第13日目 7月7日

香格里拉から昆明へ。昆明市内観光。
昆明から広州へ。広州泊。
 この日は香格里拉から飛行機で昆明へ飛び、昆明の市内観光後さらに
広州へ飛んで一泊です。

朝早くホテルを出て香格里拉の空港に7:35到着。
香格里拉空港は真新しく なかなか立派なもので 雲南省観光の拠点として
力を入れているのがわかります。
8:40香格里拉空港を飛び立ち1時間足らずの飛行で雲南省の省都昆明に到着。
6/26往路広州から来た時には中継地であったうえ新型ウイルス検疫騒ぎでいっ
たん飛行機を下された時にも空港ビルには入れてもらえず 別棟の待合所
で発熱検査をされただけだったのですが今回空港ビルに入ってみるとさすがに

立派な空港です。
 本来今回のツアーでは 昆明の観光は予定外だったのですが広州への飛行機
が夕方発で時間があるため 昆明での二三の市内観光と市内での
昼食がオマケ
となったものです。
昆 明
面 積 21,501k
人 口 608万人
標 高 1890m
ベトナム、ラオス、ミャンマーに国境を接する雲南省の省都として 
東南アジアへの接点であり、雲南省軍区の重要性も高い。 

  バスで市内を走ってみると さすが雲南省の省都だけに大きな街でビルも
林立し 交通の混雑もひどいですね。

 現地ガイドの張さんの話では 他の中国の大都市と同様 昆明も不動産業が
活況であり 省政府も昆明にある大学・教育施設などの多数を郊外に移し省政
府自体も移転して 空いた中心部の土地に熱心にビルを建てているとのこと。

また降りて歩いた若者向けのファッション街もなかなか垢ぬけたものでした。
 我々はまず雲南省博物館を見学。
雲南省博物館は1951年に建てられた総合的な博物館。
雲南には、文化財や古跡がきわめて多い。猿人の化石から始まって旧石器、
新石器、青銅器、鉄器の各時代、さらに後漢から清代までのものが非常に
たくさんある。これらは雲南の考古学研究にとってしっかりした基礎をつくり、
また博物館の収蔵品の確実な供給源になっている。
この50年余り、雲南省博物館が長年の考古発掘や調査収集、購入寄付など
の方法で収集した青銅器、古い貨幣、陶磁器、古い書画、碑文の拓本、郵便
切手、各種の工芸品などは、すでに13万点以上に達している。
多くの貴重な文化財の中で、1000点以上が国宝の一級文物に指定された。
収蔵品の中でもっとも特色があるのは、昔、雲南に栄えたテン文化の青銅器、
雲南一帯に8世紀半ばに興った南詔国や10世紀から13世紀にかけて栄えた
大理国の時代の仏教文物、近現代の多彩な各種の少数民族のすばらしい
文物である
 雲南省博物館の見学を終えて バスで花市場の近くの雅苑酒店で昼食
ここの料理はおいしく 今回の旅行中一番で食慾減退気味だった当方も
初めて人並みに食べました。

食後 隣接する雲南省珈琲専家という大型スーパーのようなところで
雲南省特産の各種珈琲
の無料試飲。

3000m級の高地で採れる小粒珈琲豆は 知る人ぞ知る銘品でなかなか
結構なお味でした。
 
さらに隣接する花市場を見学。
昆明は 花の名産地として知られ 特にバラなどが安いこと!
バラ20本で100円とか 百合も12本で100円とか 信じられないほど安価
ですが 日本には広州経由明日の帰国であり また成田での植物検疫の
問題もあるので花の色香を愛でるだけに・・・。
さらにマンゴーやマンゴスチン・ライチなどの果物市場も見物、次いで茶博士家
という雲南銘茶の専門店で古茶など色々試飲。

半日足らずの短い昆明市内観光としては 楽しい時間を過ごすことができました。

15:45昆明空港に戻り、17:15 CZ3408便にて昆明を離陸。
18:55広州空港到着。
空港ビルのすぐ近くのレストランにて夕食。
21:15 往路6/25にも泊った 広州華廈大酒店ホテルに一泊です。
今朝まで二週間近く 峻厳な山や牧歌的な高原で過ごしていたのに、昆明と
いう都会、さらには広州という中国有数の沿海部大都会にがらりと変って若干
の戸惑いと現代中国の二面性を改めて感じた一日でした。
雲南省予定表へ