第1日目 2014.02.01


成田からデリー経由チェンナイへ(チェンナイ泊)


2014年02月01日〜12
日の間、ユーラシア旅行社の「南インド大周遊」
という12日間のツアーに参加し、インド南部を廻ってきました。

インドは 丁度7年前の2007年2月1日から16日間 同じ旅行社の
「インド物語」というツアーで16日間廻ったことがあるのですが、
今回は
その折廻れなかった東南部チェンナイから インド大陸最南端のコモリン
岬を経て 西南のゴアまで 一巡りするものです。

(その折の「インド写真紀行」参照被下度)
http://hikoyoshi-koji-sekai.la.coocan.jp/indo/indo.-koutei.html  

今回は その折廻れなかった東南部チェンナイから インド大陸最南端の
コモリン岬を経て 西南のゴアまで 一巡りするものです。

前回も書きましたが インドは その広さ、貧困と差別、衛生環境の悪さなどで、
行った日本人のほとんどがもう行きたくないといい、またしつこい客引きに怪
しげな旅行社へ連れ込まれていんちきツアーを組まされたり、下痢で悩まさ
れるなど結構ひどい目に遭うことも多く、当方も前回インドの混沌たる大迫力
に気押されて帰ってきたものですが、
(
逆に熱烈なインド好きな方も結構いるようです)

西欧諸国巡りや クルーズなど 現代文明に浸っていると 不思議に又あの混
沌さが懐かしくなるのです。

人類社会の基盤にある支配と被支配、差別、貧富の差、生活の違う多くの民衆
の集まり、生存競争の厳しさ、多くの宗教、
それらが混然となって目の前に展開
している。-----旅というものが 異種体験の試みだとすれば、まさにインドは
我々にとって
異種体験の宝庫なのでしょう。

また、農村の貧困とインフラ未整備を残したまま、人口約12億4500万人、近
い将来中国を抜いて世界一の人口国になることが予想され、最近はソフトを
中心としたI.T.大国にもなって、旧来のカースト制とは別に、学識と購買力を
持った中間層の増大等、潜在在成長力が国際的にも注目を浴びている国を
再度覗いてみたいというのも動機の一つでしょうか。

   さらに南部は 古代から脈々と続Wいてきたヒンドウ文化の中心でもあり、また
   北部と違ったのんびりした雰囲気といわれているので、それにも浸ってみた
   いというのが直接的な動機でした。


なにはともあれ前回と比較した行程略図日程表をつけておきましょう。

旅行行程
第1日目
2月01日

成田発11:30 エア・インデイア AI307

デリー着(2月1日) 18:00  
所要時間10時間

(日本との時差-3時間30)

デリー発   20:55

チェンナイ着 23:45 

チェンナイ泊
第2日目
2月02日
インド七大聖地のひとつカンチーブラムにてエーカンバレシ ワラ寺院、カイラーサナータ寺院観光。 
ベンガル湾に臨むマーマツラプラムの海岸寺院、石彫寺院ラタ、アルジュナの苦行、今にも転げ落ちそうな巨石クリシュナのバター
ボールなど観光。
     
チェンナイ泊
第3日目
2月03日
午前 チェンナイ市内観光 聖トーマス寺院、南インド最大のヒンドウ寺院ミナクーシ寺院。 チェンナイ空港発 12:20AI 671
マドウライ空港着 13:20 マドウライ観光、インドサラセン様式のテイルマライ・ナーヤカ宮殿、南インド最大のヒンドウー教寺院の
ミナークシ寺院。  
マドウライ泊
第4日目
2月04日
バスで インド大陸最南端 ベンガル湾・インド洋・アラビア海の三つが出会うヒンドウ-教聖地コモリン岬へ。コモリン岬の夕日観賞。
第5日目
2月05日

コモリン岬での朝日観賞後 バスにてトタバリへ。トタバリにて貸切のハウスボートに乗船。ハウスボートによるパックウオター・クルーズに。 

ハウスボート泊
第6日目
2月06日

パックウオター・クルーズの終点 アレッピー到着後 バスにて海のシルクロード要衝の地コチンへ。 コチン市内観光。聖フランシスコ教会、ダッチパレス、チャイニーズ・フィッシュネット、シナゴーグ等。       
夜 ケーララの伝統的宗教舞踊カタカリ
ダンショー観賞。  

コチン泊
第7日目
2月07日

07:30 コチン空港発 9W445

08:30バンガロール空港着。バスにてヴィジャヤナガル朝の幻の遺跡ハンピへ。 
ホスペット
第8日目
2月08日

ホスペットからパンピに往復観光。

パンピのヴィジャヤナガル様式の最高作ヴィッタラ寺52mの塔門があるヴィルパークシャ寺院ロータスマハル寺院・象舎 など。
ホスペット泊
第9日目
2月09日
バスにて中世ヒンドウー建築揺籃の地であったバーダーミへ。 途中後期チャルキア朝の寺院群 ラックンイの遺跡、パッタダカル寺院、
窟寺院群を観光。
 
