第3日目 2014.3.03


チェンナイ市内観光後空路マドウライへ移動。
マドウライ観光。マドウライ泊。

今日は マドウライに国内線で移動前にチェンナイの市内観光を済ませるべく 
朝6時にモーニングコール、
朝食後7:30にホテル発、まずカパレーシュワラ寺院
へ向かいます。

此処はドラヴィダ様式の典型的な寺院で 40峩瓩づ稾腓罵名で、本堂はシヴア
神の息子ガネ―シャを祀り その屋根も塔門と同様極彩色の神々で飾られています。


次いでキリスト十二使徒の一人聖トーマスを祀った聖トーマス教会へ。

聖トーマスは紀元52年に南インドを訪れ、72年にこの地で殉教したもので
地下には 聖トーマスの遺骨の一部がおさめられています。



チェンナイ市内寺院の見学はこの2か所のみでおしまいとし、バスで昨年できた
ばかりのチェンナイ国内線ターミナルへ。

国際線のスーツケース重量制限23kgが 一挙に15kgとなって苦労した話は
昨日の項目に書きましたが、
セキュリテイチェックの厳重さは国際線同様。
手荷物も 着衣のポケットも細かくチェックされました。

ゲート近くのレストランで早めの昼食を採り、12:55エヤー・インンデイアAI671便
にてチェンナイ空港出発。

なお 出発までの間レストランで スルーガイドのサルマ氏からヒンドウの神々に
ついて説明があり、
添乗員の長田嬢からも資料配布を受けていましたので 簡単
に触れておきましょう。

     ヒンドウー教の三大神
4つの顔と4本の腕を持ち、バラモンの時代には最高神としてあがめられたが 神話も少なく 人気は衰えた。老人の姿で描かれる。妻は サラスヴァテイ(学問と芸術の女神)乗り物は聖なる白い鳥ハンサ。
ブラフマ―神
  
宇宙の創造神

4つの顔と4本の腕を持ち、バラモンの時代には最高神としてあがめられたが 神話も少なく 人気は衰えた。老人の姿で描かれる。妻は サラスヴァテイ(学問と芸術の女神)乗り物は聖なる白い鳥ハンサ

シヴァ神    

宇宙の破壊神
苦行僧・ヨガ行者に特に信奉される。
人気はNO1。象徴はリンガ(男根)。
象の体と人間が合体した学問の神ガネーシャは息子。妻はパールヴァテイ(ヒマラヤの女神で心優しい)乗り物は聖牛ナンデイン。
ヴィシユヌ神
  
宇宙の維持神
正義と法を司り、状況に応じた神に化身し、慈悲と恩恵も与えてくれる。クリシュナも化身の一つ。妻はラクシュミー(富と幸運の女神)乗り物は聖鳥ガルーダ(インドネシア航空のマークとしても知られている)
ヒンドウ教は八百万の神々を持つ多神教で、一つ一つの神は時に恋に溺れ、悪事すら行い、完璧でないいわば人間味あふれる存在で、姿も寺院彫刻に現されるように ポップで色鮮やかで キャラクター豊かなのが面白いですね。また自分の神様、コミュニテイの神様、家の神様と別々の神をまつることも多く、 流派によって創造神がブラフマ―になったり、シヴァになったり、ヴィシヌになったり・・・、いわば融通無碍なのも インドの多様性の基なのかもしれません。反面ヒンドウー教は、前世の宿縁、輪廻転生の思想を基本に持つので カースト制度や差別と 離れにくいのも良く知られたところです。


インド航空671便は 13:45マドライ空港到着。

南に下るにしたがい 気温も35℃を越えてきたので、一旦今夜の宿マドウライの
ホテルGRTリジェンシーに入り 小憩。


ホテルで一息入れたのち、16:05 マドウライのテイルマライ・ナーヤカ宮殿へ。

ここは1636年この地方を治めたテイルマライ・ナーヤカ王が建設した宮殿で
ヒンドウー+ムガル様式を合体したインドサラセン様式の壮大なものだったよう
ですが大分が破壊され 現在は王冠の間・謁見の間と回廊などが残っているのみ。


回廊の列柱も大きく高いが、さほどの見どころとも思えませんでした。

次は16:50から ミーナークシ・アンマン寺院へ。

此処はトラヴィダ様式ヒンドウー教寺院の代表格で 南インド観光の目玉の一つ
ですが、残念ながら内部は写真撮影禁止で 手荷物や写真機の持ち込みも禁止。

空港さながらの身体検査もあり 近くの土産物屋の2階に預けて入場。

面白いことに写真機は全面禁止なのに カメラ付き携帯電話はOK。

スマートフォンならば解像度が高いので何とか写真になったおそうですが、当方の
在来の携帯電話ではほとんど写真にならず、この写真紀行に挿入するのも諦め 
見学後寺院を出てから 土産物屋の屋上から概観の夕景を治めるにとどまりました。

それはさておき、この寺院はミ-ナークシ女神(シヴァ神の妻 パールヴァテイの通称)
を祀ったもので、北・南・東・西に大きな塔門があり、内部はミーナークシ・アンマン
神殿(異教徒は内部に入れない)、のほか
ソヴア神本堂、ガネーシャ像、リンガ、千柱
堂が広い伽藍に配され、230260mの敷地の周囲には高い外壁と多くの塔門、
中でも東西南北にはひときわ大きな高い塔門(南の塔門がいちばん高く高さ60m)
が聳え立つ壮大なものです。

もともとミーナークシ女神はドラヴィダ民族の土着の神で アリヤハルというというこれ
も土着の神の妻であったのですが、後代のヒンドウー教の勢力拡大によって シヴァ
神の妻とされ、元の夫のアリヤハルはミーナークシの兄とされて市の北東21kmに
ヴィシヌ神として祀られている。

(このようにヒンドウーの神話は派によっても様々で 融通無碍であることは先述した
とおりです)

この寺院は ヒンドウー教寺院の中でも特に神聖なものとされ、ミーナークシ神殿や
シヴァ神の間には異教徒が立ち入れないほか、全員裸足での入場(靴下も駄目)、
薄暗い伽藍の中を巡っているとまこと厳かな気分となり、信者は本尊前の燈明の
灰を僧から受け取って 額に塗って恭しく拝礼しています。

写真は撮れませんでしたが 内部をタップリ拝見したのち 18:30門の外へ。

土産物屋に戻ってカメラを取って、屋上からミーナークシ寺院の外観と塔門の撮影。

外観を捉えるには 土産物屋の屋上が最適でした。


19:15ホテルGRTリジェンシーに戻り、19:40からホテルで夕食。

今日も無事に終わりました。


南インドのページへ