第一日目 2013年5月6日
文・撮影 彦由 耕二

成田からアムステルダム経由バルセロナへ。
               (バルセロナ泊)

56日〜20日まで ユーラシア旅行社の
「スペイン歴史物語-古都・芸術・世界遺産と田舎町を訪ねて-」
という15日間のツアーに参加してきました。
ツアーメンバーは18名。(男性4人、女性14人)

(今回は家内は在宅で、当方一人参加です) 

スペインは30年ほど前 ある欧州一周の視察団でマドリードに2泊したことがあるだけで
したので、この際スペインを改めて廻ってみようと思い立ったわけです。

例によって、最初に今回のコース略図と行程表などを載せておきましょう。
      

 

行程表(当初予定分) 
第一日目
5月6
成田発10:35KLMオランダ航空 KL862便
15:05
アムステルダム着
16:45
アムステルダム発 KL1675便
18:55
バルセロナ着  
バルセロナ泊
第二日目
5月7日
終日 バルセロナ市内観光。
ガウデイのサクラダ・ファミリア教会、
グエル公園、王の広場、ピカソ美術館、
カタルーニア音楽堂他
バルセロナ泊
第三日目
5月8
07:15 バルセロナ発 VY2115
08:50
コスタ・デル・ソルの中心地マラガ着
英国領ジブラルタルへ
アフリカ側を見渡すアッパーロック、セント・
マイケル洞窟観光さらに白壁の家々が美
しい村カサーレスの眺望 。ミハスへ移動  
ミハス泊
第四日目
5月9
朝 ロバのタクシーで知られるミハス観光、
その後岸の上に拡がる街ロンダの観光、
スペイン最古の闘牛場、旧市街他。
ロンダ観光後イスラム王朝最後の都
グラナダへ。
グラナダ泊
第五日目
5月10
午前中グラナダ観光 アルハンブラ宮殿、
ヘネラリーフェ庭園他、蔵など
パラドールでの昼食後 コルドバへ。
コルドバ泊
第六日目
5月11
コルドバ観光。白壁の街並み、花の小路
(パテイオの花祭り)、幻想的な赤と白の
アーチが連なるメスキータ他
イベリコ豚の生ハム・スペインオムレツの
昼食後アンダルシア地方の中心地
セビリアへフラメンコ・ショウ観賞。
セビリア泊
第七日目
5月12
セビリア市内観光コロンブスの棺やヒルダ
の塔で有名な大聖堂、ムデハル様式の美
しい宮殿アルカサル、スペイン広場他   
セビリア泊
第八日目
5月13
コンンキスタドーレスの故郷エストレマドウ
ーラ地方へ。
ローマ帝国時代のルシタニアの首都メリダ
観光 ローマ劇場、円形劇場他
中世の石造りの重厚な館が並ぶセカレス
観光へ その後 トウルヒージョのパラドール
トウルヒージョのパラドール泊
第九日目
5月14
ペルーの征服者フランシスコ・ピサロの
故郷トウルヒージョの旧市街観光 その後
13世紀聖母マリアが出現した奇跡の街
グアダルーベ訪問。スルバランの絵と
ムデハル様式の回廊が美しい修道院他。
夕刻タホ川に三方を囲まれた古都トレドへ 
トレド泊
第十日目
5月15
トレド市内観光。完成までに260年かかっ
た大聖堂、サント・トメ教会のオルガス伯爵
の埋葬画、他
午後は丘の上に風車が並ぶコンスエグラへ
トレド泊
第十一日目
5月16
トレドを出てスペインの首都マドリッドへ。
途中スペイン王家の保養地アランフェス
の王宮、歴史保存地区のチンチョンへ立
ち寄り、夕刻マドリッド着。着後 ピカソの
ゲルニカが展示されているソフィア王妃
芸術センター、ドンキ・ホーテゾウのある
スペイン広場、王宮など観光 
マドリツド泊
第十二日目
5月17
マドリッド市内観光。
プラド美術館他          
マドリツド泊
第十三日目
5月18
城壁に囲まれた古都アビラへ。カテドラル、サンタ・テレサ修道院他セゴビアへ。
ローマ時代の水道橋、旧市街、白雪姫の
お城のモデルとなったアルカサル他
セゴビアで子豚の丸焼き昼食ののち
マドリッド帰着
マドリツド泊
第十四日目
5月19日
1010マドリッド発 エール・フランスAF1001便
12
15 パリ シャルルドゴール空港着
13
30  〃             発 
AF276便
機中泊
第十五日目
5月20
0800 成田空港 帰着。

  (スペインには直行便がないので 乗継時間を入ると片道16時間近くかかる
   のは仕方ないですね。)(スペインと日本との時差は 夏時間で-7時間
)
   
  なお 「スペインの概要」も下記しておきましょう。  

        スペインの概要
正式国名 エスパーニヤ王国
 元 首  ファン・カルロス一世
首 都

マドリッド 人口約326万人(2位のバルセロナは約160万人)