バーダーミ泊
第10日目
2月10日
バスにてバーダーミ発 16世紀初頭にポルトガル領となり東方貿易の一大拠点となった黄金の街ゴアへ。  ゴアでの夕食時ホテルにてカーニバル・ショウを観賞 ゴア泊
第11日目
2月11日
午前中 ゴア市内観光。ポルトガル時代の白亜のパナジ教会、 オールド・ゴア最大の大司教座教会、フラスコ・ザビエルが眠るボン・
ジェス教会等。

15:00 ゴア空港発
    AI 660
ムンバイ経由デリーへ。

19:00 デリー空港着
21:15 デリー空港発 AI 306 成田へ 
機中泊
第12日目
2月12日

成田空港着 

(所要時間 7時間15分 時差.3時間30分)
      旅の雑感


インドの概要は先の20072月のインド写真紀行にも掲載してありますが、

http://hikoyoshi-koji-sekai.la.coocan.jp/indo/indo.-koutei.html

7年経過したことでもあり 今回も簡単に付記しておきましょう。

       インドの概要      
正式国名 インド共和国(RepulicofIndia)
国   歌 Jana GamaMara (インドの朝)(タゴール作)
面   積 約329万k屐(世界第七位)
人   口 約12億4423人(2013年推計))
首   都 ニューデリー
元   首 プラナグ・クマール・ムカルジー(2012年〜)
政   体 連邦共和制。 議会は二院制。 首相は大統領が任命する形だが 実際の力は首相が上。
現在の首相はマンモーハン・スイン(2004年〜)
人種構成 トルコ、イラン、インド・アーリア、スキト、ドラヴィダ、アーリョ・ドラヴィダ、モンゴロ・ドラヴィダ、モンゴロイド、ドラヴィダの七種
宗   教 ヒンドウー教徒 82%、イスラーム教徒11.6%、キリスト
教徒 2.6
シーク教徒1.8%、仏教徒0.8%、ジャイナ教徒0.4%、その他0.8
言   語 ヒンドウ語が公用語。英語が補助公用語但し上記2つを含め18の主要言語と844の方言(一説では1000を超えるといわれる)があり、識字率は74%。
カースト
制度
紀元前1500年頃からインドに侵入した白人系のアーリア人が 肌色の濃い先住民族トラヴイダ人などを支配し、その支配を確立するためヴァルナと呼ばれる四姓を作り出した。すなわち宗教儀礼を担うバラモン(祭司)、軍事政治を担うクシャト(王族・武士)、商工活動に従事するヴァイシャ(平民) そしてその下の被支配民族シュードラ(奴隷)である。 そして ヴァイシャ、シュードラはそれぞれ職業ごとに細分化され、2000を超えるジャーテイという 生まれ、職業による区分が中世以降定まってきて、世襲されている。 さらに これらの下に一億近い人々が 英語で言うUntochable(不可触賤民)として位置づけられ、ひどい差別を受け、 差別に基づく悲惨な出来事もいまだに報じられていガンジー以後 これらはハリジャン(神の子)と呼ばれ 法律上も差別はないことになっているが 現実には厳然たる差別は存在し続けているようだ。 ハリジャンの中には ヒンドウ教から仏教・イスラム教に改宗して この縊から逃れようとする人もいるがヒンドウ教徒側からの扱いは変わらないようだ。またヴァイシャ(平民)の中でも 職業によるシャーテイの区分は厳しく、結婚も同じシャーテイ同士で、且つ親の意向で結婚相手が定まるのがほとんどといわれている。 近時 IT産業の興隆と その元となる高学歴層の中では これらシャーテイの崩壊の兆しも若干現れているようだが、いずれにせよ長い歴史と宗教と結びついたカースト制度・シャーテイ制度がインド社会に及ぼしている影響は強く、根深い。

前記した行程の通り 第一日目は成田からデリー経由チェンナイまでの空路
移動のみですので写真も数枚のみ添付しておきます。



デリーまでの飛行中 エヴェレスト山が窓から遠望できたのは 幸いでした。

チェンナイのホテルは、なかなかの豪華ホテルで、部屋に入ったのは、日付が変わ
った2日の午前1時(日本時間だと午前4時半)近くでした。南インドは 南に下るに
したがって バスタブ無しシャワーのみの部屋が多くなるようですが、ここではバス
タブにも浸かり 第一夜を過ごしました。



又、喫煙室を頼んだのに禁煙室のマークがついていたにもかかわらず、灰皿も
ついていました。

公共建物禁煙法が施行され、ロビーなどは厳格に適用されているものの、人目に
触れない個室では「喫煙者を泊める禁煙室?」もこっそり設けてあるようで、
「インド的融通無碍」は大変ありがたいことでした。

南インドのページへ