第1日目 6月25日

 成田から広州へ。
・今回(2009.6/257/08)、ユーラシア旅行社の「雲南省大自然紀行14日間」
というツアーに参加してきました。(家内と同行)
 中国は 二十数年年前「桂林」に行ったのを最初に、「北京・長安・洛陽など
黄河流域」、「成都・重慶から長江下り・武漢・上海」、(以上3回は家内同行)、
現役時代の業務出張も南京・上海など数回ありますが、このところアフリカ・南米
などへの旅行が多く
2004年の四川省旅行以後しばらくご無沙汰でした。
 雲南省は四川省の南、ベトナム・ラオス・ミャンマーに国境を接する中国の南西端
の省で少数民族の多いところです。
 昔三国志を読んだおり 現在の四川省周辺に本拠を置いた蜀の国の軍師諸葛亮
孔明が先帝劉備玄徳の死後魏の曹操との決戦に備えて周辺の土民の平定をして
おくため南征し
「土民の王「孟獲」を七度戦っては捉え、その都度釈放し、孟獲は
諸葛孔明の徳に感じて帰順した」という有名な話がありますが その舞台はこの
雲南省からベトナムにかけてのあたりであろうといわれていますね。
 それはともかく 今回旅行する地域は長江の源流金沙江が大きく湾曲するところや
梅里雪山(6704m)の眺望、瓦屋根と水のきれいな麗江市、理想郷といわれる香格
里拉など観光の名所としても近年有名になっています。
 今回はそれらを廻ってこようというわけです。
(旅の日程表・目的地雲南省までの飛行経路図・雲南省の概要・雲南省の地図を
添付しておきます。)
 今回旅行の予定日程表
第一日
 (6/25) 
成田発 15:55 CZ275(中国南方航空)、
     広州着19.25(時差日本-1時間)        
広州泊
第二日 
(6/26) 
広州発 11:50 CZ3487、麗江着15:20 麗江市内観光 
麗江泊
第三日 
(6/27)
麗江から玉龍雪山の懐 雲杉坪へ、白沙村・東河村・
黄山村も観光。 。
麗江泊
第四日 
(6/28)
麗江から瀘沽湖へ移動。
                                    
瀘沽湖泊
第五日 
(6/29)
瀘沽湖遊覧・周辺観光。
                                   
瀘沽湖泊
第六日
(6/30)
瀘沽湖から麗江に帰着。
                       
麗江泊。
第七日
(7/1)
麗江から香格里拉へ移動。途中虎跳渓・石鼓村・
長江第一湾・長江の源流金沙江を観光。
香格里拉泊。
第八日
(7/2)
香格里拉から梅里雪山の懐 徳欽へ。
                
梅里雪山
ビュー
ポイント泊。
第九日
(7/3)
梅里雪山・明永氷河までハイキング。
梅里雪山
ビュー
ポイント泊。
第十日
(7/4)
梅里雪山から香格里拉へ帰着。         
香格里拉泊。
第十一日
(7/5)
香格里拉と近郊観光(晋達措国家公園・松賛林寺他)
                                    
香格里拉泊。
第十二日
(7/5)
香格里拉と近郊観光(白水台他)
                                    
香格里拉泊。
第十三日
(7/7)
香格里拉発 08:55 8L9992、昆明着09.50
昆明発 16:55 CZ3408、広州着18:40、 
                         
広州泊
第十四日 
(7/8)
広州発  10:20 CZ385(中国南方航空)
成田帰着 14:55
雲南省の概要
位 置

中国最西南に位置し、南部でベトナム・ラオスと、南部から
西部にかけてミャンマーと国境を接する。 

地 理

中国は全体的に見れば岩山や荒野が多いが 雲南省は
その中では緑の森林に恵まれていると言えよう
地形は
複雑で、南部の低地では亜熱帯気候、
北部の高山地帯
では亜寒帯気候もあり多様である。
植物相も豊富。

面 積 394.100k屐蔽羚饌8位)
人 口

4483万人現在漢民族が67%であるが、イ族11
400万人)、
ペー族3.6%、ハニ族3.4%、チワン族2.7%、
タイ族2.7%、ミュオ族2.5%、回族1.5%など 少数民族数
は中国一。雲南省にしかいない少数民族も多い。

省 都 昆明
歴 史

古代には中国勢力の浸透した時期もあったが晋代には
後退し諸民族が分立。

唐代に南詔、宋代には大理が統一国家形成。
大理はモンゴル帝国に征服されフビライの流れをくむ梁王家
の世襲領土に。
明代に洪武帝がこの地を併合。清代に雲南省
となる。
(明代以降漢民族が大量流入)
日中戦争当時は 援蒋ルートを巡って、国民党軍と日本軍との
攻防もあった。
雲南省は中国の中でも貧困度の高い省の一つ
であるが最近観光などを中心に道路整備も少しずつ
進んで
いるようです。

しかし僻地の少数民族は生活程度も低く教育も十分でなくて
文盲率も高い。             

第一日目は雲南省麗江までの中継ぎの広東省広州で一泊ですが、
初日は成田からの中国南方航空機の出発が2時間以上遅れ、おまけに例のウイルス
検疫騒ぎで広州到着後飛行機内で発熱者チェックが厳しく行われたため広州空港で
バスに乗り込んだのが22:56、ホテル到着が23:52、予定していた夕食はレストラン
閉店の為 夕食抜きで就寝する羽目に。
なかなか波乱含みの旅のスタートでした。
(当方は成田空港で握り飯を数個買い込んでいたため 空腹は満たしましたが・・・


雲南省予定表へ