政 体 議会制君主制(国王は象徴的存在)
面 積

50.6万k(日本の約1.3倍)

人 口 4710万人(2013年推計)
公用言語 スペイン語(カステイリャ語)地方ごとにカタルーニャ語、
ガリシア語、バスク語も公用語として併用。
宗 教 キリスト教(カソリック)がほとんど。
歴 史 ・紀元前900年ごろ ケルト人が流入、先住のイベロ人との混血により現在のスペイン人の原型となる。
・紀元前7世紀北アフリカからカルタゴ人が移住、紀元前3世紀にはローマとの覇権争い。
・紀元前218年の第二次ポエニ戦役後 カルタゴが敗れ、ローマが半島のほぼ全域を支配。その後500年間ローマの影響下に置かれキリスト教の流入もあり、現在のスペインの言語。・宗教・文化のほとんどがこの時代に原型が作られた。
・紀元5世紀 ローマ帝国の衰退に伴い 北方ゲルマン民族が侵入、西ゴート王国がイスパニア全域を支配
711年 ジブラルタル海峡を渡って侵入したイスラム勢力によって718年西ゴート王国滅亡。半島の北のごく一部を除きイスラム勢力がスペインのほぼ全土を支配。イスラム教への改宗者が増えるとともに ムスリムによる先進知識・技術の輸入と、地中海貿易により農業生産も拡大した。
11世紀イスラーム勢力内の王国分立・抗争により北部のキリスト教国による「レコンキスタ(再征服運動)が力を得、1085年にトレドを奪回、1236年にはコルドバが、1248年にセルビアが陥落、イスラム陣営にはグラナダが残るのみとなった。
1469年キリスト教のカステイーリャ王国、アラゴン王国のイザベル女王とフェルナンド国王の結婚により両国が統合されて統一スペイン王国が誕生。1492年には残されたイスラムのグラナダも陥落し、781年間にわたるイスラム支配の終了、キリスト教国による「レコンキスタ(再征服運動)も完了したことになる。
・同時にこの年イザベル女王の援助によったクリストファー・コロンブスの新世界到達がなされた。さらにイスラム時代には共存が認められていたユダヤ教やムスリムに対するキリスト教側からの異端審問が強化され その戦慄すべき追及ぶりは「スペインの異端審問」として今に喧伝されている。
1516年イザベル、フェルナンド両王の孫カルロス1世が、祖父であるハプスブルグ家のマクシミリアン一世の死去によりカール5世として神聖ローマ帝国の皇帝も兼ね大勢力を持つこととなる。
16世紀前半には エルナン・コルテス、フランシス・ピサロなどのコンキスタドーレス(征服者)が中南米のアテイスカ文明。
・マヤ文明・インカ文明を滅ぼし 其処から収奪した金銀、奴隷労働の成果をスペイン本国に送り強盛国家の基を作った
・ただ1588英国との海戦でスペイン無敵艦隊が敗れたのを皮切りに、数々の戦で疲弊し、1640年ポルトガルの独立、80年戦争でのオランダの独立、1659年30年戦争でのフランスへの敗退などなどスペインの黄金時代は終わりを告げた。
・17世紀末になると スペインハプスブルグ家断絶によるスペイン継承戦争の戦後処理で ジブラルタルとフロリダを英国に割譲。1808年のナポレオンのイベリア半島への進攻、1825年ボリビアの独立、更には1898年米西戦争での敗北によるキューバ独立とアメリカへのプエルトリコ割譲、太平洋地域でのアメリカへのフィリピン割譲、米独によるミクロネシア諸島分割により19世紀末までにかつてのスペインへの栄光はほとんどすべて失われた。
・また 1793年フランス革命戦争での敗退によるスペインのフランス衛星国化、1936年フランコ将軍の反乱、それに続くスペイン内乱とフランコ独裁政権の樹立、第二次世界大戦時のヒットラーへの接近 それに対する自由主義諸国からの反感1975フランコ死去後王政への復帰など スペインの波乱の時代が続いたが1982年NATOに加盟、1986年ヨーロッパ共同体(現在の欧州連合)にも加盟し、順調な経済経済発展を続けた。但しここ数年世界金融危機の影響で スペインもEUでの信用不安懸念国となっており、特に失業率が25%(若年失業率は53%)と危機水準である。

第一日目は上記のように成田からパルセロナまでの移動のみですので、バルセロナ
までの途中乗継空港の写真などを並べておきます。


今回のスペイン旅行は カタルーニア地方のバルセロナ から始まり最初のホテル
バルセロナのH10マリーナホテルに20時前に到着、
ここで二泊です。

ところで問題は2011年からスペイン全土で禁煙法が施行されホテル・レストラン
などは原則全館禁煙となっており、
このホテルもアメリカ式の窓は嵌め殺しで逃げ
場がありません。

やむなく ホテル前の公園ベンチまで深夜早朝もタバコを吸いに出ざるを得ない
羽目になりましたが、この旅行中だいぶ苦労しました。


行程ぺージへ