人(2007年)


因みにネクタイは17世紀のクロアチア騎兵のスカーフが起源とされ、ボール
ペンも80年以上前にザグレブ出身者によって発明されたもの。

845のホテルをバスで出発しましたが 生憎今日は朝から雨。

ここ二十年余り 当方は移動中のバスやホテルで寝ているときを除いて海外
旅行で雨に遭った事はないのですが 雨女の家内の顔をたまには立てて
やったということでしょうか。
幸いなことに昨夕の散歩で中心部の主要な見どころは見物を済ませてい
ますし、今日は現地ガイドの説明付での復習みたいなものです。
まずヨーロッパで一、二に美しいといわれるザグレブのミロゴイ墓地へ。
1830年に造られた2k屬發里海諒菽呂藁派な門と高い回廊で囲まれて
宮殿のような佇まいです。
回廊の中にも 初代大統領をはじめ著名人の墓所が設けられ立派なもの
ですね。



我々は墓地見学後、バスを降りて聖マルコ教会・イエズス会のカトリーナ教会
から見て廻りました。

聖マルコ教会は11世紀ロマネスク様式の教会が前身で当時は大司教座が
おかれたザグレブの大聖堂であった由。1880年の大地震で崩壊し、現在の
教会が建設されたが そのおり屋根瓦でモザイク模様が施されたのだそうで
す。
イエズス会のカトリーナ教会はザグレブ初の学校が作られたところ。
次いで昨夕も見た「石の門」に廻りました。
ここは当初は木造の門だったそうで、1749531日に火災に遭い、その
折飾ってあった聖母マリアの肖像画が火災の中、無傷で残ったことから
奇跡とされ 以来人々の信仰を集めて参拝者も多い。


たまたま我々が訪れた本日が その531日であり この日はザグレブ市の
記念日となっているため 聖母マリアの肖像画も大聖堂に移されて拝まれて
いる由。


坂道を大聖堂のほうに下りながら途中で青果市も見物。
周囲には肉・魚の市場や土産小物を売る店も多く楽しめます。


そして聖母被昇天大聖堂へ。



ここは13世紀から18世紀にかけて建てられたザグレブのシンボルともいうべき
もので、大地震で崩壊後ネオ・ゴシック様式の現在のものに。


大聖堂の周りは 昔オスマントルコ軍の侵入の備えて城壁で囲まれていたが、
大地震の折にこれも崩壊し 現在はごくわずかの残渣を残すのみ。


今日は市の記念日なので 石の門の聖母マリア肖像画も此処に移され、平素
ふたで覆われている枢機卿の遺骸も硝子で見通せるようにしつらえてあり、
多くの信者がお参りしていました。



その後世界一短いケーブルカーというのにも乗ってみましたが、最近65
以上は無料となったばかりとのこと。市民だけでなく外国人でも無料と言う
のは御立派です。


ケーブルで見に行ったナイーブ・アートの美術館は生憎休館中だったため
後は各自自由時間として 徒歩でまた下りてきて野菜や肉・魚市場を見物
したり、イエラッチ広場を散策したり・・・


なおイエラッチという人は、ハプスブルグ家の信任を得て国の統治を任され
ていた総督であり、クロアチア語を文字にしたひととしても知られているそう
です。




昼食はイエラッチ広場のビヤ・レストランでザグレブ風カツレツにビールで。

このレストラン 店内のガラスで囲われた一室に十数本の大きなビール・
タンクを据え付けており ビールの種類も多く なかなか美味でした。
昼食後ザグレブ市内を発って プリトヴィツエ湖群国立公園へ向かいました。

途中カルロヴァッツオ、など 1991年のユーゴ内戦の激戦地の村村を通りま
したが 今は再建して平和な佇まいながら 一部には壁に砲弾の跡が残り、
またあちこちに地雷が残っていて原っぱで子供が怪我をするなどの事故も
ある由。まこと今回は 平和の裏に戦乱の痕と対峙する旅ともなりました。


15時 プリトヴィッツが近くなり 川が見えて来て写真STOPしましたが 雨で
大増水の濁流が滝となり迫力十分でした。

1550分 プリトヴィツエ到着。ホテルはイエゼロホテルで 今夜から2連泊です。

夕方には雨も上がり日が差してきましたので ホテルの周辺を散歩。


明日はプリトヴィツエ湖群国立公園の観光なので もう雨女さんの顔を立てる
のはやめにして 当方本来の天気男のペースで進むことにします。
行程表へ